SONIALVISION G4

島津製作所

X線TVシステム デジタル(FPD)

あらゆる検査環境にBESTの選択を
BEST in CLASS

SONIALVISION G4
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

多様な検査やさまざまな検査環境において常に有用であること。
高画質なだけでなく,被ばく低減の充実や使いやすいオペレーションなど,
それぞれの臨床現場にBESTの選択を提案します。

メーカーページへ

特長<1>
国内初,骨密度測定アプリケーション搭載(オプション)

骨密度測定アプリケーションSmart BMD(オプション)を搭載しました。腰椎および(または)大腿骨近位部をスキャンすることで簡単にDXA法による骨密度測定が行えます。

*DXA法: 二重エネルギーX線吸収測定法(dual-energy X-ray absorptiometry)は,エネルギーレベルの異なる二つのX線を検査対象に照射して,それぞれのエネルギーがからだの組織によって吸収率が異なることから,検査対象の組成を測定する方法で,骨密度測定の標準方法として重視されています。

国内初,骨密度測定アプリケーション搭載

 

国内初,X線テレビシステムで画像診断と骨密度測定の両方が可能
検査間の患者さんの移動がなく,検査の効率化と負担軽減を実現します。

 

特長<2>
信頼の高画質 BEST Imaging
 -クラス最小*の超高精細ピッチと16bitコントラスト分解能が高画質を実現
                           *2013年8月現在
微小画素ピッチによる高解像度と高いコントラスト分解能が高画質を実現します。また最新のデジタル画像処理技術がハレーションや透視ノイズを抑え,観察しやすい画像を提供します。さらに最大17×17インチの大視野は,注腸や腹部全域の同一画像内での観察を可能にしています。

 

特長<3>
あらゆる検査を快適に BEST Performance
 -使う人への配慮を随所に施したシステム設計
全脊椎や下肢全域を高精度で観察いただけるスロットラジオグラフィ(長尺撮影)をSONIALVISION G4 用に進化させたスロットアドバンスや1回の断層撮影で簡単に任意断面の画像を提供可能なトモシンセシスに対応しています。
また,映像系を引伸ばして車イスでの嚥下造影検査や簡易胸部撮影を可能にするなど,使う人への配慮を随所に施したシステム設計により,様々な検査をサポートします。

*スロットアドバンスはSONIALVISION G4のオプション・スロットスキャンの呼称です

映像系(管球-FPD)を移動させながら数cm間隔にてスロット状の画像を収集

映像系(管球-FPD)を移動させながら数cm間隔にてスロット状の画像を収集

スロット画像を自動でつなぎ合わせ1枚の長尺画像を作成

スロット画像を自動でつなぎ合わせ1枚の長尺画像を作成

   
映像系を引伸ばして車イスでの嚥下造影検査が可能

映像系を引伸ばして車イスでの
嚥下造影検査が可能

トモシンセシス

トモシンセシス

 

特長<4>
安全と信頼をかたちに BEST Safety
 -使う人の立場で検査効率を,患者さんの立場でより安全・安心を配慮
使う人の立場で検査の効率化を考え,患者さんの立場でより安全で,安心いただける細かな配慮をかたちにしました。一例として患者さんの乗り降りの際,ワンタッチで天板が最低高さ47cmまで下がり,映像系も1.5mまで引伸ばされサポートが容易に行えます。

安全と信頼をかたちに BEST Safety

 

特長<5>
徹底した被ばく低減 Low Dose Control
 -被ばくを効率よく低減できる各種機能を搭載
膵胆内視鏡用デジタル画像処理「SUREengineFAST」により,リアルタイム性をそこなわずに術中の透視線量を約60%低減できます。(低パルスレートで更なる低線量化も可能)
その他にも検査毎に自動選択される3種類のBHフィルターや左右単動絞りなど各種機能を搭載しています。また,被検者までの距離に応じて表面線量を算出可能な線量計算機能も装備しており,あらゆる検査で患者さんと検査スタッフの安心をご提供します。

・遠隔操作式X線透視撮影台(FPDおよびX線管球含む),デジタルラジオグラフィ装置,X線高電圧装置,肩当て,握り棒,圧迫筒 ほか

・FPD 画素ピッチ 139μm
最大有効画素 3032×3032
視野サイズ 17×17インチ
・撮影台 寝台床上水平高さ 470~1100mm
長手方向撮影領域 2025mm
SID 1100mm,1200m,1500mm
・X線高電圧装置 公称最大電力 80kW
・X線管球 最大陽極熱容量 750kHU

・Smart BMD(骨密度測定アプリケーション)
・Tomosynthesis(任意断面再構成アプリケーション)
・SLOT Advance(長尺撮影)
・DSA(RSM-DSA含む)
・泌尿器検査用オプション一式
・単動(左右非対称)絞り
・各種DICOM 関連
・カードリーダー/バーコードリーダー
  ほか

・Smart BMD(骨密度測定アプリケーション)
・SLOT Advance(長尺撮影)
・RSM-DSA
・Tomosynthesis(任意断面再構成アプリケーション)
・T-smart(金属アーチファクト低減トモシンセシス)

・全国にサービス拠点を配置
・各種メンテナンス・プランを用意しておりますのでサービス担当者へお問い合わせください。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
株式会社島津製作所
京都市中京区西ノ京桑原町1
https://www.med.shimadzu.co.jp/
医用機器事業部 グローバルマーケティング部 販売促進グループ


製品ラインナップ

X線TVシステム デジタル(FPD)

SONIALVISION G4

SONIALVISION G4

X線TVシステム デジタル(FPD)

FLEXAVISION F3 package

FLEXAVISION F3 package

X線TVシステム デジタル(I.I.)

FLEXAVISION HB package eXceed edition

FLEXAVISION HB package eXceed edition
TOP