汎用X線透視診断装置 EXAVISTA

日立製作所

X線TVシステム デジタル(FPD)

革新の歩み,次なるステージへ

CLOSE UP 導入事例
汎用X線透視診断装置 EXAVISTA
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

X線透視の真のニーズを知る,そしてさまざまな臨床シーンで望まれる声に,独自の技術や関連システムで応えることが私たちの使命です。検査(Examination)に展望(Vista)を。
医療分野―検査・診断に置いて「撮る・診る・看る」ことへの思いを実現させたこのスタイル,このスペック。さまざまな領域に対応する広い視野,検査効率を向上させる,使いやすさと高い省スペース性を備えた,ハイエンドモデル「EXAVISTA」は,いま新たなステージへと進化を遂げています。

メーカーページへ

特長<1>
画像処理エンジン「FAiCE-V NEXT STAGE1」
日立が独自に開発した画像処理エンジン「FAiCE-V NEXT STAGE1」。高画質化を生み出し,低被ばくを実現します。さらなる視認性の向上,細部の明瞭化など,透視画像を高精細に描き出します。

 

特長<2>
VISTA Panel
ワイドダイナミックレンジ・低ノイズにより,高画質化を実現し,広範囲な透視・撮影を可能に。臨床シーンでのパフォーマンスを最大限に発揮します。

 

特長<3>
VISTA Desk
より使いやすさを追求することで,業務効率をアップ。日立独自の遠隔操作卓“VISTA Desk”が,さまざまな検査の場面をサポートします。

 

特長<4>
シンメトリーデザイン
開放感や快適性を追求した,自由度の高いオープン設計。検査を受ける人,検査をする人,双方の負担を軽減し,安定した検査に貢献します。

・透視撮影台
・X線管装置
・X線高電圧装置
・X線可動絞り
・波尾遮断装置
・遠隔操作卓
・画像処理ユニット
・モニタ
・付属品
 踏み台
 肩当(一組)
 被検者用握り棒(一組)
 バリウムカップ受け
 インターホン

■透視撮影台 テーブル 起倒動 立位約90°~逆傾斜位約90°
  横移動 26cm
  縦移動 131cm
映像系 縦移動 145cm
斜入角   ±35°
SID   120cm
■FPD サイズ 42.7×42.7cm
■X線高電圧装置 最大出力 50kW

・近接操作卓
・モニタ台車
・天板マット
・電動肩当
・DSA機能
・DICOM接続機能
・高画質透視録画装置
・HyperVIEW(長尺撮影機能)

(その他,詳細は弊社営業員へお問い合わせください。)

・全国に配置されたサービス拠点やサービスセンターとの連動
・各種の保守メニューを用意し,お客様の要望に対応できる体制でサポート致します。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
株式会社日立製作所 ヘルスケアビジネスユニット
〒110-0015 東京都台東区東上野2-16-1 上野イーストタワー
http://www.hitachi.co.jp/healthcare
担当部署:診断システム事業部マーケティング部


TOP