MINCADI(販売元:NOBORI/開発元:A-Line)
クラウド型線量管理システム「MINCADI」のご紹介

2020-10-5

NOBORI

線量管理


はじめに

2020年4月に改正医療法施行規則が施行された。これに伴い,被ばく線量の記録と管理の実施も,対象の医療機関には求められることになった。
被ばく線量の管理とは,厚生労働省や日本医学放射線学会のガイドラインに沿って,撮影条件の最適化を行うことであり,診断参考レベル(diagnostic reference level:DRL)および日本放射線技術学会の「診断参考レベル運用マニュアル(以下,運用マニュアル)」を用いて実施される。撮影条件の最適化とは,自施設で運用する検査プロトコールごとに線量値が適正であるかをDRLの値と比較し,必要であれば条件の見直しをしていくことと記載されている。また,運用マニュアル内のQ&A集には,最適化の具体的な方法が記載されている。

「MINCADI」とは

MINCADI(ミンキャディ)はクラウドを利用した線量管理システムである。NOBORI社のセキュアな通信技術を基に,クラウド上での線量記録および線量管理を実現している。クラウドを利用して線量管理を行うメリットとして,初期費用なし月額利用料のみなどの一般的な利点とは別に,(匿名化された)他施設との線量指標の比較,他施設の撮影(撮像)条件参照の2つの特徴的な機能を有する。
線量指標の他施設比較では,DRLに記載されていないプロトコールについての評価を行うことを第一目的としている。マルチモダリティシンポジウム「VERSUS」と作成した線量管理用のコード表に基づき,それぞれのコードごとに,MINCADIユーザー施設における25,50,75パーセンタイル値を表示し,自施設の状況をリアルタイムに把握することが可能である。検索条件として,装置名や施設規模,年齢,体型などの条件を指定でき,自施設の特性に合った比較が可能となっている(図1)。また,他施設のバーをクリックすることにより,その施設が使用している撮影(撮像)条件を表示することができ,改正医療法施行規則で求められているプロトコールの見直しの一助となっている。

図1 他施設比較画面

図1 他施設比較画面

 

他施設比較においては母数(ユーザー数)が重要となるが,執筆時点(2020年8月1日)での契約数は200施設を超えており,2020年度末には250施設超を計画している。2020年7月3日に公表されたJapan DRLs 2020の参加施設数を鑑みると,一定の母数に達したのではと考えている。
また,線量記録では,個々の検査の線量指標を記録するだけでなく,独自のアルゴリズムにより,CTの臓器線量,実効線量計算を行っている(図2)。核医学については国際放射線防護委員会(ICRP)で示されている係数を基に,これらの計算を行っている。さらに,血管撮影においても,独自のアルゴリズムによる計算式の実装を2020年度内に予定しており,ヒートマップ表示なども2021年度以降での実装を予定している。将来的には,personal health record(PHR)と呼ばれる患者個人が医療・健康情報を一元管理する仕組みへのフィードバックも視野に入れている。

図2 個人被ばく管理画面

図2 個人被ばく管理画面

 

おわりに

MINCADIは既存機能にとどまらず,法令への対応はもちろんのこと,画質評価も加えた放射線診療の正当化,最適化の一助となり,さらに医療業界全体への貢献ができるよう,引き続き開発を進めている。

 

【問い合わせ先】
株式会社NOBORI
TEL 03-4405-7834
http://www.nobori.ltd

NOBORI

線量管理


(月刊インナービジョン2020年10月号 決定版!! 被ばく線量管理ケーススタディ PART II)
ヘルスケアIT展(医療ITのバーチャル展示会)
    TOP