Global Standard CT Symposium 2013(東芝メディカルシステムズ・2013年10月号)
Aquilion ONE が創造する新たな臨床

2013-10-25

東芝メディカルシステムズ

CT


Global Standard CT Symposium 2013
内容を読む

 

日本の医療被ばくを半減させたい!
綱川 智
(東芝メディカルシステムズ株式会社代表取締役社長)

Aquilion ONE/ViSION Editionの開発
風間正博
(東芝メディカルシステムズ株式会社CT事業部CT開発部)

Technology of Area Detector CT

  • 胸部領域におけるAIDR 3Dを用いた被ばく低減
    神山久信(神戸大学大学院医学研究科内科系講座放射線医学分野)
  • Aquilion ONEを用いた胸部CT共同研究:‘ACTIve Study’の挑戦
    山城恒雄(琉球大学大学院医学研究科放射線診断治療学講座)
  • Dual Energy技術の現状と今後の可能性
    立神史稔(広島大学病院放射線診断科)
  • 頭頸部領域におけるサブトラクション技術の臨床応用
    久野博文(国立がん研究センター東病院放射線診断科)

 

Clinical of Aquilion ONE/ViSION Edition

  • 頭部領域の臨床応用
    樋渡昭雄(九州大学病院放射線部)
  • 嚥下領域の臨床応用
    稲本陽子(藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科)
  • 循環器領域の臨床応用
    宇都宮大輔(熊本大学大学院生命科学研究部放射線医学)
  • IVR領域の臨床応用(IVR-ADCT)
    新槇 剛(静岡県立静岡がんセンターIVR科)

 

内容を読む

東芝メディカルシステムズ

CT


TOP