NTTドコモ,AI利用の文字読取ソフト「DX Suite」と定型作業の自動化RPA「WinActor」の導入で医療機関の業務を効率化
-医事日報作成など年間1159時間の業務を削減-

2020-3-25

入力関連

AI


(株)NTTドコモ(以下,ドコモ)は,医療法人財団 荻窪病院(以下,荻窪病院[許可病床数:252床])において,看護師や医療事務職員の働き方改革の一環として,光学式文字読み取り(OCR)にAIを取り入れてより認識精度を高めたAI-OCRと,定型作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用し,医事日報作成や勤務報告書のチェックなど一連の定型業務の大部分を自動化した。2019年11月から2020年3月の期間で11業務の自動化に成功し,推計値として年間1159時間の業務削減に相当する成果をあげた。本取り組みを,200床規模の他の病院で活用すると,年間で数百時間以上の効率化を実現できる見込み。荻窪病院では中規模病院を対象とした見学の受け入れも開始予定である。

本取り組みで導入したのは,AI inside(株)が提供するAI-OCRソフト「DX Suite®(ディエックス・スイート)」とNTTアドバンステクノロジ(株)が提供するRPAツール「WinActor®(ウィンアクター)」。DX SuiteとWinActorを組み合わせて活用した業務の効率化は,医療機関では全国初※1の取り組み。

慢性的な人材不足に悩む医療業界において,PC上での手作業や手書き書類の処理など,膨大な手間と時間がかかる定型業務を効率化して過重労働を減らし,患者と向き合う時間を創出することは,大きな課題となっている。

本取り組みでは,勤務報告書や法定講習アンケートなどの手書き書類をスキャナーで読み込んだ後,認識 精度の高いAI-OCRを利用して,自動で文字データに変換する。さらに,定型作業を自動化するRPAがデータの集計やシステムへの入力を行うことで,報告書を自動作成する。

荻窪病院では,RPA単独利用を含めると,医事日報の作成や血液培養陽性患者を対象とした抗菌薬使用状況の確認資料の作成など11業務の自動化に成功した。

今後,自動化業務の領域を拡大し,年間3,000時間相当の業務効率化をめざす。

NTTドコモ,AI利用の文字読取ソフト「DX Suite」と定型作業の自動化RPA「WinActor」の導入で医療機関の業務を効率化

 

DX Suiteはクラウド型サービスであるため,これまでは情報セキュリティーの観点から閉域ネットワーク内での運用が必須とされる医療機関において導入は難しいとされてきた。今回,個人情報と診療情報は,原則的に取り扱い不可にすること,使用者とアクセス端末の権限をきめ細かく設定すること,読み取りを行う資料の事前承認を必須にすることなど,運用ガイドラインを厳密に制定することで医療機関への導入に至った。

※1 AI inside(株)調べ,およびNTTアドバンステクノロジ(株)調べ。

 

●問い合わせ先
(株)NTTドコモ
法人ビジネス戦略部 サービス企画担当
メール:winactor-ml@nttdocomo.com
https://www.nttdocomo.co.jp/

入力関連

AI


TOP