バイエル薬品,医療関係者向けに人工知能(AI)を搭載した製品情報検索システム「DIチャットボット」の提供開始

2020-11-17

AI


バイエル薬品(株)は,医療関係者向けに高脂血症治療剤(ロスーゼット®,アトーゼット®,ゼチーア®)*の製品基本情報をオンラインで24時間365日検索できる製品情報検索システム「DIチャットボット」の提供を11月17日より開始した。

「DIチャットボット」は,木村情報技術(株)が開発したIBM Watson日本語版を活用した人工知能(AI)が搭載されている。利用者が入力した質問に対して登録されたデータベースの中から,その質問に最も近い回答をAIが判断して提示するとともに,その質問に関連する情報も合わせて提示する。製品添付文書やインタビューフォームに記載されている基本的な質問であれば,「DIチャットボット」を利用することでリアルタイムなコミュニケーションが可能となり,医療関係者がさらに迅速に必要とする情報にアクセスすることが可能になる。

医療関係者向け情報サイト「バイエル ファーマナビ(https://pharma-navi.bayer.jp/)」では,製品に関する総合的な情報や医療関係者の方に役立つ情報をいち早く届けている。新たに導入する「DIチャットボット」により製品検索の利便性の向上を図り,脂質代謝異常症の患者さんの治療に貢献していく。

製品情報検索システム「DIチャットボット」 (PC・スマートフォン・タブレット対応)
https://pharma-navi.bayer.jp/atozet/user-policy.php

※日本において製品名「ロスーゼット®配合錠LD/HD」「アトーゼット®配合錠LD/HD」「ゼチーア®錠10mg」としてバイエル薬品とMSD株式会社が共同販売を行っている。

 

●問い合わせ先
バイエル薬品(株)
www.byl.bayer.co.jp/

AI


TOP