Centricity Clinical Archive(CCA)(GEヘルスケア・ジャパン)
システムと人の双方をつなぐ,VNA(Vendor Neutral Archive)基盤の統合画像管理・参照システム

2016-7-1

GEヘルスケア・ジャパン

診療支援


FOCUS ON導入事例:聖路加国際病院

GEのVNAを基盤としたCentricity Clinical Archive(CCA)*1は,部門ごとにサイロ化されたデータを統合し,患者一元的に再構築することで,部門や施設を越えたデータ共有・活用を可能にします(図1)。CCAは,システムとシステム,人と人をつなぐ連携基盤システムとして,ITシステム・診療の両側面に対して多くのメリットをもたらし,お客様の課題解決を支援します。

図1 VNA基盤のCCAが一元参照環境を構築

図1 VNA基盤のCCAが一元参照環境を構築

 

標準規約に準拠しベンダーに縛られない

VNA基盤のCCAは,「アプリケーションニュートラル」,サーバなどハードウエアベンダーに縛られない「ITプラットフォームニュートラル」,データがベンダー独自のフォーマットにとらわれない「フォーマットニュートラル」の3つのベンダーニュートラルを実装したソリューションです。
このベンダーニュートラル設計により,ベンダーの異なるシステム間での相互接続性を確保し,院内の各部門や地域の各施設では,ベンダーに縛られない,それぞれが最適なシステムを選択することが可能となり,システムの拡張やリプレース時における費用負担の軽減に寄与します。

患者情報を迅速・一元的に俯瞰可能な参照環境

CCAで統合管理された患者情報は,マトリクス形式の表示と直感的な操作性を持つビューワで参照可能で,院内各部門を越えて患者情報を一元的に俯瞰することが可能です。
また,このWebベースのビューワは,アプリケーション資源をクライアント端末にインストールすることなく使用できるよう設計されています。これにより,電子カルテといった診療端末やiPadなどのモバイル端末など,アクセス権限のあるユーザーであれば,ネットワーク上の端末から容易にシステムへアクセスし利用が可能です。
この患者情報の参照環境により,必要な情報を必要な時に簡便に確認でき,生産性の向上や多職種間の医療連携を支援します。

ユーザー主体の運用を支援するインテリジェントな管理機能

CCAには,データの保管,圧縮,削除に至るまでのライフサイクル管理を実現する“Image Lifecycle Management(ILM)機能”が実装されています。このILM機能により,病院の運用や管理規程に沿って,事前にデータの扱いに関するルールを定義し,データの圧縮や削除のルーチンを自動化するインテリジェントなデータ管理が可能です。例えば,他院から持ち込まれた画像は一定期間後に削除するなど,病院側の主体的な判断によって,データの削除や圧縮を行うことができます。このようにCCAは,データ価値に応じた病院主体の管理を実現し,増え続ける医用データに対して最適なデータ保管の運用を支援します。
GEは,世界での実績No.1*2図2)の業界リーダーです。今後も標準規格・規約に準拠したVNAに注力し続け,システムと人の双方をつなぐ多職種・多施設間の連携基盤ソリューションを提供し,患者中心の医療連携モデルの実現を支援していきます。

図2 VNAのグローバルシェアNo.1の実績

図2 VNAのグローバルシェアNo.1の実績

 

*1 Centricity Clinical Archive(CCA)は,医療機器ではありません。
*2 IHS 2013 World Market for Storage/VNA,保管検査数による比較。

 

●お問い合わせ先
GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ヘルスケア・デジタル事業本部
〒191-8503 東京都日野市旭が丘4-7-127
TEL 0120-202-021
URL www.gehealthcare.co.jp

GEヘルスケア・ジャパン

診療支援


【関連コンテンツ】
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら
(ITvision No. 34 / 2016年7月号)
ヘルスケアIT展(医療ITのバーチャル展示会)
    TOP