Innervisio
  トップ » ネットストア » 月刊インナービジョン » バックナンバー » 2015年1月-12月 » Vol.30, No.8 ログイン  |  アカウント情報  |  カートを見る  |  レジに進む   
カテゴリー
月刊インナービジョン
  最新号
  バックナンバー
    2021年1月-
    2020年1月-12月
    2019年1月-12月
    2018年1月-12月
    2017年1月-12月
    2016年1月-12月
    2015年1月-12月
    2014年1月-12月
    2013年1月-12月
    2012年1月-12月
    2011年1月-12月
    2010年1月-12月
    2009年1月-12月
    2008年1月-12月
    2007年1月-12月
    2006年1月-12月
    2005年1月-12月
    2004年1月-12月
    2003年1月-12月
    2002年1月-12月
    2001年1月-12月
    2000年1月-12月
  臨時増刊号
  定期購読申込
書籍
商品検索(キーワード)
 

商品説明からも探す
インフォメーション
配送と返品について
クレジットカードでのお支払い,マルチペイメント(コンビニ・ATM等)でのお支払い
プライバシーについて
ご利用規約
お問い合わせ
常備書店リスト
2015年8月号 2,200円(税込)

【本体価格:2000円(税別)】

特集
Women's Imaging 2015〈Vol.10〉Breast Imaging
ターニングポイントを迎えた乳がん検診の現状と展望
企画協力:戸光宏(亀田京橋クリニック画像センターセンター長/亀田総合病院乳腺科部長)

I 総 論
乳がん検診の転換点を考察し,今後の方向性を探る ─「乳癌診療ガイドライン」の改訂から
戸光宏

II 乳がん検診の動向と展望

1.超音波検診の現状と課題
1)J-STARTの現状と課題
鈴木昭彦ほか
2)超音波併用乳がん検診の経験とその成果
栃木県における住民検診の経験から
阿部聡子
千葉県における超音波併用乳がん検診の現状と課題
橋本秀行
3)超音波検査・診断の精度管理─精中機構の取り組み
遠藤登喜子ほか
2.マンモグラフィ検診の現状と課題
進歩する技術や乳腺濃度の評価などへの対応
町田洋一
3.MRI検診の現状と課題
MRI検診はなぜ必要か
戸光宏

III 乳がん画像診断技術の最新動向

1.デジタルマンモグラフィの最新技術動向
1)トモシンセシス─装置別ケーススタディ
Selenia Dimensionsによる検査の実際と有用性
●Selenia Dimensions(HOLOGIC/日立メディコ)
中島一彰/植松孝悦
MAMMOMAT Inspirationの使用経験
●MAMMOMAT Inspiration(シーメンス・ジャパン)
黒木嘉典ほか
AMULET Innovalityによる検査の実際とその有用性
●AMULET Innovality(富士フイルムメディカル)
白岩美咲
SenoClaireの使用経験
●Senographe Essential(SenoClaire)(GEヘルスケア・ジャパン)
伊藤研一ほか
2)造影マンモグラフィ
高精度と経済性・効率性を兼ね備えた画像診断
●Seno Bright対応Senographe DS LaVerite(GEヘルスケア・ジャパン)
水谷三浩
3)フォトンカウンティング技術
●MicroDose SI(フィリップスエレクトロニクスジャパン)
長屋重幸/黒田勝哉
4)低被ばく技術─2機種の低被ばくマンモグラフィ装置の使用経験
●MicroDose SI(フィリップスエレクトロニクスジャパン)
●MAMMOMAT Inspiration PRIME Edition(シーメンス・ジャパン)
  戸光宏ほか
2.超音波診断装置の最新技術動向
1)エラストグラフィ─装置別ケーススタディ
HI VISION Preirus/Ascendusの使用経験
●HI VISION Preirus/Ascendus(日立アロカメディカル)
梅本 剛
EPIQ,Affinitiの現状
●EPIQ,Affiniti(フィリップスエレクトロニクスジャパン)
中島一毅
ACUSON S2000/S3000の使用経験
●ACUSON S2000/S3000(シーメンス・ジャパン)
梅本 剛
Aplio 500によるエラストグラフィの使用経験
●Aplio 500(東芝メディカルシステムズ)
森田孝子
2)自動超音波検査─装置別ケーススタディ
ACUSON S2000 Automated Breast Volume Scannerの臨床経験と今後の展望
●ACUSON S2000 Automated Breast Volume Scanner(シーメンス・ジャパン) 
吉田民子ほか
3)乳房造影超音波
乳がん検診要精検症例に対する造影超音波
●Aplio 500(東芝メディカルシステムズ)
●LOGIQ E9(GEヘルスケア・ジャパン)
位藤俊一ほか
3.乳房専用PETの最新技術動向
乳房専用PET装置Elmammoの初期使用経験
●Elmammo(島津製作所) 西堀弘記ほか

IV 乳がん診療の最新動向
ハイリスク女性に対するMRI検診─遺伝カウンセリングの立場から
四元淳子

V 特別座談会 Are you dense?
Dense breastと乳がん検診

■Breast Imaging最新技術(モダリティ別技術解説)


目次裏
医療法人社団橘会 橘病院
整形外科専門病院の人工関節置換術をサポートする16列/32スライスのコンパクトCTを導入
金属アーチファクトを低減する“SEMAR”を活用した術前の情報収集や経過観察に期待

BI-RADS最新版に基づく乳がん画像診断の手引き(最終回)
14.MRI:Implant
町田洋一/淺野裕子

心臓CTの常識
─Evidence, Consensus and Guideline
35.米国心臓病学会より2015年5月に発表されたCore Cardiovascular Training
Statement(COCATS 4)のCT領域における訓練達成目標(前編)
船橋伸禎

めざせ達人シリーズ〈CT編〉
CT徹底解剖─基礎から日常点検まで
86.CT値測定のポイント
辻岡勝美

めざせ達人シリーズ〈X線撮影編〉
一般撮影技術を見直そう! No.28〈下肢No.10〉
1.立位による股関節-荷重正面撮影その1
(frontal view weight bearing projection of hip joint)
安藤英次

IMAGE ANALYSIS SOFTWARE─next advances
次世代の画像解析ソフトウェア No. 160
MRCP検査におけるワークステーションの活用法
天野 淳

Technical Information
Siemens Total Solution for Women's Health

US Report
第103回日本泌尿器科学会総会 ランチョンセミナー17
超音波による診断と治療の最前線
1.ロボット支援腎部分切除術(RAPN)における術中超音波の有用性
白木良一
2.イメージガイドを用いた前立腺癌診断・治療─Focal therapyへの展開
齋藤一隆

Seminar Report
Ultrasonic Week 2015 ランチョンセミナー12
ここにも使える ここまで診える
1.プラーク内血流をSMIで診る
大浦一雅
2.関節リウマチをSMIで診る
藤井康友
3.肝疾患をSMIで診る
小川眞広

IVリポート
・弘前大学「超高齢化社会の未来を考えるヘルシーエイジング・イノベーションフォーラム」
・富士フイルムメディカル50周年記念セミナー
・富士通,新しい電子カルテシステムを発売
・パナソニック ヘルスケア
「在宅医療共有システム Medicom-HCLink」発表
・富士通「利用の達人」第12回総会

〈巻末特集〉モダリティ EXPO バイヤーズガイド
マンモグラフィ 編

● 市・場・発
● IV EXPRESS(海外論文サマリー)
● 次号予告



ショッピングカート 全商品表示
カートは空です...
書評 全商品表示
この本をお勧めします

・磁気共鳴スペクトルの医学応用 ─MRSの基礎から臨床まで─
・医療放射線防護の常識・非常識
・放射線被ばくの正しい理解 “放射線”と“放射能”と“放射性物質”はどう違うのか?
・めざせMRIの達人
・学長の回顧録 在米40年,シカゴ大学名誉教授の波瀾万丈研究人生
定期購読申し込み 全商品表示
★定期購読期間中の送付先ご住所の変更につきまして★
お手数ですがインナービジョンまで,電話,FAX,メール,いずれかの方法にてご連絡をお願いいたします。
TEL:03-3818-3502
FAX:03-3818-3522
メール:sales@innervision.co.jp


月刊インナービジョン電子版は,
iOS App Storeにて配信中!
(2014年8月号より)

Copyright © 2014 INNERVISION Co. All right reserved.
Powered by osCommerce