月刊インナービジョン2018年5月号

2018年5月号

月刊インナービジョン2018年5月号

Vol.33 No.5

2018年4月25日発行

  • マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2018【臨床編】 Radiomics時代を支える最新診断技術
  • CT・MR Advanced Imaging Seminar 2018

本体価格 2,200円(税別)

  目次PDFダウンロード

特集
マルチモダリティによるAbdominal Imaging 2018 【臨床編】
Radiomics時代を支える最新診断技術
企画協力:五島 聡(岐阜大学医学部附属病院放射線部准教授)

Ⅰ CTのベネフィット&ポテンシャル

  内容の一部をご覧いただけます

●イントロダクション:Dual energy CTの最新動向と今後の展望
兵頭朋子

  内容の一部をご覧いただけます

1.Dual energy CTによる肝疾患診断への挑戦
中村優子ほか

  内容の一部をご覧いただけます

2.膵臓領域におけるdual energy CTによる診断の可能性
野田佳史ほか

  内容の一部をご覧いただけます

3.超高精細CTによる腹部CT検査の展望
曽根美雪ほか

Ⅱ MRIのベネフィット&ポテンシャル

  内容の一部をご覧いただけます

●イントロダクション:超高速撮像時代の動向と今後の展望
本杉宇太郎

  内容の一部をご覧いただけます

1.ここまで進化したMR elastography
市川新太郎

  内容の一部をご覧いただけます

2.圧縮センシングを用いた肝ダイナミックMRI
藤永康成ほか

  内容の一部をご覧いただけます

3.肝におけるMRIを用いたradiomics
石松慶祐ほか

Ⅲ USのベネフィット&ポテンシャル

  内容の一部をご覧いただけます

1.超音波による肝線維化診断最前線
豊田秀徳ほか

  内容の一部をご覧いただけます

2.超音波による肝疾患診療の進歩と今後の展望
西村貴士/飯島尋子

Ⅳ IVRのベネフィット&ポテンシャル

  内容の一部をご覧いただけます

1.自動血管追跡システムの臨床的位置づけ
棚橋裕吉ほか

  内容の一部をご覧いただけます

2.肝細胞がんに対するTACEの現状
佐藤洋造ほか

  内容の一部をご覧いただけます

3.治療戦略におけるCT・MR画像とIVRの融合
下平政史ほか

Ⅴ PET/CTとSPECT/CTのベネフィット&ポテンシャル

  内容の一部をご覧いただけます

1.PET/CTとSPECT/CTにおける腹部腫瘍診断の最前線
渡邊美玲ほか

Ⅵ ITのベネフィット&ポテンシャル

  内容の一部をご覧いただけます

1.肝perfusion imagingの位置づけと最近の動向
山田 哲

  内容の一部をご覧いただけます

2.ディープラーニングの基礎と腹部画像診断領域における応用
中浦 猛

Ⅶ 先端技術の臨床応用の実際

1.腹部領域におけるdual energy CTの臨床的有用性─“GSI Xtream”の使用経験
町田 幹ほか

2.急性膵炎におけるwhole pancreatic perfusion CTの有用性─「SOMATOM Force」による検討
山宮 知ほか

3.腹部領域におけるスペクトラルCTの使用経験と有用性─「IQonスペクトラル CT」によるルーチン検査の実際
村上敦史/小山 司

4.腹部領域における最新3Dシーケンスの臨床応用─“Quick Star”および“Fast 3D”の有用性
濱本耕平

5.圧縮センシングと局所撮像技術の腹部領域での臨床応用─“HyperSense”“HyperCube”の臨床的有用性
片山元之/増井孝之

6.3T MRIによる体幹部(特に上腹部)領域の検査の実際─「TRILLIUM OVAL」の臨床的有用性
中村優子ほか

7.新しい超音波診断装置は診断を変える─「Aplio iシリーズ」の使用経験
畠 二郎

8.超高精細フラットパネルディテクタの可能性─「INFX-8000V」を用いた初期評価
横山博典

9.肝コーンビームCTにおけるアーチファクトの軽減─Motion FreezeとMARの臨床的有用性
小泉 淳/山本和幸

10.ワークステーションを活用した門脈セグメンテーションに基づく系統的肝切除へのアプローチ─「Ziostation2」の有用性
仲西一真

11.画像解析ソフトウエアを用いた超音波教育と肝腫瘍に対するRFA治療の有用性─「SYNAPSE VINCENT」を用いた当院の取り組み
小川 力

 

 WEBで読む

目次裏
佐野厚生農業協同組合連合会 佐野厚生総合病院
省スペース設計と経済性の高さで1.5Tからのリプレースも可能なVantage Galan 3T
3T による高画質を全身領域で提供し患者にやさしい検査で地域に貢献

 WEBで読む

IMAGE ANALYSIS SOFTWARE─next advances

次世代の画像解析ソフトウェア No. 193
AZE VirtualPlace iNoirの使用経験
山﨑達典

 WEBで読む

varian RT REPORT
ここまでできるがん放射線治療シリーズ_No.4
特別企画:SBRT治療実績世界トップクラスの病院に聞く臨床アップデート
1)肺がんに対するRapidArc60% isodose処方法を用いた体幹部定位放射線治療
武田篤也/鶴貝雄一郎/奥 洋平

 WEBで読む

PICK UP
FUJIFILM TECH FILE 2018
デジタルX線画像技術をX線動画へ応用したCOREVISIONシリーズ
高見 実

JRC 2018速報
「夢のような創造科学と人にやさしい放射線医学」をテーマに進むべき未来を示す

●IVリポート
バルコ,新製品に関するプレスカンファレンスを開催
エルピクセルが画像診断とAIに関するイベントを開催

● Information
  ・第22回 CTサミット

● 市・場・発

● IV EXPRESS(海外論文サマリー)

● 次号予告

 

◆別冊付録

CT・MR Advanced Imaging Seminar 2018
超高精細/高精度CT・MRイメージングが切り拓く新しい診断

CT・MR Advanced Imaging Seminar 2018

ご挨拶
瀧口登志夫(キヤノンメディカルシステムズ株式会社 代表取締役社長)

Session(1) : MR

高速化イメージングの最新動向
山下 裕市(キヤノンメディカルシステムズ株式会社 MRI事業部)

Deep Learning Reconstructionについて
北島 美香(熊本大学医学部附属病院 中央放射線部)

Initial experience with the high gradient system “Galan ZGO” ─From research to clinical use
Thomas Tourdias(Bordeaux Hospital University Center Neuroimaging Department)

Session(2)-1 : CT

Aquilion Precision技術紹介
信藤 康孝(キヤノンメディカルシステムズ株式会社 CT事業部CT開発部)

Aquilion Precisionの性能と物理特性
石原 敏裕(国立がん研究センター中央病院 放射線技術部放射線診断技術室)

超高精細CTの臨床展開
千葉 工弥(岩手医科大学附属病院循環器医療センター 中央放射線部)

Session(2)-2 : CT

超高精細CTによる肝胆膵領域の描出─診断から治療まで
久保 貴俊(国立がん研究センター中央病院 放射線診断科)

冠動脈CTの現状と超高精細CTの可能性
高木 英誠(岩手医科大学附属病院循環器医療センター 放射線科)

Aquilion Precisionだけが写すもの(中内耳・胸部)
山城 恒雄(琉球大学大学院医学研究科 放射線診断治療学講座)

脳神経領域の画像診断にAquilion Precisionがもたらすもの
村山 和宏(藤田保健衛生大学医学部 放射線医学教室)

TOP