Innervisio
  トップ » ネットストア » 月刊インナービジョン » バックナンバー » 2006年1月-12月 » Vol.21, No8 ログイン  |  アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
月刊インナービジョン
  最新号
  バックナンバー
    2019年1月-
    2018年1月-12月
    2017年1月-12月
    2016年1月-12月
    2015年1月-12月
    2014年1月-12月
    2013年1月-12月
    2012年1月-12月
    2011年1月-12月
    2010年1月-12月
    2009年1月-12月
    2008年1月-12月
    2007年1月-12月
    2006年1月-12月
    2005年1月-12月
    2004年1月-12月
    2003年1月-12月
    2002年1月-12月
    2001年1月-12月
    2000年1月-12月
  臨時増刊号
  定期購読申込
書籍
商品検索(キーワード)
 

商品説明からも探す
インフォメーション
配送と返品について
クレジットカードでのお支払い,マルチペイメント(コンビニ・ATM等)でのお支払い
プライバシーについて
ご利用規約
お問い合わせ
常備書店リスト
2006年8月号 2,160円(税込)
【本体価格:2000円(税別)】

◆別冊付録
Clinical Advancements IN VOLUMETRIC CT
心臓CT:64列と次なる革新


【特 集】
Women's Imaging 2006
Vol.1 Breast Imaging
乳房温存療法に向けた画像診断の最新動向

I 総 論
 乳がんの診断と治療におけるストラテジー
 乳房温存療法の現状と展望・中村清吾
II 画像診断の選択とその役割
 1.X線マンモグラフィの変遷と今後の動向・角田博子
 2.乳腺超音波の実際とその役割
    エラストグラフィの有用性も含めて・植野 映
 3.MRマンモグラフィの実際とその役割
  ・日本の現状と展望・戸崎光宏ほか
  ・アメリカの現状と展望・阿部裕之ほか
 4.CTマンモグラフィの実際とその役割
    MRマンモグラフィとの比較も含めて・三宅可奈江ほか
 5.核医学検査の実際とその役割
    乳房温存療法に対するFDG-PETとシンチグラフィの有用性について
    山崎英玲奈ほか
III 乳がん診療のTOPICS
 1.乳腺疾患における高分解能MRIの現状と今後の展望
    局所高分解能撮像から両側乳房高分解能撮像へ・印牧義英ほか
 2.MRガイド下集束超音波手術(MRgFUS)の展望・古澤秀実/難波 清
 3.CADの展望
    マンモグラフィのCAD,乳腺超音波画像のCAD,および乳腺MRIのCAD
    藤田広志
◆Breast Imaging最新技術動向
 〈各社モダリティ別技術解説〉

【一般記事】
Contrast Imaging Exhibition ―― 症例で見る造影CTの実際
〈マルチスライスCTの領域別テクニックシリーズ〉
3.胸部領域(1)
PET/CTの有用性
岡田真広ほか

造影MRIの領域別テクニックシリーズ
―― New Contrast Enhanced MRI
12.骨軟部領域のトピックス
骨軟部領域における診断の現状と展望
杉本英治

Medical Image Processing & Analysis Technology
デジタル時代の医用画像情報技術セミナー
VIII イメージング&応用編 2
7.分子イメージングが拓く新しい世界
石田良雄

モニタの特性と管理――快適なモニタ診断環境のために
6.参照用モニタの画質とその管理
川野 誠

ImageJ で学ぶ 実践医用・バイオ画像処理
第20回 画像の幾何学変換処理入門(その2)
山本修司ほか

デリバリーFDGによるPET検査の実際(第2回)
・医療法人三思会 くすの木病院における運用報告
 星野一久ほか
・JA北海道厚生連 旭川厚生病院における運用報告
 竹井俊樹ほか

ケーススタディに学ぶリアルタイム3Dイメージングの実際
第1回 熊本中央病院
大量のボリュームデータをネットワーク上で
有効活用するためにAquariusNETを導入
――12ビットJPEG画像により効率的なフィルムレス環境を実現

Image Analysis Software――Next Advances
次世代の画像解析ソフトウェア
PET/CT時代におけるPET-Viewer
――その現状と展望
鈴木雅裕ほか

続・メディカルトレンド 2006
平成17年度文部科学省科学研究費補助金採択研究課題の成果
――イメージングによる診断の研究を中心に
・森 健策/末永康仁
・山内榮五郎ほか
・鎌田 正/今井礼子

snm Report
Society of Nuclear Medicine snm
53rd Annual Meeting
分子イメージングキャンペーンを推進する米国核医学

PICK UP
電子媒体による診療情報の患者への提供について
豊田 建

投稿論文
Gafchromic Filmを用いたX腺照射野の確認と修正
勝田稔三ほか

IVリポート
・CAD,PACSなどをテーマにした国際会議
 “CARS 2006”が大阪で開催
・クオリティの高いサービスをテーマに
 国際モダンホスピタルショウ2006が開催
・JAHIS,平成18年度業務報告会を開催
・東芝メディカルシステムズ
 「平成18年度 経営戦略発表会」を開催
・Ritsuko Komaki教授(M.D. Andersonがんセンター
 放射線腫瘍科)講演会 開催

● information
・第3回MR入門講座(関東)開催のお知らせ
・中部部会CT研究会 第7回CT立山セミナーのお知らせ
● 市・場・発8
● IV EXPRESS(海外論文サマリー)
● 次号予告



ショッピングカート 全商品表示
1 x 2000年3月号
1,836円(税込)
書評 全商品表示
この本をお勧めします

・磁気共鳴スペクトルの医学応用 ─MRSの基礎から臨床まで─
・医療放射線防護の常識・非常識
・放射線被ばくの正しい理解 “放射線”と“放射能”と“放射性物質”はどう違うのか?
・めざせMRIの達人
・学長の回顧録 在米40年,シカゴ大学名誉教授の波瀾万丈研究人生
定期購読申し込み 全商品表示
★定期購読期間中の送付先ご住所の変更につきまして★
お手数ですがインナービジョンまで,電話,FAX,メール,いずれかの方法にてご連絡をお願いいたします。
TEL:03-3818-3502
FAX:03-3818-3522
メール:sales@innervision.co.jp


月刊インナービジョン電子版は,
iOS App Storeにて配信中!
(2014年8月号より)

Copyright © 2014 INNERVISION Co. All right reserved.
Powered by osCommerce