富士通/ヒミカ,コミュニケーションロボットで利用者とスタッフの双方を“楽”にする「HIMBOT」を出展

2019-9-27

富士通


富士通/ヒミカブース

富士通/ヒミカブース

富士通/ヒミカのブースでは,介護ふれあいロボットシステム「HIMBOT」をアピールした。HIMBOTは,MJI社製のパートナーロボット「Tapia」を使用して,介護情報システムと連携し来所や退所,入浴などの介護記録の入力や,食事やレクリエーションの選択,脳トレなどのコンテンツを提供する。来所や入浴などの記録は,利用者が自分のカードをHIMBOTにかざすことで利用者を認識,Wi-Fiで介護システムへ情報を転送して作成される。また,食事やレクリエーション内容の選択についても,利用者の情報を反映してHIMBOTの液晶画面に表示できる。従来は,スタッフが手書きなどで行っていた業務を削減できるほか,利用者にとっても自分で記録をしたり,メニューを選択したりできることから意欲や満足度の向上が期待できる。HIMBOTは,ヒミカのタブレット型介護記録入力システム「HIMVIT」の端末の一つという位置づけで,富士通の「HOPE LifeMark-WINCARE」と連携した運用が可能になっている。

そのほか,ブースでは富士通の介護事業者支援サービス「HOPE LifeMark-WINCARE Cloud」,「介護請求伝送サービス」,音をからだで感じる「Ontenna」などを展示した。

介護ふれあいロボットシステム「HIMBOT」

介護ふれあいロボットシステム「HIMBOT」

 

カードをかざすことで利用者を認識する

カードをかざすことで利用者を認識する

 

レクリエーションの選択やバイタルの入力が可能

レクリエーションの選択やバイタルの入力が可能

 

脳トレコンテンツを搭載

脳トレコンテンツを搭載

 

●問い合わせ先
株式会社ヒミカ 医療福祉本部
〒441-8019 愛知県豊橋市花田町字荒木95番地
TEL●0532-31-0017
E-mail●himvit@himika.co.jp
URL●http://products.himika.co.jp

富士通株式会社
ヘルスケアビジネス推進部
第三ヘルスケアビジネス推進部
TEL●03-6252-2502
URL●http://www.fujitsu.com/jp/solutions/industry/healthcare/kaigo/

富士通


TOP