記事一覧

インナビネットリニューアルのお知らせ

こんにちは。のかです。

インナビネットは,ロゴ,グローバルメニューを一新し,本日2013/02/25リニューアルしました。

リニューアルにともない,編集部ブログは facebookページへ移行します。
編集後記などは,facebookページにてご覧いただきますようお願い申し上げます。

https://www.facebook.com/innavinet

謹賀新年

アップロードファイル 357-1.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は曜日の関係から7日が仕事始めになりますが,一足早く4日(金)に,恒例の神田明神への初詣に行ってきました。
今年は例年以上に参拝客が詰めかけて,長蛇の列。ご祈祷をお願いする会社もかなり増えたとのことです。
写真の手前は,文字通り黒山の人だかりです。
景気回復に期待する念のパワーがひしひしと感じられました。

いろいろな意味で良い年となりますよう心より祈念いたします。

                          by ハナ

2012年の年末のご挨拶

三橋です。

編集部は12月28日に仕事納めとなりました。
今年1年,多くの先生方,メーカー各社の方々,
そして何よりも読者の皆様のおかげで,インナービジョンをはじめ,
雑誌,単行本を発行,そしてインナビネットの提供をすることができました。
厚くお礼申し上げます。

2012年は,東日本大震災からの本格的な復興が始まり,
被災地では新しい医療体制の構築が進められた1年でした。
診療報酬改定や,地域医療再生基金などの効果もあり,
画像診断機器の国内市場も上向きとなっているようです。

編集部としても,この1年,時流に合わせた企画や取材を行ってきました。
改めてインナービジョン誌やインナビネットの内容を振り返ると,
2012年が放射線医学,ヘルスケアITにとって,
どのような1年であったかがわかるかと存じます。

さて,2013年はインナビネットのリニューアルなど,
編集部にとっても,とても楽しみな1年になりそうです。
この気持ちを持ち続けて,明るい1年にしたいと存じます。
皆様,良い年をお迎えください。

何はなくとも健康管理

早いもので今週末からRSNAがスタートします。うっかりしている間に前回の投稿から3週間もたってしまったtak_mizです。突然の記事連投はRSNAに向けての助走のつもりだったのですが,ジャンプする前に早くも一息ついてしまいましたorz。すでにRSNA取材班ブログもスタートしていますが、今回のネタはRSNAに直接関係ないので取りあえずこちらにアップします。

先日の引越しで万歩計を失くしました。これまで,ベルトにつけるタイプで満員電車から降りる時に飛んでlost,次はポケットに入れるタイプにして洗濯してbroken,やっぱりポケットタイプを買ってMR室に入る時に取り出してそのままforget,で今回で4回目orz。今回はおそらくゴミ袋に気づかず捨ててしまったと思われます(直前までテーブルの上にあったはずなのですが…)。
今まで,できるだけシンプルで,軽くて,持っていて邪魔にならないことを基準に選んできたのですが,前回買い替えてから7か月しかたっていないので,少し趣向を変えて見ました。

計測したデータをNFC(非接触通信,Suicaとかのアレですね)でPCに自動転送するオムロンの「活動量計 Calori Scan カロリスキャンHJA-307IT」です。転送したデータは,オムロンのウェルネスリンクで管理できます。オムロンは,健康管理機器の相互接続や運用を可能にするコンティニュア・ヘルス・アライアンスに積極的に対応していますが,残念ながらこれはコンティニュア対応ではありません(コンティニュアの無線規格はBluetooth)。一時期流行った“レコーディングダイエット”というダイエット法があるように,自分の現在の状態を計測して数値で把握できれば,ダイエットだけでなく健康管理の面でも有効だと思い,PHRやコンティニュアのような仕組みや規格に期待してきました。しかし,いつまでたってもイマイチ盛り上がらないので,取りあえずクラウドでの健康データの管理に挑戦してみます(←大げさ)。

活動量計本体(歩数だけでなく,生活の中で消費する“エクササイズ”も図れるらしい)本体のほかに,USBに接続するこんなものが。
アップロードファイル 355-1.jpg
活動量計をこの上に載せて転送ボタンを押すだけでデータが自動転送されます。
アップロードファイル 355-2.jpg
ウェルネスリンクで会員登録をすれば,活動量計のデータのほか,体重計などのデータも登録できます。対応機器であれば自動的にデータが転送されますし,計測したデータを手入力することも可能です。
アップロードファイル 355-3.jpg
ウェルネスリンクは,無料登録だとデータの保存期間が6か月。経時的なデータが必要な健康管理では短すぎます。それ以上が必要であればプレミアムコース(月額315円)に入れってことです。いまやクラウドのデータ保存だって無料なのにこれは納得できません。せめて計測用のハードを買った人には無制限で開放すればいいのに。あと,なぜかAndroidアプリはあるのにiOSアプリがない。なぜだ。

アップロードファイル 355-4.jpg
ということで,ここまでのグラフです。なんだかイマイチ見づらい。とはいえ,もう少し使ってからいろいろと文句をいうことにします。
これもRSNAの準備の一環として,後はRSNA2012取材班ブログに続く,ということで。

11月号編集後記 by ハナ

長かった酷暑の記憶も薄れ,冬支度に気持ちがはやるこの頃です。
11月号(特別企画:第16回CTサミット報告)が発行になりました。全国X線CT技術サミットからCTサミットに名称変更して最初の開催の誌上報告になります。
名古屋での開催が8月4日(土)でしたが,その月末の30日(木)に,世話人である八町淳先生が交通事故により急逝されました。CT造影法の研究と普及に多大な貢献をされた八町先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
同じく世話人の宮下宗治先生からご連絡を受けた時には,すぐには理解できないほど混乱してしまいましたが,宮下先生も声を詰まらせて絶句されていました。その際,宮下先生から,「もしかしてCTサミット報告の原稿がすでに入稿されているのでは?」と問われました。ご推察どおり,締切は9月中旬だったのですが,1か月も早い8月12日には入稿していただいておりました。何事にもきちんとして,誠実な対応をされる八町先生らしい行動です。お陰様で今回の特別報告には八町先生の論文を掲載することができましたが,悲しいことに遺稿となってしまったわけです。
CTサミットの世話人の先生方のご意向とご協力により,11月号にあわせて急遽,追悼座談会を実施し,掲載に間に合わせることができました。先生方も日を追うごとに,喪失感が増しているようでしたが,これから,八町先生の志を引き継ぎ,CTをはじめとする画像医学の発展に貢献していく決意を新たにした座談会だったと思います。合掌。

ジャパンカップ2012

人生はいつも自転車操業。tak_mizです。
そんなわけで,引っ越しの日程をずらしてまで,今年も宇都宮で行われた自転車のジャパンカップに行ってきました(3年連続)。
アップロードファイル 353-1.jpg

ジャパンカップは,日本で行われる自転車ロードレースの中で唯一海外のトッププロチームが参戦するレースで,今年も4チームがやってきました。ちなみに,自転車は日本のプロ野球のようにスポンサーがチーム名になっています。
今年来たのは,
リクイガス・キャノンデール(リクイガスはイタリアのガス屋さん。FC東京みたいなもんですかね)
ガーミン・シャープ(GARMINはカーナビ屋さんですね。シャープはこんなことやってる場合かといわれそうですが,ヨーロッパの法人らしい)
サクソバンク・ティンコフバンク(サクソは投資銀行。最初は単独スポンサーだったのですが,ロシアの銀行が追加スポンサーに。なんだが三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行みたいな名前です…かっこ悪)
オリカ・グリーンエッジ(Oricaはオーストラリアの採掘会社だそうです。グリーンエッジだけはクラブ名みたいなもの。最近オーストラリアは自転車が強い)
です。
ヨーロッパの不況を反映してダブルスポンサー名が増えている,と考えていいのでしょうか。

さて,このJC行きにあわせて,失くしたカメラに変わる新しいコンデジを慌てて購入。xz-1(オリンパス)です。
これがスポーツ撮影向きでないのはわかっていたのですが,まあ撮れない撮れない。
お尻とか。
アップロードファイル 353-2.jpg

反対側の観客とか(泣
アップロードファイル 353-3.jpg

もし,プロのカメラマンだったら即刻首レベルです。
しかし,自転車競技の撮影の難しいこと。一眼レフだったとしても一瞬で通り過ぎる集団の中からお目当ての選手の写真を撮るのはまず無理。肉眼で見ていても,誰がどこにいるのかさっぱりわかりません。

一応,今回優勝した選手の,道路に書かれた応援イラストをレースが決まる前に抑えたことだけが自慢です(偶然)。
アップロードファイル 353-4.jpg

そんなわけで,初めて表彰式も見て帰りました(優勝したのはイヴァン・バッソ選手。ガス屋のチームです)。
アップロードファイル 353-5.jpg

夏の出来事(後編)

こんばんは,tamです。
涼しいなんて通り越して,寒いです。マフラー引っ張り出しました。

ホットカーペットで暖を取りながらの夏の出来事(後編)は,もうすっかり秋となった10月の北海道です。
日本核医学会学術総会と日本核医学技術学会総会学術大会の取材で札幌に行った10月中旬,金曜日の取材だったため,そのまま土・日曜日と北海道を満喫させていただきました。
満喫といっても,もちろんでっかい北海道をあちこちは無理なので,札幌でレンタカーを借りて,未踏の地・函館へ。


まずは,札幌から近場の支笏湖へ。
アップロードファイル 352-1.jpg
この週末は,天気が悪いと天気予報に散々言われていたので期待はしていませんでしたが,そんなに悪くない。
というか晴れてる!支笏湖って青いです。
「来てよかった~」などと思いながら,湖畔まで行こうと駐車場に車を停め,お店の並ぶ方へ行くと,なんだか見覚えが。
ボート乗り場まで降りて確信しました。
「あぁ……来たことがある」

なんでしょうね。ミステリー小説を読みだして,途中で読んだことがあることを思い出したような,あの感じ。
MRI撮ってもらったほうがいいでしょうか。
ときどき自分の記憶力と注意力のなさに,愕然とすることがあります。


気を取り直して,今度こそ初めての洞爺湖。
ですが,すでに14時を回り空腹を抱えていたため,見物はほどほどにご飯を食べる場所を探して,洞爺湖温泉付近をうろうろ。
すると,肌寒いなか満開のひまわり畑。
アップロードファイル 352-2.jpg
みんなそっぽを向いていますが。
右上隅に少し見えるのが,昭和新山です。たぶん。

あとはひたすら函館へ向かって南下。
道中,二重の笠雲をかぶった山を見て,「思ったより大きいな,函館山……」と勘違いしながら(たぶん,このとき見ていたのは1000メートル超の砂原岳と駒ヶ岳),すっかり日が暮れて函館に到着。
函館に来たからには,
アップロードファイル 352-3.jpg
夜景!
函館山の山頂は(いろんな意味で)寒かったですが,なんとか三大夜景というのも頷けます。

そして,函館名物のイカ。いまは真イカの季節です。
「いまからこれ出しますね~」とお店のお兄さんが,店の前の水槽から上げてきたのを,わざわざ見せに来てくれます。
アップロードファイル 352-4.jpg
合掌。責任を持って,おいしくいただきました。
地元では食べないそうですが,観光客のリクエストに応えて,イカの目玉も出すようになったそう。
食べましたが……イカがいっぱいとれるなら,地元は新鮮でおいしい身を食べるでしょうね。

日曜日は函館市内をぶらぶら。
お店の人はわりと暇な時期とは言っていましたが,それでも観光地。ぶらぶら歩きの人がたくさんいます。
朝市,元町,ベイエリア。どこもステキです。このブログの写真5枚制限が残念。
この日は「鉄道の日」らしく,市電でスタンプラリーをしていました。子どもたちがわらわら乗っては降りて行きます。

函館観光ラストは,五稜郭!
の「Go太くん」!
アップロードファイル 352-5.jpg

『燃えよ剣』を読み直してから来ればよかったと少々反省しながら,五稜郭前のあじさい本店で塩ラーメンを食べる最後のミッションが残っていたため,タワーには上らず。
上から見ないと,あまり意味がなかったような……?


前編,後編に分け,お届けしました夏の思い出。
楽しく旅した夏は,すっかり遠くなりました。
さて,次は冬の旅,なのでしょうか……北米あたりに。

転宅

後編ではありません。tamさんでもありません。tak_mizです。

私事ですが,この度引っ越しをしました。
小学校4年生の時に親がテーラーの洋服屋をたたんで引っ越してから,
自分の住まいも含めてずっーと“ノマド”な暮らしでしたが,
いろいろな事情もあり,とうとう定住することになりました。

それにしても,引っ越しとはいかにモノを捨てるかとの戦いです。
自分の家は4分の1がゴミでしたが,父が死んで母1人となった家は3分の2がゴミ。
これを引っ越し業者に頼んでも,自分で捨てたほうが安いですよと言われました。
確かに自治体の粗大ゴミ引き取りであれば,1点300〜1000円ぐらいで捨てられますからね。
まあ,断舎利というか,早めの遺品整理ができたと思ってガシガシ捨ててます。

アップロードファイル 351-1.jpg
念願のスタジアムサイドエリアではあります。

アップロードファイル 351-2.jpg
とはいえ,静岡出身なので心はオレンジorブルーです(はっきりしない)。

アップロードファイル 351-3.jpg
新築の際には全戸にこのフラッグが配られたそうです。

なんだかもうこれだけでどこに住んでいるかバレバレですが,
一応それはナイショということで。

夏の出来事(前編)

すっかり秋ですね。こんにちは,tamです。
東向きのわが家は布団を干せる時間が短くなりました。休日はゆっくり寝ていたいのに困りもんです。

この夏は,よく遊び……いえ,あちこち取材に飛び回りました。
遠方取材が,金曜や月曜という何とも素晴らしい日程ばかりでしたので,せっかくなのでいろいろと観光も。

7月末の広島に続き,まずは熊本。
取材先は天草でした。取材記事は,間もなく発行の11月号に!
この取材が月曜日でしたので,土曜から熊本入りし,高校の修学旅行以来の熊本城。美しい石垣とともに,現代によみがえった武将たちが出迎えてくれます。

アップロードファイル 350-1.jpg
一体誰が登るのか。
熊本城を日暮れまで眺めていましたが,所々思いだすものの,全体としての記憶はアヤフヤでした。修学旅行で本当に行ったのでしょうか……?

で,阿蘇をドライブしたり。

アップロードファイル 350-2.jpg
7月の大雨で崩れてしまった山肌。
道路も数か所崩れて片側通行でした。泊った内牧温泉の宿も床上浸水し,営業再開して間もなかったそうです。

アップロードファイル 350-3.jpg
菊池渓谷。

時間的に微妙だったので行くのを迷いましたが,行ってよかった!
熊本は水のきれいな豊かな土地ですね。
もちろん水がいいから,何を食べてもおいしい。馬刺し,赤牛,天草大王(鶏),ラーメン,お酒。天草に行けば,刺身にづけ丼。
私の中で住みたい土地ベスト5にランクインですハート


続いて,土曜の大阪出張ついでに,奈良へ。
修学旅行で京都・奈良に行くことがなかったため,初めての奈良です。
法隆寺,東大寺,春日大社などなど,一日で駆け足で。
この夏は,シカに縁があるようです。

アップロードファイル 350-4.jpg
鹿せんべい売り場前で,観光客にプレッシャーをかけるシカ。

しかし,ものすごいシカの数!
せんべいを持てば,モテ期到来です。

アップロードファイル 350-5.jpg
法隆寺駅で迎えてくれた斑鳩町のゆるキャラ「パゴちゃん」

撮り損ねましたが,パイプ椅子に座って,半分くらいつぶれて休憩していたパゴちゃんの後ろ姿がたまりませんでした。
もちろん中の人などいませんが,同じようなものに入った経験からいえば,真夏日の盆地で,あれはキツイですドクロ

後半へ続く。

旅日記

ここのところ,休みの日は段ボールとゴミ袋と格闘しているtak_mizです。
早いもので,もう10月も半ば。
今年のラストスパートに入らなければいけない時期ではないですか。
とにかく取材か,原稿書いてるか,引っ越しているかの毎日です。

アップロードファイル 349-1.jpg
藤井寺に取材に行ったついでに見てきた,かつての近鉄バッファローズの本拠地「藤井寺球場」の跡地。今は学校とマンションが建っています。弊社のWeb制作のkさんはここで切符売りのバイトをしていたことがあるそうですよ。
藤井寺の一体は古墳がたくさんあるところで,そちらも時間があればと思ったのですが叶わず。そんなこんなで取材前に寄り道していたら,個人用のコンデジを電車内(おそらく)に忘れましたorz

アップロードファイル 349-2.jpg アップロードファイル 349-3.jpg
静岡県の大井川を遡った川根本町にも行ってきました。
千頭(せんず)駅は,平日にもかかわらずSLに乗ってきた家族連れでいっぱいでした(市民の日とかでお休みだったようです)。
静岡市内からは車で1時間半,電車では金谷駅から1時間と少しですが,やはり過疎化,高齢化が進んでいるようです。

アップロードファイル 349-4.jpg アップロードファイル 349-5.jpg
高知にも行ってきました。
取材の時は,いつも時間がぎりぎりで昼ご飯も時間が勝負,ということが多いのですが,高知では定番,カツオのたたきなどをいただきました。

ページ移動