X線透視診断装置 Luce

日立製作所

X線TVシステム デジタル(FPD)

検診施設に新たな革新をもたらすX線透視診断装置

X線透視診断装置 Luce
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

検診施設のX線透視診断に新たな革新をもたらす3つのイノベーション。
次なるイノベーションへ挑み続ける日立だからこそ,最適なソリューションを導きだすことができます。未来の診断を追求して,次なるステージへ

メーカーページへ

特長<1>
画像処理エンジン「FAiCE-V NEXT STAGE1
日立が独自に開発した画像処理エンジン「FAiCE-V NEXT STAGE1」。高画質化を生み出し,低被ばくを実現します。さらなる視認性の向上,細部の明瞭化など,透視画像を高精細に描き出します。

 

特長<2>
直感的操作
技師の思いのままに,筐体と一体化したGUIが直感的な操作で,実務をサポートします。
明るい画面と見やすく大きな「One touch」ボタンは,直感的な操作を可能にします。
アップダウンキー操作に代わり,ダイヤル操作で素早く透視/撮影条件を設定することができます。また,タッチ画面の操作部をダイヤルの周辺に配置することで,素早く直感的なアクセスを可能にします。術者の体格や姿勢に合わせ,角度調整が可能。術者の負担を軽減します。

 

特長<3>
被ばくを抑えて,なめらか表示
実際のX線照射レートにフレーム倍増処理を行うことで,フレーム枚数を増やした表示が可能となります。低照射レートの際,表示する枚数を倍増させることで,動きボケの少ないなめらかな透視画像の描出が行え,低被ばく低減に効果的です。15fpsのX線照射で,30fpsの表示が可能になります。

・透視撮影台
  1.透視撮影台
  2.X線管装置
  3.X線可動絞り
  4.X線グリッド
・X線高電圧装置
・遠隔操作卓
  1.操作盤
  2.フットスイッチ
  3.X線画像処理装置

■透視撮影台 天井高さ:2600mm以上
支持方式:片持支持
天板の形状:フラット形
天板部の大きさ:740×2160mm
天板の水平高さ:床面より870mm
SID:1100mm固定
許容被検者質量:135kg
質量:1050kg
起倒動:立位 90°~逆傾斜位約 45°
■FPD サイズ:30.1×30.1cm
■X線高電圧装置 最大出力:50 kW

 

(その他,詳細は弊社営業員へお問い合わせください。)

・近接操作卓
・回転踏台
・電動肩当て
・圧迫帯
・マット
・マイクキット
・フットスイッチ
・マットスイッチ
・消化器補償フィルタ
・付加フィルタ
・ステップダウントランス
・モニタ台車
・X線管保持装置
・X線可動絞り
・2管球組み合わせ
・起倒動インターロック
・透視台設置ベース
・側面カセッテホルダー
・ヒートシンク
・X線管旋回機構
・一旦停止機能
・起倒操作器(逆傾斜選択スイッチ)
・圧迫操作器(しごき選択スイッチ)
・各種ソフトウエア等
(その他,詳細は弊社営業員へお問い合わせください。)

・全国に配置されたサービス拠点やサービスセンターとの連動。
・各種の保守メニューを用意し,お客様の要望に対応できる体制でサポート致します。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
株式会社日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット
〒110-0015 東京都台東区東上野2-16-1 上野イーストタワー
http://www.hitachi.co.jp/healthcare
担当部署:診断システム事業部マーケティング部


製品ラインナップ

X線TVシステム デジタル(FPD)

汎用X線透視診断装置 EXAVISTA

汎用X線透視診断装置 EXAVISTA

X線TVシステム デジタル(FPD)

X線透視診断装置 Luce

X線透視診断装置 Luce

X線TVシステム デジタル(FPD)

胃部集団検診X線システム ESPACIO AVANT

胃部集団検診X線システム ESPACIO AVANT
TOP