ECHELON RX

日立製作所

MRI 1.5T 超電導型

MRI with Solid Workflow
MRI 画像診断に,確かな手応えを。
次世代高磁場 MRI,誕生。

ECHELON RX
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

これまで培ってきた高度なMRI技術と最新のテクノロジーとを融合し,日立は今できる限界まで追求。だからこそECHELON RXが宿す新しい機能は,より的確な診断を目指すという,あらゆる医療分野のプロフェッショナルな「選択」にしっかりと応えていきます。
ECHELON RXは高度なMRI技術と最新のテクノロジーを融合し,超電導MRIの高精度画像とシンプルな操作性を実現したMRI装置です。高い操作性を実現したWorkflow Coil Systemに加え,新たな臨床価値を追求する新機能を搭載した最新のSystem software『ORIGIN4』を採用しています。
これにより,基本性能や使い勝手という性能が高いだけではなく,ORIGIN4の特徴のある新検査機能よる,更なる臨床価値の発掘や診断能の向上も高く期待できるシステムです。

メーカーページへ

特長<1>
ORIGIN4における新検査機能

・BeamSat(選択的にTOF MRA)
狭窄などによる血行動態変化の視認性向上を図る機能です。Pencil Beam型のプリサチュレーション(BeamSat)パルスをTOF撮像に併用し,所望の血流信号を選択的に抑制して血行動態を把握します。BeamSatパルスのありとなしによる差分画像の白黒反転表示がMR-DSAのように描出も出来ます。

BeamSat

 

・VASC-FSE(下肢非造影MRA)
拍動による血流の流速変化を利用した下肢非造影MRA機能です。血管の収縮期と拡張期における動静脈の流速差を利用して動脈と静脈の画像を描出します。

VASC-FSE
VASC-FSE

 

・FatSep(水脂肪分離計測)
水と脂肪の共鳴周波数の差を利用した磁化率変化に強い脂肪抑制法です。水プロトンと脂肪プロントンの共鳴周波数の違いによる位相ずれを用いて,一度に同位相(In phase)と逆位相(Out of phase)の信号を取得し,加減算による水画像とし脂肪画像が得られます。また,FatSepでは,磁化率の変化度合に応じた画像を出力することが出来ます。

FatSep

 

・T2RelaxMap(T2マップ)
組織のT2値変化をカラーマップ表示することで視認性向上を図る機能です。軟骨など組織の性状評価や治療の効果判断などに期待する機能です。

T2RelaxMap

 

・AutoPose(位置決めサポート機能)
撮像時間の延長なく位置決めをサポートする機能です。17秒程度の位置決め画像の撮像終了後,1~2秒のAutoPose処理で,設定した断面に自動でスライスラインが移動します。変則ポジションに対するAutoPoseを使用した時と使用しない時での比較から,経験者で平均15.1秒,初心者で47.1秒の時間短縮となったワークロー評価結果*が得られました。

*Takashi N, et al., MEDIX Vol59;14-16

AutoPos

 

 

特長<2>
Workflow Coil System
フレキシブルな使い勝手を実現することにより,専用受信コイルとの組み合わせも可能にしてワークフローの改善を実現しています。このWorkflow Coil Systemは「高感度」と「ワークフロー」を両立したシステムといえます。

Workflow Coil System

 

特長<3>
簡単セッティング
頭部用コイルは頭受けとしても利用でき,寝台据置での運用が可能です。脊椎コイルはテーブル組込式であり,据置型の頭部用コイルをスライドするだけで,頭部~全脊椎の検査が可能,据置型のコイルを置いたままで,各部位専用受信コイルの使用が可能であり,機能性に優れたシステムです。

簡単セッティング

 

特長<4>
All in One Patient Table
・フットスイッチ採用により,操作者の両手がフリーとなり,被検者へのきめ細かいケアが可能です
・最低高450mmにより,被検者の乗り降りの負担を軽減出来ます。
・アームボード搭載のため,造影剤の手技などをサポートします。

All in One Patient Table

 

特長<5>
Ecology & Econogy

・コンパクトMRIシステム:
コンパクトキャビネットは機械室レスの設置も可能,システム全体の最小設置面積23m2を実現しています。Open MRIからの更新も可能です。

・低電源容量:
ECHELON RXは,従来装置と比べて電源容量を約30%低減します。このため,年間CO2排出量を3.9t削減することが出来ます。

・ゼロボイルオフマグネット
平常運転時は液体ヘリウムの蒸発による減少がない構造になっているため,液体ヘリウムの補充が不要です。

Ecology & Econogy

 

特長<6>
高い静磁場均一度 & HOSS
ECHELON RXではFOV 500mmの広い撮像空間と高い磁場均一度を実現しました。さらに,高次シミング機能HOSSを搭載し,被検者が入ったときに乱れてしまった静磁場を補正することが可能です。

高い静磁場均一度 & HOSS

 

特長<7>
脂肪抑制技術 H-sinc
日立は独自に開発した脂肪抑制パルスH-sincにより,RF照射不均一を補正し,広範囲にRFを均一に照射することが可能です。これにより,広範囲での安定した脂肪抑制を可能にしています。

脂肪抑制技術 H-sinc

・マグネット/ガントリ
・被検者寝台
・緊急減磁装置
・オペレーターコンソール
・フィルターボックス
・MRIユニット一式
・校正用ファントム一式
・被検者マット一式
・標準受信コイル一式

・1.5T超電導MRI
・被検者ボア径:61cm開口ボア
・高い静磁場均一度:0.2ppm @ 40cm DSV
・被検者ごとの静磁場補正技術:HOSS(High Order Shim System)
・高い操作性を実現したWorkflow Coil System
  ・寝台組込型の脊椎用コイル
  ・据置可能な頭受けおよびスライド式頭部用コイル
  ・広範囲撮像が可能なマルチコイルセッティングシステム
・最大傾斜磁場強度33mT/m  最大スリューレート:100T/m/s
・画像再構成速度:最大2,750枚/秒
・ガントリ重量:5.15t
・設置面積:23m2
・コンパクト設計:機械室レスのセッティングも可能

・各種RAPID対応受信コイル
 (RAPID:パラレルイメージングの高速撮像技術)

・Radial scan技術RADAR(体動低減機能)
・頸動脈Plaque imaging(RADAR-SE T1WI + 相対信号強度比マップ)
・脂肪抑制技術H-sinc(B1不均一に強い脂肪抑制手法)
・ワンクリックMRS/CSI(簡便な操作性をオンコンソールで実現)
・DICOM通信対応各種アプリケーション
・他各種アプリケーション

・Sentinelカスタマーサポート(リモートサービス)対応
・サービス体制,サービスメニューはお問い合わせください

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
株式会社日立製作所
ヘルスケアビジネスユニット マーケティング本部
〒110-0015  東京都台東区東上野2-16-1 上野イーストタワー
http://www.hitachi.co.jp/healthcare


製品ラインナップ

MRI 3T 超電導型

TRILLIUM OVAL

TRILLIUM OVAL

MRI 1.5T 超電導型

ECHELON OVAL

ECHELON OVAL

MRI 1.5T 超電導型

ECHELON RX

ECHELON RX

MRI 0.4T 永久磁石型

APERTO Lucent

APERTO Lucent

MRI 0.3T 永久磁石型

AIRIS Vento

AIRIS Vento

MRI 0.25T 永久磁石型

AIRIS Light

AIRIS Light
TOP