MRgFUS ExAblate 2100

GEヘルスケア・ジャパン

MRガイド下集束超音波治療器

MRガイド下での集束超音波治療を実現。

MRgFUS ExAblate 2100
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

ExAblate 2100は,子宮筋腫の症状改善を目的に,低侵襲治療器として製品化されたものです。集束超音波は, 焦点で熱エネルギーに変換されて組織温度を一定時間上昇させ,この熱的効果により子宮筋腫組織を壊死させます。
MRガイド下集束超音波治療は,患者様のQuality of Life向上に寄与する新たな治療の選択肢として今後ますます期待される治療法です。

メーカーページへ

特長<1>
集束超音波の照射による低侵襲な子宮筋腫の治療
MRガイド下で,子宮筋腫に体外から集束超音波を照射して治療しますので,麻酔もメスも使いません。日帰り治療を実現できます。
* 実際の治療においては,治療後の経過や体調により,場合によっては入院が延長となる場合もあります。

 

集束超音波の照射による低侵襲な子宮筋腫の治療

 

特長<2>
MR画像の位相データをもとにした温度マップ表示
集束超音波を照射している間も,MR装置でデータを取得していますので,リアルタイムに温度マップを確認できます。
温度管理しながら治療ができるので,安全性を確保できます。

 

MR画像の位相データをもとにした温度マップ表示

 

特長<3>
MRガイド下で,治療計画から治療評価まで実施

 

MRガイド下で,治療計画から治療評価まで実施

 

特長<4>
診断用MR画像撮像の時は,MR撮像テーブルへワンタッチ交換
ExAblate 2100は,GE HealthcareのMR装置とのみ接続が可能です。MRI専用のモービル型患者撮像テーブルとワンタッチ交換ができ,1台のMR装置を有効活用できます。

 

診断用MR画像撮像の時は,MR撮像テーブルへワンタッチ交換

・患者テーブル 
・ワークステーション
・エレクトロニクス・キャビネット
・クーリングシステム
・患者ポジショナー
・トリートメントキット:ジェルパッドおよび雑品
・オプション:ペルビックコイル FUS (1.5T)
* 1.5T MR装置と接続使用する場合はオプションとして構成される

・ 全国58か所のサービスセンター&ステーション
・ 各種メンテナンスメニュー
・ 電話回線利用 リモートサービスInsite 国内実績13,000台以上(*2013年1月時点)
・ 電話回線利用 リモートトレーニング TipVA

安全に対する機能

(1) リアルタイム・ハードウエアモニタリング
(2) 反射モニタリング
(3) キャビテーションモニタリング
(4) 安全装置・表示
  a) 照射停止ボタン
  b) 照射ランプ
  c) 緊急停止システム
  d) エネルギー密度制限領域(LEDR)
  e) 照射間隔可変設定

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
GEヘルスケア・ジャパン株式会社
東京都日野市旭が丘4-7-127
TEL 0120-202-021
www.gehealthcare.co.jp
担当部署:MR営業推進部


医療機器製造販売承認番号 22100BZX00931000
ExAblate 2100/2000 はMRガイド下集束超音波治療器 ExAblate 2000です。
医療機器認証番号 221ACBZX00058000
ペルビックコイル FUS(1.5T)はペルビックコイルFUSです。

製品ラインナップ

MRI 3.0T 超伝導型

SIGNA™ Architect

SIGNA Architect

MRI 3.0T 超伝導型

SIGNA™ Pioneer

SIGNA Pioneer

MRI 1.5T 超伝導型

SIGNA™ Artist

SIGNA Artist

MRI 1.5T 超伝導型

SIGNA™ Voyager G2

SIGNA Voyager G2

MRI 1.5T 超伝導型

SIGNA™ Explorer

SIGNA Explorer

MRI 1.5T 超伝導型

SIGNA™ Creator

SIGNA Creator

3T及び1.5T MR対応システム/超伝導型

MR Surgical Suite

MR Surgical Suite

MRガイド下集束超音波治療器

MRgFUS ExAblate 2100

MRgFUS ExAblate 2100
TOP