第40回「医療放射線の安全利用」フォーラム(2019/2/17・東京)

2018-12-26


主催:医療放射線防護連絡協議会

「医療放射線診療放射線従事者の個人管理の現状と課題」をテーマに,最近の被ばく管理として,水晶体の線量限度引き下げに伴う対応について検討します。

日 時:平成31年2月17日(日)10:30~15:30
場 所:首都大学東京 荒川キャンパス大視聴覚教室(東京都荒川区東尾久7-2-10)

◆プログラム

基調講演(60分)  
「診療放射線従事者に対する個人管理の現状と課題」
欅田 尚樹(国立保健医療科学院 生活環境研究部 部長)

パネルディスカッション(各20分)
「水晶体被ばく線量引き下げに伴う 個人被ばく管理の課題」

座長 横山 須美(藤田保健衛生大学)
座長イントロダクション(10分)

講演1 「実用量と防護量」
      黒澤 忠弘(国立研究開発法人産業技術総合研究所)

講演2 医療分野におけるガイドライン作成状況-放射線科から-
     大野 和子(京都医療科学大学)

講演3 循環器分野における従事者防護の状況
     天野 英夫(東邦大学)

講演4 整形外科分野における従事者防護の状況
     平泉 裕(昭和大学)

総合討論
座長 菊地 透(医療放射線防護連絡協議会総務理事)
診療科横断的ガイドラインにむけて
指定発言:厚生労働省または原子力規制庁・放射線規制室 担当官

閉会の挨拶 菊地 透

参加費:3,000円(講演要旨集代含む)
    学生1,000円(大学院生は除きます。学生証をご持参ください)

申込方法:FaxまたはE-mailでお申し込みください。

申込先
医療放射線防護連絡協議会 事務局
〒113-8941 東京都文京区本駒込2-28-45 日本アイソトープ協会内
Fax:052-526-5101 
E-mail:tkikuchi@jarpm.net


学会ナビ(医療分野の学会カレンダー)&イベント
TOP