ヘルスソフトウェアのリスクマネジメント・トレーニング講座(第7回)(2018/10/15・東京)
ヘルスアプリ・遠隔医療などへの新規参入企業や電子カルテ・画像情報管理システム開発企業に必須のスキルを習得

2018-9-14


日 時:2018年10月15日(月)10:00~16:45

場 所:保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)
    東京都港区新橋2-5-5 新橋2丁目MTビル 5階

参加費:27,000円/人(消費税込み)

定 員:40名

対 象:
ヘルスソフトウェアに求められるリスク分析やリスクマネジメントの方法を習得したい方。
ヘルスソフトウェア開発に新規参入予定の開発者,品質保証担当,経営者,ソフトウェア委託開発会社の方
診断や治療,予防に準ずる機能をヘルスソフトウェアに追加する可能性がある方。
既知のヘルスソフトウェアで発生している「ヒヤリハット」事例の再発を防止したい方。
GHS(ヘルスソフトウェア推進協議会)が定める GHS Levle-1 の知識,スキルを習得したい方。

申込方法:下記のサイトよりお申込みください。
(セミナー紹介ページ)⇒ https://www.good-hs.jp/seminar.html
(申し込みフォーム)⇒ https://39auto.biz/good-hs/touroku/thread18.htm

申込期限:平成30年10月10日(必着)
ただし,申込期限までに定員に達した場合は,その時点で締め切らせて頂きますので,ご承知おき願います。

●リスクマネジメント・トレーニング講座 プログラム

10:00~10:10 開講挨拶(トレーニング講座開講の挨拶とスケジュール確認,連絡)
10:10~10:30 講義1 ヘルスソフトウェア開発ガイドラインの概要
10:30~10:40 テスト 受講者事前知識調査
10:40~11:40 講義2 安全(セーフティ)の考え方
11:40~12:40 昼食休憩
12:40~16:00 ※途中休憩あり
   演習1 Intended Use(意図する使用)から安全面の特質を明確化する
   演習2 リスクを分析する(身近な例)
   演習3 仮想ヘルスソフトウェアアプリのリスク分析演習
   解説 分析結果のディスカッションと分析例の解説
16:00~16:20 まとめ
16:20~16:35 質疑応答
16:35~16:45 アンケート記入・提出

講師:一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会 技術教育委員会

 

●お客様からのお問い合わせ先
一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会
e-mail:info@good-hs.jp
https://39auto.biz/good-hs/touroku/inquiry.htm


学会ナビ(医療分野の学会カレンダー)&イベント
TOP