inNavi Suite

inNavi Suite

キヤノンメディカルシステムズ スペシャル

2019-5-2

MRI

整形MRI検査における撮像ワークフロー改善技術

キヤノンメディカルシステムズ株式会社次世代MR開発プロジェクトチーム 藤巻 拓哉

2019年5月号

2019-3-29

CT

画論

Deep LearningがもたらすCT画質のquantum leap

粟井 和夫(広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 放射線診断学研究室 教授)

2019-3-29

MRI

画論

画像診断と機械学習そしてDeep Learning ReconstructionによるMRI画像にあたえるインパクト

山下 康行(熊本大学大学院 生命科学研究部 放射線診断学分野 教授)

日立製作所 スペシャル

2019-3-15

MRI

1.5T MRI「ECHELON OVAL」における新搭載機能

八杉 幸浩[(株)日立製作所ヘルスケアビジネスユニット]

2018年9月号

2018-11-15

日立がめざす人工知能を応用した画像診断システムの高度化

尾藤 良孝/白旗  崇/宮崎  靖[(株)日立製作所ヘルスケアビジネスユニット]

2018年7月号

2018-10-1

心機能評価の新たな知見 ─超音波による胎児・新生児管理の未来(胎児編)─

山本 祐華(順天堂大学医学部附属浦安病院産婦人科)

2018年10月号

2018-10-1

新生児の心機能評価 〜温故知新〜

増谷  聡(埼玉医科大学総合医療センター小児循環器部門)

2018年10月号

シーメンスヘルスケア スペシャル

2019-3-15

MRI

MRIにおけるprecision medicine ~BioMatrixテクノロジー~

井村 千明[シーメンスヘルスケア(株)ダイアグノスティックイメージング事業本部MR事業部]

2018年9月号

2019-1-15

マンモグラフィ

See the difference, Make the difference「MAMMOMAT Revelation」

2018年8月号

2018-11-15

医療における人工知能技術の応用

伊藤 徹也[シーメンスヘルスケア(株)デジタルサービス事業部]

2018年7月号

2018-10-15

超音波

カテーテルデバイスを用いた治療に貢献する“True Fusion”のご紹介

平山 秀男(シーメンスヘルスケア(株)超音波事業本部循環器麻酔超音波マーケティング推進部)

2018年6月号

GEヘルスケア・ジャパン スペシャル

2019-3-15

MRI

次世代RFコイル:AIRテクノロジー

貝原  雄[GEヘルスケア・ジャパン(株)MRマーケティング]

2018年9月号

フィリップス・ジャパン スペシャル

2019-3-15

MRI

Ingenia Elition 3.0T ─開発のコンセプトと可能性

竹元 寿熙[(株)フィリップス・ジャパン MRモダリティスペシャリスト]

2018年9月号

2018-11-15

フィリップスのヘルスケアAI─アダプティブ・インテリジェンス

相澤  仁[(株)フィリップス・ジャパン戦略企画・事業開発統括本部]

2018年7月号

2018-10-15

超音波

「eL18-4 PureWaveリニアトランスジューサ」と乳腺エコーをサポートする「AI Breast」

梅川 夕佳((株)フィリップス・ジャパン超音波診断装置ビジネスマーケティンググループ)

2018年6月号

2018-8-14

CT

「IQonスペクトラルCT」における腹部領域のスペクトラルイメージング

早坂 和人/德安 真一(DIビジネスマーケティンググループ CTモダリティスペシャリスト)

2018年4月号

inNavi Suite ICT

FUJIFILM スペシャル

2019-3-1

診療データの一元管理がもたらす医療の質と安全性の向上

白鳥 義宗[名古屋大学医学部附属病院 病院長補佐(病院CIO),メディカルITセンター長・病院教授]

2019年3月号

2019-1-7

SYNAPSE VINCENT V5.3における新機能

大島 俊介(富士フイルムメディカル株式会社 ITソリューション事業本部)

2019年1月号

2018-11-15

富士フイルムが取り組む診断支援AI(人工知能)技術

鍋田 敏之[富士フイルム(株)メディカルシステム事業部]

2018年7月号

2018-10-15

「デザイン思考」を実践したモノづくり─人間中心デザインプロセスから生まれた超音波診断装置

山崎 延夫(富士フイルムメディカル(株)超音波事業推進部)

2018年6月号

FileMaker スペシャル

2019-1-25

Case31 三田市民病院
FileMakerプラットフォームの「GOODNET」を中心にした情報共有で,安全で効率的なカテ室

循環器内科部長・心臓センター長 吉川糧平氏,臨床工学科 深田陽平氏

ITvision No.39

2019-1-21

Case30 公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院
院内の臨床データベースをFileMakerプラットフォームで統...

副院長/研究所副所長 福井基成氏,糖尿病内分泌センター部長 濵崎暁洋氏,医療情報部 長谷川義継氏

ITvision No.39

2017-7-3

Case27 社会医療法人蘇西厚生会 松波総合病院
FileMakerを核にした病院情報システム「M@TRICS」など,先進的な

病院長 松波和寿氏 システム開発部課長 山北慎吾氏

ITvision No.36

AZE スペシャル

2019-5-2

No.205 高精細CT装置とAZE VirtualPlaceの運用と接続環境を考える

岩永 秀幸(山口大学医学部附属病院放射線部)

2019年5月号

2019-4-1

No. 204 整形外科領域でのワークステーション活用法

坂井 至孝(医療法人社団愛友会 津田沼中央総合病院放射線科)

2019年4月号

2019-3-1

No.203 AZE VirtualPlaceで作成する心電図同期CTAにおける急性期大動脈解離のvirtual endoscopy

小島 正歳(医療法人社団誠馨会 千葉メディカルセンター放射線部)

2019年3月号

2019-2-1

No.202 副腎腫瘍摘出手術の際にAZE VirtualPlace VR画像が有用であった例

沖田 雅一(医療法人社団康心会 湘南東部総合病院放射線科)

2019年2月号

2019-1-7

No.201 冠動脈プラークイメージングMIP(プラMIP)画像によるプラーク評価

大西 宏之/小南 洋二/宮田麻里子/大田 菜月(王子会神戸循環器クリニック放射線技術科)茂 真由美(王子会神戸循環器クリニック循環器内科)山口 眞弘(王子会神戸循環器クリニック心臓血管外科)

2019年1月号

ザイオソフト スペシャル

2018-11-15

Intelligenceを取り入れたポストプロセッシングの技術開発

清水  聡[ザイオソフト(株)マーケティング部]

2018年7月号

2018-9-14

腹部領域における「Ziostation2」の最新アプリケーション

安達 雅昭(臨床応用開発グループ)

2018年4月号

2018-8-1

Ziostation2を用いた心臓MRIの解析と臨床応用

森田 佳明(国立循環器病研究センター放射線部)

2018年8月号

2018-8-1

心筋CTストレインと冠動脈フローマップで迫る4次元病態解析

長尾 充展(東京女子医科大学画像診断学・核医学講座)

2018年8月号

富士通 スペシャル

2018-11-15

医療分野におけるAI活用を加速する知識処理技術の応用と展望

赤堀 光希[富士通(株)第二ヘルスケアソリューション事業本部 第五ソリューション事業部 第一ソリューション開発部]

2018年7月号

2018-7-9

実践! 働く人が辞めない,辞めたくない職場づくり
働く人が納得する働き方改革の推進を

小川 卓 氏(医療法人財団献心会 川越胃腸病院総務部長/医療サービス対応事務局長)

ITvision No.38

inNavi Suite 〈インナビ・スイート…モダリティの製品・技術情報、解説記事などを主要メーカー別に丸ごと全部見られてしまうと
いう、インナビネットが提供する話題のコンテンツ〉
inNavi Suite とは?

「inNavi Suite」(インナビ・スイート)は,インナビネットが運営し,モダリティメーカーと共同でご提供するネット上の「セカンドハウス(別荘)」です。選ばれたオーナーのみのスペシャルサイトがオープンしました。
「inNavi Suite」では,セカンドハウス・メーカーのインナビネット内の製品・技術情報・解説記事・取材報告などを集約しました。欲しい情報をあちこち探すことなく,メーカー別に丸ごと全部,まとめて見られるようになります。また,月刊インナービジョン誌に掲載された技術関連記事をはじめ,別冊付録の記事も丸ごと見られるようにしました。さらに,各メーカーからのお知らせも掲載します。inNavi Suiteがあれば,もう検索エンジンはいらない? かもしれません。
世界の画像医学を技術でリードする主要メーカーの情報は,各社ホームページとセカンドハウス(別荘)である「inNavi Suite」でご確認ください。

TOP