Ingenuity Core

フィリップス・ジャパン

CT 64スライス

Be connected in the future
未来を切り開く新基準,新プラットフォームの64スライスCT

Ingenuity Core
掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

Ingenuity CoreはPhilips独自の逐次近似応用画像再構成法“iDose4”を搭載することが可能で,ルーチン検査における空間分解能の向上,アーチファクト抑制による画質向上や被ばくの低減を高いレベルで実現します。 新開発のX線管球であるMRC Iceは液体金属ベアリング,ダイレクトクーリングといった先進技術に加え,さらなる最新技術セグメンテットアノードを採用する事によってハイパワーと長寿命を両立します。

メーカーページへ

特長<1>
第4世代画像再構成法:iDose4
iDose4はノイズ低減を目的としたフィリップス独自の逐次近似応用再構成技術です。これにより被ばく低減,画質向上,造影剤量の低減などさまざまな臨床応用を可能としています。iDose4は7段階のSD改善レベルをコントロール可能であり,検査の目的,部位,撮影条件に合わせた使用が可能です。

第4世代画像再構成法:iDose4

 

特長<2>
専用管球:MRC Ice
ユニバーサルCTとして「夜間救急でも常にすぐにCTが使える」というニーズを満たすために新開発されたMRC Iceの搭載によりウォーミングアップが必須でなくなり,いつでもすぐにCTを使うことが可能です。

 

特長<3>
安定した心臓検査
40mm Volume Detectorにより10秒以下の息止めで心臓検査を終了します。さらにフィリップス独自のMaxCycleReconとBeat to Beat Delayアルゴリズムにより,心拍の変動する被検者でも安定した検査が可能です。

 

特長<4>
整形インプラント用金属アーチファクト抑制技術:O-MAR
O-MAR(Metal Artifact Reduction for Orthopedic implant)は整形インプラント用に開発された金属アーチファクトを抑制する全く新しい画像再構成法です。Dual Energy等の特殊な撮影や複雑な操作を必要とせず,再構成条件のチェックボックスをクリックするだけで金属アーチファクトを抑制した画像を取得できます。

整形インプラント用金属アーチファクト抑制技術:O-MAR

・ガントリ本体
・被検者テーブル
・操作コンソール
・付属品

・MRC Ice(30MHU-eff)
・RapidView IR
・1024マトリクス画像再構成
・定格出力80kW
・管電流10-665mA
・管電圧80,100,120,140kV

・第4世代逐次近似画像再構成法:iDose4
・整形インプラント用金属アーチファクト抑制技術:O-MAR
・心電同期スキャンパッケージ
・その他

各種メンテナンスプランをご用意しております。
詳細については担当者へお問い合わせください。

掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら

●お問い合わせ先
株式会社フィリップス・ジャパン
東京都港区港南2-13-37 フィリップスビル
お客様窓口 TEL 0120-556-494
www.philips.co.jp/healthcare


製品ラインナップ

CT 64列/128スライス/2層構造

IQon スペクトラル CT

IQon スペクトラル CT

CT 256スライス

Brilliance iCT Elite

Brilliance iCT

CT 64列/128スライス(データ収集)

Brilliance iCT SP

Brilliance iCT SP

CT 64列/128スライス(アップサンプリング)

Ingenuity Elite

Ingenuity CT

CT 64スライス

Ingenuity Core

Ingenuity Core

CT 16スライス

MX-16

MX-16
TOP