第14回 3D PACS研究会 web開催[テーマ:VUCA(予測不可能)時代におけるイノベーション~新型コロナ感染症の対応のあと~](2022/1/16)

2021-12-27


開催日時:2022年1月16日(日)10:00〜16:00

場所:web開催(Zoom webinarによるライブ配信)

代表者:新潟大学医歯学総合病院 金沢 勉

単位:あり

領域:放射線科 / その他

参加費:1000円 学生無料

●プログラム

開会挨拶
当番世話人 新潟大学医歯学総合病院 金沢 勉
10時00分 

セッションI コロナ対応
「予測不可能?放射線領域の感染対応」
山形県立中央病院 荒木 隆博
10時00分~10時20分
座長 国立がん研究センター 麻生 智彦

セッションII 伝えたい線量管理の現状と問題点
10時25分~12時00分
座長 国立病院機構相模原病院 武田 聡司
Cardiovascular Research Foundation 松村 光章

1)「Radimetricsを用いたCT線量管理 実運用における問題点」
新潟大学医歯学総合病院 倉元 達矢

2)「レバレッジ 核医学検査における線量管理と記録」
熊本大学医学部附属病院 池田 龍二

3)「線量管理に関する情報提供」

情報提供
最新の技術提供、RSNA情報など
12時15分~13時15分

セッションIII サブスクリプション・オーケストレーションの現状と未来
13時30分~15時00分
座長 済生会川口総合病院 富田 博信
   滋賀医科大学医学部附属病院 牛尾 哲敏

1)「サブスクリプション時代における3Dワークステーションの立ち位置」
テラリコン・インコーポレイテッド 行方 正紀

2)「情報提供」

セッションIV 最新のAI情報
特別講演「医療用AI研究の動向 -AI・CADを中心に-」
新潟大学大学院保健学研究科 教授 近藤 世範 先生
15時00分~16時00分
座長 新潟大学医歯学総合病院 金沢 勉

閉会 閉会の辞
次回当番世話人 滋賀医科大学医学部附属病院 牛尾 哲敏
16時00分

オンライン登録によるクレジットカード決済(VISA,Master Card,American Express)とさせていただきます。
コンビニ振込、電話、FAX、E-mailでの参加登録はお受けできません。

お使いのデバイス、ブラウザが対応しており、カード情報が設定されている場合、Apple payまたはGoogle payで決済を行うボタンが表示されます。

ご登録いただいたメールアドレス宛に登録完了メールをお送りします。WEBメールをご利用の方でメールが届かない場合は「迷惑フォルダ」に振り分けられている可能性がありますので「迷惑フォルダ」をご確認ください。解決しない場合は事務局までお問い合わせください。

登録後のキャンセルは参加費の5%を負担いただきます。

参加申し込みは下記からお願いします。
https://app.payvent.net/embedded_forms/show/6176b1eccd5c4124282eab34

学生はこちらから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a698cc92469574

本セミナーでは日本X線CT専門技師 6単位・肺がんCT検診認定技師 5単位・日本救急撮影認定技師 2単位・医療情報技師 1単位・医用画像情報専門技師 2単位の更新単位を取得可能です。

第14回 3D PACS研究会 web開催

 

●お問い合わせ
済生会川口総合病院 志藤 正和
メール m-shitou@saiseikai.gr.jp


学会ナビ(医療分野の学会カレンダー)&イベント
TOP