Ingenuity Elite

フィリップス・ジャパン

CT 64列/128スライス(アップサンプリング)

The first Universal CT
低線量かつ高画質の検査を128スライスの高速撮影で実現

FOCUS ON 導入事例
Ingenuity Elite
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

Ingenuity Eliteは128スライスを発生するIngenuity DASの採用によりアーチファクトを抑えた高速撮影を実現,さらにフィリップスオリジナルの逐次近似再構成法「iDose4」がインテグレートされたシステムは最大80%の被ばくを低減することが可能です。
新開発のユーザーインターフェースでは複雑化する多列MDCTのオペレーションを当直帯の方でも簡単に使えるよう設計され,造影プロトコルまで撮影条件にプリセット可能なSyncRightが搭載可能です。

メーカーページへ

特長<1>
Ingenuity DAS
アップサンプリングによる128スライスのデータはウィンドミルアーチファクトを抑制するため大きなヘリカルピッチを使用しても画質の低下を起こしません。これにより高速撮影と高画質を実現します。

Ingenuity DAS

 

特長<2>
第4世代画像再構成法:iDose4
iDose4はノイズ低減を目的としたフィリップス独自の逐次近似応用再構成技術です。これにより被ばく低減,画質向上,造影剤量の低減などさまざまな臨床応用を可能としています。iDose4は7段階のSD改善レベルをコントロール可能であり,検査の目的,部位,撮影条件に合わせた使用が可能です。

第4世代画像再構成法:iDose4

 

特長<3>
NanoPanelII:電子ノイズを最小限まで排除した最新型検出器
従来から使用されている小型軽量の検出器ブロック「NanoPanel」を進化させ,より電子ノイズを低下させた「NanoPanelII」を搭載しています。NanoPanelIIは検出器の検出限界の向上により,逐次近似再構成を使用した超低被ばく検査においてもしっかりと診断をサポートします。

 

特長<4>
新ユーザーインターフェース:Result Driven Scanning
「誰が操作しても同じ結果を得られること」をコンセプトに設計された新しいユーザーインタフェースは直感性を重視した操作画面となっており,画質のコントロールもDoseRightIndexという新しいノイズ量コントロールを採用しています。

新ユーザーインターフェース:Result Driven Scanning

 

特長<5>
整形インプラント用金属アーチファクト抑制技術:O-MAR
O-MAR(Metal Artifact Reduction for Orthopedic implant)は整形インプラント用に開発された金属アーチファクトを抑制する全く新しい画像再構成法です。Dual Energy等の特殊な撮影や複雑な操作を必要とせず,再構成条件のチェックボックスをクリックするだけで金属アーチファクトを抑制した画像を取得できます。

整形インプラント用金属アーチファクト抑制技術:O-MAR

・ガントリ本体
・被検者テーブル
・操作コンソール
・付属品

・128slice scanner
・Ingenuity DAS
・iDose4
・RapidView IR
・MRC Ice(30MHU)
・Result Driven Scanning
・Beat to Beatアルゴリズム
・Step & Shoot Cardiac
・1024マトリクス画像再構成
・定格出力80kW
・管電流10-665mA
・管電圧80, 100, 120, 140kV

各種メンテナンスプランをご用意しております。
詳細については担当者へお問い合わせください。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
株式会社フィリップス・ジャパン
東京都港区港南2-13-37 フィリップスビル
お客様窓口 TEL 0120-556-494
www.philips.co.jp/healthcare


製品ラインナップ

CT 64列/128スライス/2層構造

IQon スペクトラル CT

IQon スペクトラル CT

CT 256スライス

Brilliance iCT Elite

Brilliance iCT

CT 64列/128スライス(データ収集)

Brilliance iCT SP

Brilliance iCT SP

CT 64列/128スライス(アップサンプリング)

Ingenuity Elite

Ingenuity CT
TOP