Innervisio
  トップ » ネットストア » 月刊インナービジョン » 臨時増刊号 » Vol.20,No.5 ログイン  |  アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
月刊インナービジョン
  最新号
  バックナンバー
  臨時増刊号
  定期購読申込
書籍
商品検索(キーワード)
 

商品説明からも探す
インフォメーション
配送と返品について
クレジットカードでのお支払い,マルチペイメント(コンビニ・ATM等)でのお支払い
プライバシーについて
ご利用規約
お問い合わせ
常備書店リスト
3D PACS ネットワーク対応リアルタイム3Dイメージング 3,600円(税込)
【本体価格:3334円(税別)】

監 修:西谷 弘(徳島大学病院放射線科教授)
編 集:津坂昌利(名古屋大学医学部保健学科助教授)

マルチスライスCTやMRIをはじめとした画像診断装置から日々生成される,大量の画像データ。その対応に追われる臨床現場待望のネットワーク対応型リアルタイム3D画像作成システムは,HIS,RIS,PACS,そして,電子カルテとのシームレスなリンクが可能な「3D PACS」として,新たな分野を切り拓いた。ネットワーク上の汎用PCをクライアントに,いつでも,どこからでもリアルタイムに,VR,MIP,MPRなどの3D画像を再構成できるこのシステムは,効率的な読影や治療・手術計画,さらにはインフォームド・コンセントなどに有効活用されている。
本誌は,海外も含めた豊富な導入事例により,「3D PACS」システムの有用性と実際のノウハウを解説する。また,3D画像処理やネットワーク技術の基礎など教科書的な内容も含み,学生やベンダーSEの教育にも活用できるような構成にしている。さらに,遠隔医療,地域連携の展開を視野に入れた解説も含まれる。
「3D PACS」は,これからの医療情報システムや遠隔医療のキー・アーキテクチャとなるだろう。本誌は,「3D PACS」を活用し,次世代を担う画期的なシステムを構築・導入するために,必ず役立つ1冊である。

Contents
【巻頭言】石垣武男(名古屋大学医学部放射線医学講座教授)
【特別寄稿】Rubin, G. D.,M.D.(スタンフォード大学医学部放射線科助教授)
 第1章 3D画像作成の基礎技術
 第2章 3D画像の臨床的有用性
 第3章 3D PACS構築法
 第4章 3D PACS運用の実際<国内12施設,海外3施設>
      大規模〜小規模システムの構築例(海外事例も含めて)
 第5章 各社PACSシステム紹介
【添付CD】 Aquarius製品による3D画像作成


ショッピングカート 全商品表示
1 x 2010年11月号
2,160円(税込)
書評 全商品表示
この本をお勧めします

・磁気共鳴スペクトルの医学応用 ─MRSの基礎から臨床まで─
・医療放射線防護の常識・非常識
・放射線被ばくの正しい理解 “放射線”と“放射能”と“放射性物質”はどう違うのか?
・めざせMRIの達人
・学長の回顧録 在米40年,シカゴ大学名誉教授の波瀾万丈研究人生
定期購読申し込み 全商品表示
★定期購読期間中の送付先ご住所の変更につきまして★
お手数ですがインナービジョンまで,電話,FAX,メール,いずれかの方法にてご連絡をお願いいたします。
TEL:03-3818-3502
FAX:03-3818-3522
メール:sales@innervision.co.jp


月刊インナービジョン電子版は,
iOS App Storeにて配信中!
(2014年8月号より)

Copyright © 2014 INNERVISION Co. All right reserved.
Powered by osCommerce