XTREKシリーズ / ユーザー事例 社会医療法人 稚内禎心会病院(PACS・ジェイマックシステム)

2011-2-1

ジェイマックシステム

PACS関連


最北の地唯一の脳神経外科専門病院で,フィルムレス化を達成,地域医療に貢献!

社会医療法人 稚内禎心会病院

稚内禎心会病院は,社会医療法人 禎心会グループの病院として,1999(平成11)年に開院,設立の理念を「急性期から慢性期,在宅まで一貫した医療,療養サービスを,患者様を中心とし地域に密着して行うこと」と掲げています。宗谷管内で唯一,脳神経外科の専門医療を提供すると病院として,質の高いリハビリテーションを提供。隣接地には介護老人保健施設,在宅事業所などを併せ持ち,総合的に医療,介護サービスを提供しています。病床数は110床(一般50床,療養60床),診療科目は脳神経外科を中心に,リハビリテーション科,内科,消化器科,循環器科,外科を標榜し,ほかに脳ドック・一般・企業健康診断を実施し,地域医療に貢献しています。稚内禎心会病院では2010(平成22)年7月に,統合型PACSソリューション「XTREK」シリーズを導入。CT,MRI,CRに加え,アンギオ,超音波,眼底写真,内視鏡など,ほとんどのモダリティをPACSサーバで管理。フィルムレスによる画像運用を実現しました。

●稚内禎心会病院 奥村智吉院長に聞く

稚内禎心会病院 奥村智吉院長

─導入前・導入後,院内の業務はどのように変わりましたか?

開院後,10年も経過しますとフィルムの量も増大し,保管する倉庫を増やすにも限界にきておりました。過去のフィルム管理も大変で,必要とするフィルムを探すのに場合によっては30分以上かかることもありました。また,フィルムというのは当時の診断に必要な条件で残してありますので,過去のフィルムを今見たい条件に変えるということは当然できません。PACSを導入したことにより過去画像との比較が容易となり,診断効率が格段に向上しました。また,検査室から診察室へフィルムを運ぶことや,必要時に倉庫へ行くこともなくなり,職員の動線も合理的になり作業効率も向上しました。

─各診察室にもモニタを配置してますが,インフォームド・コンセントでの患者さんの反応はいかがですか?

今までフィルムを出してもみなさんよく見なかったんですね。確かにフィルムでは小さな 画像が,大きく焼いても9スライスや12,16スライスとして1枚に写っています。それらをいちいち見るというのは面倒ですし,小さいのではっきりとは見えません。しかし,モニタ上で画像を1枚で表示することが可能となり,ズームなどを使って表示すると,「ここが悪かったんですか」とよくわかってもらえます。また,過去の画像と比較することで,「少し脳梗塞が増えてきましたね」とか「血管が細くなりましたね」「脳萎縮が少し進みましたね」などの説明についても説得力があり,患者様の理解度も高まったと思います。

─画像ワークステーション「XTREK VIEW」のGUIや機能はいかがですか?

外来診察室や病棟,手術室で使用する場合も,ログイン後,自分専用にボタン配置された画面が出てくるので大変便利です。また,ショートカット機能を自由に設定することもできます。どこの端末でも自分専用のレイアウト画面で見ることができる,自分のオフィスにいるような感覚で見られるのが良いところですね。

●放射線部 牧野浩之科長に聞く

放射線部 牧野浩之科長

─システム導入において,特に留意された点について教えてください。

簡易画像サーバとはいえ,かなりの画像が保存されていましたので,それらすべてを取り込み,移行できるかが課題でした。約4年分の画像が保存されていましたので,サーバの容量や増設,これからの耐用年数についても考慮しました。また,データを転送する前にフィルムと同様に確認ができる検像システム(XTREK QA)があること,入力作業を大幅に削減し,入力ミスを防ぐことができるMWMが可能なことにも留意しました。

─導入後の費用効果,安全面についての変化などはいかがでしょうか。

フィルムの購入費用がかからなくなったこと,ロスフィルムがなくなったこと,フィルムを保管する倉庫が不要になることで,コストの削減につながっています。MRA検査では撮影した画像をフィルムにしていたため,ドクターが気になる箇所があると電話で連絡をもらったりしていたのですが,PACS導入後は元データもそのまま配信できますので,そのような問い合わせもなくなり,時間短縮にもつながっていると思います。

 

●お問い合わせ先 
株式会社ジェイマックシステム
〒060-0034
札幌市中央区北4条東1丁目2-3 札幌フコク生命ビル10F
TEL 011-221-6262
E-mail sales@j-mac.co.jp
http://www.j-mac.co.jp

ジェイマックシステム

PACS関連


掲載製品の資料請求・お見積もりはこちら
(ITvision No. 23 / 2011年7月号)
ヘルスケアIT展(医療ITのバーチャル展示会)
    TOP