AssistMotion,歩行や生活動作をアシストするさまざまなロボティックウェアを紹介

2019-9-27


AssistMotionブース

AssistMotionブース

信州大学発のベンチャー企業であるAssistMotionは,ロボティックウェア「curara(クララ)」と,現在開発中のPVCゲルを使ったソフトロボティックウェア「heige(ハイジ)」を展示した。

2008年から開発が進められているcuraraは,第5世代になっている。身体能力が低下した高齢者や障害者が身にまとうことで,歩行や前傾などの動作を支援する生活動作支援ロボットである。curaraの特徴は,1)関節と関節の間をリンクしない“非外骨格型構造”で,軽量で装置の着脱が容易,2)筋電電極を用いずに人にやさしい制御を可能にする“同調制御法”などである。また,開発中のheigeは,軽量で柔軟なポリマーゲルであるPCVゲルをアクチュエータに採用した腰サポートウェアである。電圧印加によって変形するPCVゲルを積層することでアクチュエータとして身体に装着することで,かがんだり,ものを持ち上げるといった動作をサポートする。PCVゲルアクチュエータの採用によって,軽量で着脱が容易,動作音が静かなどの特徴を持つ。2年以内の製品化に向けて開発中とのことだ。

生活動作支援ロボティックウェア「curara」

生活動作支援ロボティックウェア「curara」

 

非外骨格型で装着しやすく筋電電極の必要がない同調制御法を採用

非外骨格型で装着しやすく筋電電極の必要がない同調制御法を採用

 

ソフトロボティックウェア「heige」

ソフトロボティックウェア「heige」

 

軽量・柔軟なPCVゲルをアクチュエータに採用

軽量・柔軟なPCVゲルをアクチュエータに採用

 

●問い合わせ先
AssistMotion株式会社
〒386-0017 長野県上田市踏入2丁目16番24号
TEL●0268-75-8124
E-mail●info@assistmotion.jp
URL●http://assistmotion.jp/


国際福祉機器展 H.C.R.2019
    TOP