善光会とトリプル・ダブリュー・ジャパン,共同展示で次世代介護を支える情報管理システムをアピール

2019-9-26


善光会とトリプルダブリュージャパンの共同出展ブース

善光会とトリプルダブリュージャパンの
共同出展ブース

スマート介護プラットフォーム「Smart Care Operating Platform(SCOP)」を提供する善光会と,排泄予測デバイス「DFree」を販売するトリプル・ダブリュー・ジャパンは,HCR2019に共同出展し,両者が連携する「SCOP Now」と「DFree Professional」による次世代の介護情報システムを紹介した。

SCOP Nowは,2019年7月に提供を開始したSCOPのiPhoneアプリで,介護現場で利用されているセンサ機器などと連携し,各種データを一元的に管理・閲覧できる。設定が容易で,複数の利用者の状態を一目で把握でき,介護現場のオペレーションの効率化とサービス向上の両立をサポートする。DFree Professionalのほか,シルエット見守りセンサー(キング通信工業),眠りスキャン(パラマウントベッド)と連携しており,連携機器を順次拡大していく。また,SCOPのiPadアプリとして,介護記録システム「SCOP home」の展開も予定している。

DFreeは小型の超音波センサを用いたIoTウエアラブルデバイスで,下腹部に装着し,膀胱の変化を捉えることで排泄のタイミングを予測する。DFree Professionalは,2017年に提供を開始した介護施設・医療機関などの法人向けサービスで,複数の利用者データの一元管理や,携帯端末への排泄タイミング通知機能など,法人向けに特化した機能を持つ。排泄リズムの見える化により,排泄ケアの個別化につなげていく。

スマート介護プラットフォーム「Smart Care Operating Platform(SCOP)」

スマート介護プラットフォーム「Smart Care Operating Platform(SCOP)」

 

「SCOP Now」の概要

「SCOP Now」の概要

 

DFreeの仕組み

DFreeの仕組み

 

DFree Professional(左)と複数の利用者情報を表示する端末画面(右)

DFree Professional(左)と複数の利用者情報を表示する端末画面(右)

 

●問い合わせ先
トリプル・ダブリュー・ジャパン(株)
https://www-biz.co/
社会福祉法人善光会
TEL 03-5735-8080


国際福祉機器展 H.C.R.2019
    TOP