Innervisio
  トップ » ネットストア » 月刊インナービジョン » バックナンバー » 2005年1月-12月 » Vol.20, No.7 ログイン  |  アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
月刊インナービジョン
  最新号
  バックナンバー
    2021年1月-
    2020年1月-12月
    2019年1月-12月
    2018年1月-12月
    2017年1月-12月
    2016年1月-12月
    2015年1月-12月
    2014年1月-12月
    2013年1月-12月
    2012年1月-12月
    2011年1月-12月
    2010年1月-12月
    2009年1月-12月
    2008年1月-12月
    2007年1月-12月
    2006年1月-12月
    2005年1月-12月
    2004年1月-12月
    2003年1月-12月
    2002年1月-12月
    2001年1月-12月
    2000年1月-12月
  臨時増刊号
  定期購読申込
書籍
商品検索(キーワード)
 

商品説明からも探す
インフォメーション
配送と返品について
クレジットカードでのお支払い,マルチペイメント(コンビニ・ATM等)でのお支払い
プライバシーについて
ご利用規約
お問い合わせ
常備書店リスト
2005年7月号 2,200円(税込)
【本体価格:2000円(税別)】

◆別冊付録
・病院のためのIT活用情報誌「ITvision No.8」


【特 集】
医療放射線防護の常識・非常識【特別編】
企画協力:栗井 一夫 国立病院機構 南京都病院放射線科副技師長
     大野 和子 愛知医科大学医学部放射線医学教室講師

●座談会
大量ボリュームデータ時代の医療放射線防護を考える
(司 会)粟井一夫
(出 席)大野和子/沼宮内弼雄/山野豊次 (オブザーバー)山野敬子

●My Opinion
最近の医療被ばくと防護について考えること
「医療放射線防護の常識・非常識」シリーズ終了を踏まえて

・放射線被ばくについて話をするとき・中村仁信
・医療被ばくとインフォームド・コンセント・藤岡睦久
・施設間格差の現状と解消のために何をすべきか・甲田英一
・CTとIVRの被ばく低減対策を考える・小塚拓洋/大友 邦
・大人のがん治療――放射線治療と医療被ばくを考える・中川恵一
・放射線被ばくのない高度先進医療へのシフトを・田中淳司
・検診の医療被ばくをどう考えるか?・山崎岐男
・放射線被ばく説明の問題点
 医療被ばくは健康に害か無害か,それとも……?
 なぜ単純な質問に答えることができないのか?・輪嶋隆博
・診療放射線技師としての防護の考え方・相模 司
・放射線インジケータの有効利用を・諸澄邦彦
・医療被ばくの情報開示を・笹川泰弘
・放射線防護に対する基本理念を明確に・越田吉郎
・チームメンバーとしての放射線科医,診療放射線技師,
 看護師,患者,それぞれの役割とは・黒田正子

【特別企画】
メディカルトレンド2005
平成16年度 文部科学省科学研究費補助金採択研究課題の成果
――イメージングによる診断の研究を中心に――
◎ 各テーマと執筆者一覧は30ページの特別企画トビラをご覧ください。

【一般記事】
Contrast Imaging Exhibition ―― 症例で見る造影CTの実際
〈マルチスライスCTの領域別テクニックシリーズ〉
3.腹部領域(1)
肝細胞がん(HCC)症例における「CT Perfusion 3」を用いた
Hepatic CT perfusion
土屋淳郎

Advanced Mammography Lecture:撮影技術と読影のポイント
●撮影技術と品質管理の誌上講座
6.マンモグラフィによる
針生検をめざして
堀田勝平
●検診マンモグラム読影のポイント
6.石灰化で発見される良性病変
川島博子

Medical Image Processing & Analysis Technology
デジタル時代の医用画像情報技術セミナー
VI イメージ処理編 2
10.MRI高速撮像のためのイメージ処理:パラレルイメージング
町田好男

Clinical Nuclear Medicine:EBMに基づく核医学の選択
IV 腫瘍核医学
6.消化器がん(大腸がん,肝がん,膵がん,食道がん)
東 達也ほか

ImageJ で学ぶ 実践医用・バイオ画像処理
第8回 ImageJを用いて画像の 周波数表現を理解する(その3)
MTF入門
山本修司ほか

Phase Contrast Mammography:世界初,位相コントラスト技術の応用
画像処理技術を中心とした診断画像向上への取り組み
佐藤千恵子ほか

Clinical Report:LightSpeed VCT Series
64列ボリュームCT LightSpeed VCT臨床使用
5-Beat Cardiacがもたらした臨床的価値
陣崎雅弘ほか

Image Analysis Software――Next Advances
次世代の画像解析ソフトウェア
非造影MRIを用いた三次元イメージングの有用性
片平和博ほか

投稿論文
遠隔放射線治療支援の現状と将来
――遠隔放射線治療計画を中心に――
根本建二ほか

Interview
成長を続けるGEヘルスケアの超音波事業
――その国際的戦略とは?
オマー・イシュラックCEOに聞く

●IVリポート
・カナダ医療IT推進組織「Infoway」総裁による講演会
 およびシンポジウム開催
・シーメンス旭メディテック,
 日本におけるドイツ年2005/2006
「Efficiency in Healthcare」を開催
・東芝メディカルシステムズ,
「The Best Image in Ultrasound 2005」を開催
・日本超音波医学会第78回学術集会(JSUM2005)を開催

● INFORMATION
● JIRAからのお知らせ
● 市・場・発
● IV EXPRESS
● ランダム・アクセス
● 次号予告



ショッピングカート 全商品表示
1 x 2005年9月号
1 x 2003年9月号
1 x 2019年11月号
1 x 2001年1月特集号
1 x 2001年9月号
1 x 2015年4月号
1 x 2012年6月号
1 x 2011年2月号
1 x 2013年12月号
1 x 2012年10月号
1 x 2011年9月号
1 x 2008年4月号
1 x 2016年4月号
1 x 2001年8月号
1 x 2010年7月号
1 x 2014年5月号
1 x 2020年10月号
1 x 2014年12月号
1 x 2012年4月号
1 x 2019年9月号
1 x 2001年7月特集号
1 x 2015年5月号
1 x 2012年7月号
1 x 2012年11月号
1 x 2006年7月号
1 x 2004年6月号
1 x 2016年5月号
1 x 2001年6月号
1 x 2014年10月号
1 x 2013年6月号
1 x 2012年2月号
69,460円(税込)
書評 全商品表示
この本をお勧めします

・磁気共鳴スペクトルの医学応用 ─MRSの基礎から臨床まで─
・医療放射線防護の常識・非常識
・放射線被ばくの正しい理解 “放射線”と“放射能”と“放射性物質”はどう違うのか?
・めざせMRIの達人
・学長の回顧録 在米40年,シカゴ大学名誉教授の波瀾万丈研究人生
定期購読申し込み 全商品表示
★定期購読期間中の送付先ご住所の変更につきまして★
お手数ですがインナービジョンまで,電話,FAX,メール,いずれかの方法にてご連絡をお願いいたします。
TEL:03-3818-3502
FAX:03-3818-3522
メール:sales@innervision.co.jp


月刊インナービジョン電子版は,
iOS App Storeにて配信中!
(2014年8月号より)

Copyright © 2014 INNERVISION Co. All right reserved.
Powered by osCommerce