“ONE CANON”の可能性

takmizです。
もうすぐシカゴ時間で11月が終わります。
と同時にRSNA取材班のレポートも先ほどすべてアップされたようです。
今年もご協力いただいたすべての方々に感謝します。
さて,レポートでもお伝えしましたが,
東芝メディカルシステムズは来年1月4日に社名がキヤノンメディカルシステムズに変わります。
ということは,“東芝”を冠した展示は今回が最後。
toshibaの名前が消える…なかなか感慨深いものがあります。
しかし,これもお伝えしたように,
すでに,というかとっくに当の東芝メディカルは次をめざして進んでいます。
今年の同社のブースはCANONの本体まで含めて
“ONE CANON”“オールCANON”の方向性を示したものになっていました。

すべてイメージカラーの赤で統一,バイタルを含めて3つの別法人のブースですが一つの企業にしか見えません。
CANON USAとTOSHIBA MEDICALの間を流れる赤い河は何を表す?

キヤノンが持つFPDについても,今回,RSNAでは初出展の製品がありましたが,東芝メディカルの新製品と同様に“NEW”を配した同じデザインになっています。

CXDIのディスプレイの後にもNEWの文字

今回のRSNAでは,半切サイズで重量約2.3kgの「CXDI-710C Wireless」,フルサイズで重量約2.9kgの「CXDI-410C Wireless」,大四切サイズの「CXDI-810C Wireless」を出展。軽量化しハンドリングしやすいデザインを採用し,IPX7に対応するなど医療現場での使いやすさが追究されています。

フルサイズの「CXDI-410C Wireless」で従来の半切サイズと同等まで軽量化されています。

また,CANON USAではミリタリー向けのX線撮影装置で多くの実績があります。戦地投入の際に,コンテナに撮影装置一式を入れて空からパラシュートで投下しても壊れないような堅牢性を誇っています。

操作用のPCを含めて一体化し高い堅牢性を実現しています。

それぞれさまざまなストロングポイントを持つ企業が一つになってどんな相乗効果が生まれるのか。2018年のRSNAの楽しみがまた一つ増えました。

困ったときの食レポ頼み

こんにちはtamです。RSNA2017の5日目,学会より一足先に展示会の方は,まもなく木曜の午後2時に閉会です。ホテル,ニュースルーム,取材先をぐるぐる回る日々ももう少しで終わります。

この5日間,そんな感じでぐるぐるしていただけなので,ブログネタには困ります。となればやはり,食レポ。前夜祭のシカゴピザ,大人数での昼食会以外に,どんなものを食べたかをご報告いたします。

初日の昼ごはん。ニュースルーム提供。

2日目夕食。ポルトガル料理レストランでチキンとマッシュポテトをテイクアウト。

3日目昼食。展示会場内のスタンドで売っているシカゴホットドッグ。

3日目夕食。取材班みんなでホテル近くのレストランへ。チーズリゾットの上にシーフードやホウレンソウが重ねてあります。

4日目,corner bakeryで朝食。アボカドとホウレンソウとスクランブルエッグの平たいパンサンド。

4日目昼食。ニュースルーム提供。フルーツとサラダ(左上)があった!

4日目夕食。取材班3人でデパートのフードコートをめざすも,さびれていたためポルトガル料理再び。マッシュポテトを頼んだつもりが,豆の何かが来た。
 

 

以上の食事以外は,おおむね

これを食べてました。アマノフーズさん,ありがとう。

食レポとはとても言えない食事内容ですが,今晩はおいしいものを食べられるでしょうか。

“ガン”に癒やされ

三橋です。

RSNA会場内では“がん”と戦うための発表や機器展示が行われていますが,学会場を離れてミシガン湖のほとりに出ると,“ガン”に癒やされます。

カナダガン,意外にでかい

ミシガン湖周辺はカナダガン(カナダグース)の生息地で,ミシガン湖で羽を休めたり,マコーミックプレイス周辺の芝生で草を食べたりする姿をよく目にします。

しかも,人に慣れているのか,あまり逃げたりしません。

カナダガンを眺めていると,ハードな取材の合間のちょっとした癒やしになります。

動体撮影の練習にもなります

ただし,湖の周りは,カナダガンのフンだからけなので,くれぐれも注意が必要です。

 

シカゴの車窓から愛2017

takmizです。
さあて,恒例のなーにんもない時の街ネタの時間ですよ。

3日目となると原稿書きも佳境を迎え,取材してるか,PCの画面を見ているか,歩いているかしかなくなってきますよ。

今日は電車を使ってマコーミックプレイスまで来てみました。今年のシカゴは異常なほど暖かいです。

CTAではなく,GREENLINEです。
ホテル最寄りのAdams/Wabash駅から乗車です。ループの中の駅です。

まあ普通の高架駅ですが…

床は昔の小学校の床みたいな板張りです。電車が入ると少し揺れる。
乗るのは2駅。
Cermak-McCormick Place駅です。こちらは普通の作り。
入る時にカードをタッチしますが,出る時は回転扉のみ。太っ腹だ。
このあと駅の写真を撮ってたらお兄ちゃんに怒られた。テロの下見じゃないよ。
駅からマコーミックプレイスまでは約5分。寒くなければ問題ない距離です。

2日目の昼食は大人数で

三橋です。

RSNA2017の2日目を終えました。

2日のマコーミックプレイスはとても賑わっていました。

で,本日のお昼ご飯は,国際医療福祉大学の杉本真樹先生と奥様,ニュートン・グラフィックスの菅野忠博さん,Holoeyesの谷口直嗣さん,尾路医科器械の尾路紘一さん,そして取材班3人の計7名でハイアットで昼食をいただきました。

日ごろなかなかお会いする機会がなかったので,とても新鮮で,なおかつRSNAの場で一緒にご飯を食べると,何だか特別な気がします。

こういうご縁をもっと大切にしていかなければという思いを強くしました。

皆さん,お忙しいところありがとうございました。

杉本先生,2月号RSNA特集での玉稿をお待ちしております。

お忙しいところありがとうございました。日本でも是非ご飯を食べましょう。

RSNA2日目会場より

こんにちはtamです。初日開会式に始まり、その後は怒涛の取材&原稿書きにより早速ブログの更新が滞っておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。それではここで、2日目の会場の様子をお届けします。

展示会場は初日と比べ人が多いですが、昨年よりも少ないような気がします。でも歩きやすくはない。

レイクサイドラーニングセンター

ノースビルディング

ノースの入り口で見かけました。ビールやワインを売ってます。アルコールのスタンドは会場で初めて見たような。
隣にはポップコーン屋さん。アルコールと一緒に、映画を観るのように楽しもう! ということでしょうか。
オフィシャルのライブペインティング。今年はレイクサイドとノースで見かけました。

Image Contestの上位作品を紹介するパネル。画像診断絡みかと思ったら、普通にきれいな写真部門などもあったようです。

それでは引き続き取材に行ってきます!

恒例のピザパーティ

またしても足がつって目が覚めました、takmizです。RSNA2017は開幕して絶賛取材中ですが、その前に昨夜の出来事を。レジストレーションと2人のRSNAノベルティの買い物がすんだ後、いったんホテルに戻ってからREDLINEでBelmontへ。

Giordano’sで恒例の辻岡勝美先生主催のピザパーティに参加しました。参加者は藤田保健衛生大学の学生さんだけでなく、全国各地の施設から総勢31人となりました。

参加のみなさん。左側が切れちゃってすみません。

学会スタートの前のひととき、明日からの発表や展示会のアテンドや原稿のことは忘れて名物のシカゴピザを堪能しました。

ボリュームが強烈なディープディッシュピザですが、
若いみなさんが多かったのであっさりなくなりました。若いって素晴らしい!

インナービジョン誌の辻岡先生の人気ロングラン連載「めざせ達人シリーズ〈CT編〉CT徹底解剖 基礎から日常点検まで」は現在休載中ですが、近くリニューアルして再開予定です。こちらもご期待ください。

RSNA2017開幕前日! のマコーミックプレイス

三橋です。

機材調達の関係で出発が遅れたものの,RSNA2017取材班は無事,現地時間11月25日14時過ぎにシカゴ・オヘア空港に到着しました。

その後ホテルのチェックインをすませ,取材登録とロケハンのために,会場となるマコーミックプレイスに向かいました。
今回の学会のテーマは,「Explore. Invent. Transform.」です。そして,今回のポスターなどには,放射線医学のバイオ領域への進展を意識してか,自然界の神秘の形であるというハニカム(ヘキサゴン)が用いられています。

ハニカムが今回のモチーフ
グランドコンコース頭上のハニカム

Education Exhibitsが行われるレイクサイドラーニングセンターでは,新たにサブスペシャリティとしてMachine Learningが加えられたほか,3D Printingの展示エリアのとなりに,Virtual Realityがスペースが設けられたほか,Deep Leaning Classroomもあります。

レイクサイドラーニングセンターのMachine Learningエリア
3D Printingコーナーに置かれたレントゲン博士の3D造形モデル
新設されたVirtual Realityコーナー
Machine Learningエリアに隣接されたDeep Learning Classroom

また,レイクサイドラーニングセンターを一歩出ると,前回RSNA PlazaからリニューアルされたRSNA Connections Centerがあります。
RSNA関連グッズを扱うショップは,ステーショナリー,デジタル機器,雑貨,アパレルなど豊富なアイテムを取りそろえています。

RSNA Connections Centerのショップではグッズも豊富

26日830分からはArie Crown TheaterでOpening Sessionが行われます。インナビネットでは,その模様を速報します。

フライト待ち,暇です。

tamです。あっという間に出発当日です。昨年を反省し,今年は例年より1時間早く集合しました。十分に時間の余裕があるのですが,「使用する飛行機の手配がつかないため」,さらに40分ほどの時間ができました。暇です。

すごくカラフルに写った。
ハイキング日和ですね
行く前から寿命を縮めたくないので,私はさっさと出国手続きを済ませました。どうやら搭乗口も例年と違うようです。出国後エリアはあまり食事をするところがないと思っていたのですが,いつもの搭乗口と反対方向に行くと,フードコートがありました。

おそばやラーメン,カレーなどなど。
鎧や着物を着られる日本文化体験コーナーも。無料ですよ。

日本文化体験コーナー
でも今回,成田空港でもっとも印象的なのは,どこまでも続くガチャガチャ。去年はなかったですよね?

シンゴジラガチャやればよかった。
先日,羽田発便への変更の打診の電話もありましたが,いろいろ心配なフライトです。ちゃんと飛び立つことはできるでしょうか。ふふ。

航海安全

takmizです。

いつもより家を出る時間が早い。これも今年の変化です。

突然ですが、今年の夏休みに香川県の金刀比羅宮、こんぴらさんに行って785段登って来たんですよ。

こんな石段。奥の社まで行くと1368段あるらしいっす。
こんな石段。奥の社まで行くと1368段あるらしいっす。
785段を上がったところはこんな景色です。
785段を上がったところはこんな景色です。
御本宮。さすがに立派。
御本宮。さすがに立派。

登りながら考えたのですが、これは信仰というモチベーションに基づいた健康増進運動ではないのかと。そうでなければこんな高いところに神社作る意味がわかりません(思い出して逆ギレ)。

それはそれとして。登って初めて知ったのですがこんぴらさんは海上交通の守り神として信仰されていて、船をはじめとして乗り物関係のさまざまな奉納があり、みなさん航海や旅の安全を祈願していました(日本人初の宇宙飛行士TBSの秋山さんのとかあった)。

そんなわけで、今年の出発前のお参りは水道橋の金刀比羅宮東京分社にしました。

ほらおんなじ。
ほらおんなじ。
本社のように石段はありません。やさしい。
本社のように石段はありません。やさしい。

実は昨年行った秋葉原神社がつぶれて?巫女喫茶に改装中だったという事情もあります。アキバビジネス世知辛え。

看板は出てるけど中には入れませんでした。
看板は出てるけど中には入れませんでした。