陽子線治療システム PROBEAT

日立製作所

陽子線治療

国内外のお客様とともに開発した先進的な技術を導入した陽子線治療システム
お客様の要望に合わせた治療ソリューションを提供

PROBEAT
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

陽子線治療システム「PROBEAT」は,お客様のニーズに応える柔軟なシステム構成と先進技術の積極的な導入により,先進的ながん治療センターのお客様に選択いただいております。特に,陽子線治療における呼吸同期照射技術,スポットスキャニング照射技術,動態追跡照射技術等の照射技術は,日立が商用化した技術として広く知られています。PROBEATは国内3施設,北米4施設での導入・治療運用実績があり,1日16時間以上の治療を実施している米国MDアンダーソンがんセンターにおいても,稼働率98%以上を維持しております。

メーカーページへ

特長<1>
スポットスキャニング照射技術
高精度な陽子線治療を実現する上で,スポットスキャニング照射技術は重要な要素技術と位置づけられております。日立は陽子線治療の更なる高精度化を実現するため,スポットスキャニング照射技術を基盤とした,強度変調陽子線治療(IMPT)を実現しました。陽子線治療向けスポットスキャニング照射技術について,日立は2008年に米国FDA 510(k)および2011年に日本国内の薬事承認を受けました。

 

特長<2>
動体追跡照射技術
放射線治療の分野において大きな課題であった,肺や肝臓など呼吸により患部が移動する臓器への照射に対し,日立は北海道大学と共同で,北海道大学が開発したX線治療向けの動体追跡照射技術と,日立のスポットスキャニング照射技術を融合した,陽子線治療向け動体追跡照射技術(RGPT)を開発しました。本技術は製品化され,北海道大学陽子線治療センターで治療に適用されております。

 

特長<3>
高い信頼性を維持する運用サービス
日立はお客様の治療運用効率を高めるため,様々なサービスを提供しております。運転員を不要とする治療運転システムを提供し,治療運用に影響しない分散保守を実現。故障発生時には,日立とお客様施設間の遠隔保守支援と主要予備品の配置により,速やかな復旧を実現します。これらのサービス適用した米国MDアンダーソンがんセンターでは,2006年の開院以来,98%の平均稼働率を維持し続けております。

 

特長<4>
お客様のニーズに合わせたソリューション提案
治療装置の導入を検討されているお客様のニーズに合わせ,柔軟なソリューションをご提案いたします。加速器には小型でエネルギー効率が高いシンクロトロンを採用し,施設規模は治療室が1室の小型施設から複数治療室の大型施設まで提案可能です。スキャニング照射装置を標準搭載した回転ガントリと合わせて,動体追跡照射(RGPT),強度変調陽子線治療(IMPT),ガントリ搭載型CBCT等の先端技術が提供可能です。

詳細は弊社担当部署へお問い合わせ下さい。

詳細は弊社担当部署へお問い合わせ下さい。

詳細は弊社担当部署へお問い合わせ下さい。

詳細は弊社担当部署へお問い合わせ下さい。

詳細は弊社担当部署へお問い合わせ下さい。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
株式会社日立製作所
ヘルスケアビジネスユニット
〒110-0015  東京都台東区東上野2-16-1 上野イーストタワー
http://www.hitachi.co.jp/products/healthcare/products-support/index.html
担当部署 営業統括本部 放射線治療システム部


TOP