日立製作所 スペシャル

新しい超音波技術を用いた胎児評価 市塚清健(昭和大学横浜市北部病院産婦人科)

本講演では,胎児評価における日立製作所社製超音波診断装置「ARIETTA 850」の新技術の有用性を述べる。 続きを読む 続きを読む

シミュレーター,ナビゲーターの進歩で変わる肝がん治療 廣岡昌史(愛媛大学大学院消化器・内分泌・代謝内科学)

本講演では,その成果やfusion imagingの歴史と進化を踏まえ,日立製作所社製超音波診断装置「ARIETTA 850」に搭載されたRFA支援ツール“3D Sim-Navigator”と新開発の“E-field Simulator”の有用性を中心に報告する。 続きを読む 続きを読む

JIYUKUKAN(磁遊空間) Vol.35

MRI 検査を“Smart”に変える! オープンMRIからECHELON Smart へ ─更新ドキュメント」 / Hi Advanced MRセミナー / ユーザー訪問 など 続きを読む 続きを読む

日立製作所
ITEM 2017 ブースレポート

ハイエンド装置から経済性を考慮したシステムまで,医療現場の幅広いニーズに応える新製品を展示 続きを読む 続きを読む

2017年6月号-MRI検査のリスクマネージメント
日立「ECHELON OVAL」に搭載した静音化技術“SoftSound Suite”
2017年4月号-Cardiac Imagingにおけるモダリティ別技術の到達点
心臓領域における超音波診断装置での新しい展開
2017年3月号-US Today 2017 超音波最新動向
Point of care診療をサポートする超音波診断装置「ARIETTA Prologue」
2017年1月号-メーカーが考えるオートプシー・イメージング(Ai)用CTとは
全身サブミリスキャンが可能な普及型64列CTのメリット
2016年11月号-放射線治療の技術動向
日立の粒子線治療システム
2016年11月号-放射線治療の技術動向
トモセラピーにおける強度変調放射線治療について
2016年11月号-放射線治療の技術動向
トモセラピーにおける定位放射線治療について
2016年11月号-放射線治療の技術動向
治療計画におけるオートメーション
2016年9月号-MRI技術開発の最前線
日立3T MRI装置「TRILLIUM OVAL」における32チャネル頭部用受信コイル
2016年8月号-Women's Imaging 2016 最新技術[Breast Imaging]
新世代の乳房“Real-time Tissue Elastography”

以前の技術解説はこちら

FOCUS ON セミナーレポート 日立アロカインタビュー
User's Voice CLOSE UP

■モダリティ別で見る
 ●CT
 ●MRI
 ●超音波
 ●マンモグラフィ
 ●X線装置
 ●核医学
 ●ヘルスケアIT
別冊付録


■スペシャルレポート
 ●ITEM 取材レポート
 ●RSNA 取材レポート

●2012年9月以前のリリースはこちら
TOP