Innervisio
  トップ » ネットストア » 月刊インナービジョン » バックナンバー » 2011年1月-12月 » Vol.26,No.3 ログイン  |  アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
月刊インナービジョン
  最新号
  バックナンバー
    2020年1月-
    2019年1月-12月
    2018年1月-12月
    2017年1月-12月
    2016年1月-12月
    2015年1月-12月
    2014年1月-12月
    2013年1月-12月
    2012年1月-12月
    2011年1月-12月
    2010年1月-12月
    2009年1月-12月
    2008年1月-12月
    2007年1月-12月
    2006年1月-12月
    2005年1月-12月
    2004年1月-12月
    2003年1月-12月
    2002年1月-12月
    2001年1月-12月
    2000年1月-12月
  臨時増刊号
  定期購読申込
書籍
商品検索(キーワード)
 

商品説明からも探す
インフォメーション
配送と返品について
クレジットカードでのお支払い,マルチペイメント(コンビニ・ATM等)でのお支払い
プライバシーについて
ご利用規約
お問い合わせ
常備書店リスト
2011年3月号 2,200円(税込)
【本体価格:2000円(税別)】

◆別冊付録
「Virtual Human & Analysis No.12」
(株式会社AZE)


特集
Radiotherapy Today 2011
放射線治療最前線

高精度放射線治療の適応と成果,そして課題
企画協力:中川恵一(東京大学医学部附属病院放射線科准教授)

I 放射線治療はいま:2007年以降の現状とこれから
1.がん対策基本法施行後の実績と問題点
中川恵一
2.高精度放射線治療の普及ー海外と比較したわが国の現状と課題
芳賀昭弘

II 高精度放射線治療の適応と課題:疾患別の検討
1.脳腫瘍(原発性&転移性)の最新放射線治療
・定位放射線照射
多湖正夫
・粒子線治療ー原発性頭蓋内腫瘍に対する陽子線治療の適応や治療効果を中心に
北條秀博ほか
2.頭頸部がんの最新放射線治療
・画像誘導放射線治療(IGRT)ーセットアップ誤差の検証と精度向上に向けた展望
寺原敦朗
・定位放射線治療ー現状と初回根治治療としての可能性
小川芳弘
・強度変調放射線治療(IMRT)ー臨床への浸透の現状と課題
古平 毅
・粒子線治療ー炭素イオン線治療の特徴と有用性について
小藤昌志ほか
・粒子線治療ー動注併用陽子線治療:進行舌がんを中心に
盪街疚昌/不破信和
3.食道がんの最新放射線治療
・画像誘導放射線治療(IGRT)ー治療成績向上のための精度の検証と考察
山下英臣
・強度変調放射線治療(IMRT)ー化学放射線療法の治療成績向上と晩期合併症の低減に向けて
西村恭昌ほか
・粒子線治療ー当院での食道がんに対する陽子線治療の適応について
高田彰憲/不破信和
4.肺がんの最新放射線治療
・定位放射線治療
大西 洋/荒木 力
・強度変調放射線治療(IMRT)ー肺がん治療におけるVMATの使用経験を中心に
中川恵一/芳賀昭弘
・粒子線治療ー重粒子線治療の特徴と治療の実際
江原 威/田代 睦
5.乳がんの最新放射線治療
・強度変調放射線治療(IMRT)ー当院の治療経験と文献報告から検証するVMATの有用性
白石憲史郎/作美 明
・外部照射によるAPBIーAPBIの現状と臨床試験
加賀美芳和
・組織内照射によるAPBI
土器屋卓志ほか
6.肝がんの最新放射線治療
・定位放射線治療ーIGRTも含めて
井垣 浩
・粒子線治療ー陽子線治療の適応と課題を中心に
奥村敏之ほか
7.子宮頸がんの最新放射線治療
・画像誘導放射線治療と強度変調放射線治療ー臨床標的体積(CTV)の標準化
戸板孝文ほか
・CT,MRIベース腔内照射ーIGBTの治療経験と今後の展望
幡野和男ほか
8.前立腺がんの最新放射線治療
・画像誘導放射線治療(IGRT)ー症例ごとに適したIGRT手法の選択をめざして
浜 幸寛
・強度変調放射線治療(IMRT)ー当施設におけるIMRTの運用と治療実績を中心に
柴田 徹
・粒子線治療ー当センターにおける適応と選択の考え方,治療実績を中心に
村山重行
9.傍椎体腫瘍の最新放射線治療
・画像誘導放射線治療(IGRT)ー少数分割または1回での定位的照射の有用性について
塚本信宏ほか
・強度変調放射線治療(IMRT)ー椎体転移に対する有用性について
小塚拓洋

III これから期待される放射線治療技術の近未来構想
(メーカー名五十音順掲載,用語表記は各メーカーに準ず)
・ユトレヒト大学医療センターで開発中のMRIライナック(エレクタ)
依田 潔
・MVCBCTの新たなる扉を開くNew Solution(シーメンス)
津布久 繁
・陽子線はこれからの放射線治療の主役となるか?(千代田テクノル)
後藤紳一
・バリアンが描く放射線治療の近未来技術 (バリアン)
長尾昌隆
・トモセラピーの治療技術とこれから(日立メディコ)
加藤善平
・高精度放射線治療システム「Novalis Tx」の特長(ブレインラボ)
小島健吾

実践CTCシリーズ
CT Colonographyによる大腸がん診断クリニカルリポート (6)

Case2 国立がん研究センター
がん予防・検診研究センター
その3 画像処理〜レポーティングと今後の課題

鈴木雅裕ほか

PICK UP!
第38回日本磁気共鳴医学会大会ランチョンセミナー1
Advanced Techniques and Applications of Volumetric Arterial Spin Labeling 3D ASL(非造影MRパーフュージョン)

David Alsop, Ph.D.

Seminar Report

第21回日本心血管画像動態学会ランチョンセミナー2
TOSHIBA 3Tの初期臨床経験
─循環器領域を中心に

似鳥俊明

めざせ達人シリーズ〈CT編〉
CT徹底解剖ー基礎から日常点検まで

34.SSPの測定ーCTのスライス厚を理解しよう
辻岡勝美

iNtuitional Way 画像診断ワークフローが変わる!Case3
循環器専門クリニックにおける迅速で的確な
診断・治療にAquarius iNtuitionが貢献
Workflow Templateが画像処理時間を大幅に短縮
今里ハートクリニック

連動企画 INNERVISION×インナビネット
METISからの提言 日本の医療機器・技術によるヘルスケア戦略
第5回 医療産業の国際化ーアウトバンドとしての医療インフラ
小松研一

病院ネットワーク攻略マニュアル 〜院内LANはこれでOK!
第10回 院内LANのセキュリティ対策
井本勇気

IMAGE ANALYSIS SOFTWARE - next advances
次世代の画像解析ソフトウェア

No. 108
当院におけるAZE VirtualPlaceの使用経験
─頭部・頸部CTAを中心に

片岩昭博ほか

IVリポート
・第4回医療コンシェルジュ研究会
・日立メディコが「HI VISION Ascendus」を発表
・地域医療福祉情報連携協議会が発足記念シンポジウムを開催
・GEが国内初の最新マンモグラフィ検査技術「SenoBright」を発表
・メディプラザとGEがクラウドをテーマにしたセミナーを開催
・第88回レントゲン祭・記念講演会
・日本医療情報学会“電子的な診療データ連携”をめぐる公開連続シンポジウムを開催
・日本医療情報学会ワークショップ
 (1) ID等に関する政策研究
 (2) 可搬型媒体を用いた画像情報連携
・PHRのための標準化及び実証事業の成果報告

● 市・場・発
● IV EXPRESS(海外論文サマリー)
● 次号予告

〈巻末特集〉
モダリティ EXPO バイヤーズガイド
治療装置 編



ショッピングカート 全商品表示
1 x 2011年7月号
2,200円(税込)
書評 全商品表示
この本をお勧めします

・磁気共鳴スペクトルの医学応用 ─MRSの基礎から臨床まで─
・医療放射線防護の常識・非常識
・放射線被ばくの正しい理解 “放射線”と“放射能”と“放射性物質”はどう違うのか?
・めざせMRIの達人
・学長の回顧録 在米40年,シカゴ大学名誉教授の波瀾万丈研究人生
定期購読申し込み 全商品表示
★定期購読期間中の送付先ご住所の変更につきまして★
お手数ですがインナービジョンまで,電話,FAX,メール,いずれかの方法にてご連絡をお願いいたします。
TEL:03-3818-3502
FAX:03-3818-3522
メール:sales@innervision.co.jp


月刊インナービジョン電子版は,
iOS App Storeにて配信中!
(2014年8月号より)

Copyright © 2014 INNERVISION Co. All right reserved.
Powered by osCommerce