NEOVISTA I-PACS CAD typeM

コニカミノルタジャパン

マンモグラフィ 診断支援システム

優れた感度と納得感の検出力。

NEOVISTA I-PACS CAD typeM
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

独自の検出アルゴリズムで,微小石灰化クラスタおよび腫瘤陰影の候補を検出します。高解像度と優れた鮮鋭性を実現したコニカミノルタのPCM画像,Cプレート画像に加えて,DRマンモグラフィ画像にも対応しました。納得感(検出意図の理解し易さ)を重視した設計で,石灰化の観察ストレスを大幅に軽減できる安心感を提供。読影に優しいマーキング表示で,コニカミノルタのマンモビューアとの組み合わせによりマンモ読影に最適な環境を提供します。

メーカーページへ

特長<1>
独自の検出アルゴリズム
検出対象は,微小石灰化クラスタおよび腫瘤陰影です。

検出アルゴリズム概要

 

特長<2>
納得感(検出意図の理解し易さ)を重視した設計
読影する医師からの要望に応えるために,検出性能だけでなく,CADマークの検出意図の理解し易さを重視し,アルゴリズムの設計に反映しています。このため,CADシステムの検出方針(考えていること)が,読影する医師に伝わり易くなり,臨床現場のニーズに応えるシステムを提供することができます。

 

特長<3>
微小石灰化の観察ストレスを軽減できる安心感を提供
淡く細かい石灰化まで検出するよう設計。微小石灰化の見落とし低減に寄与することを狙いとし,読影医の石灰化観察に対する読影中/読影後のストレス軽減にも多大な効果を発揮します。

微小石灰化クラスタのCAD結果例

 

特長<4>
読影にやさしいマーキング表示
検出候補を線で囲むマーキング表示を採用しています。コニカミノルタのマンモビューア NEOVISTA I-PACS MAMMO SERIES にて,微小石灰化クラスタ候補を破線で,腫瘤陰影候補を実線で囲み表示。病変自体やその近傍領域がマークに覆い隠されることがないため,ストレスがありません。

CAD表示後の画像

 

特長<5>
再撮影画像へのCAD対応も可能
弊社マンモグラフィCADシステムは再撮にも対応可能。同一検査において,同一方向(MLOまたはCC),同一側性(右または左)の画像を複数受信した場合でも,後から受信した画像を用いたCAD処理が可能です。

 

特長<6>
システムの拡張性
1台のCAD typeMで,入力モダリティは最大2チャンネル,出力は最大3チャンネルを用意。これにより,施設規模に応じた柔軟なシステム接続を実現することができます。

システムの拡張性

・ワークステーション本体
・付属品 一式

■製品仕様  
 ・接続可能装置(入力): CR/DRコンソール(CS-3/CS-5/CS-7/他*1)標準1台(最大2台)
 ・接続可能装置(出力):  I-PACS SX/EX(マンモオプション),
汎用画像診断装置ワークステーション*2 最大3台 
 ・CAD処理可能画像:  PCM画像(Pureview,Mermaid),CRマンモ画像(Cプレート),
FPDマンモ画像*3 最大2台
  *1 当社にて接続検証済みの機種に限る
*2 DICOMで規定された通信プロトコルにより,本製品から出力されるマーク付画像を表示できる機能を有するものに限る
*3 当社にて処理検証済み機種の画像に限る

管理用モニタ(17インチ),無停電電源装置

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先 
コニカミノルタジャパン株式会社
ヘルスケアカンパニー  
〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビル
TEL 03-6324-1080  FAX 03-3454-3216
http://www.konicaminolta.jp/healthcare/
担当部署:営業統括部 営業推進部 ブレストヘルス営業部


TOP