メドレー,高知県幡多医師会,ドコモ,CLINICSオンライン診療・Pharms・地域医療情報ネットワークを活用したオンライン医療実証事業を支援

2021-6-28

遠隔診療


(株)メドレー(以下「メドレー」)と一般社団法人幡多 医師会(以下「幡多医師会」)および(株)NTTドコモ四国支社(以下「ドコモ」)は,高知県幡多地域の宿毛市と大井田病院が実施する,オンライン診療・オンライン服薬指導および地域医療情報ネットワークを活用した「SUKUMOオンライン医療実証事業」(以下「本事業」)に協力する。

オンライン診療・オンライン服薬指導・地域医療情報ネットワークを活用した「SUKUMOオンライン医療実証事業」のイメージ

オンライン診療・オンライン服薬指導・地域医療情報ネットワークを活用した「SUKUMOオンライン医療実証事業」のイメージ

 

宿毛市の病院の立地は全て東西を横断する国道56号線沿いであり,南北の中山間地域からのアクセスに一定のハードルがある。また,宿毛市は高齢化率が全国平均の約1.5倍(40%)であり,高齢者における多剤服用や重複投薬の抑制も喫緊の解決すべき課題となっている。これらを受け,宿毛市と大井田病院は「宿毛市民の医療へのアクセシビリティ向上による治療の継続」などに向けた有用性の検証を目的に,メドレーが提供する「CLINICSオンライン診療」・「Pharms」と幡多医師会が運営する地域医療情報ネットワーク「高知家@ライン はたまるねっと」を活用して本事業を実施する。本事業においてメドレーは,オンライン診療やオンライン服薬指導の各種サポートを行う。ドコモは,本事業に必要となるタブレット端末および通信環境を提供する。

メドレー,幡多医師会,ドコモは,地域医療の課題解決の手段の一つとして,他の協力各者とも連携して宿毛市におけるオンライン診療・オンライン服薬指導および地域医療情報ネットワークの活用を推進していく。

<幡多医師会 会長 奥谷 陽一氏のコメント>
「人口10万人足らずが広範な地域に散在する特殊な地域特性を有し,かつ過疎化および超高齢化が進む幡多保健医療圏において,患者の医療へのアクセス向上と重複投薬などの抑制は早期に解決すべき大きな課題です。高知県幡多地域の宿毛市で始まる,オンラインを通じて患者とかかりつけ医・かかりつけ薬剤師が繋がる今回の取組みには,それらの課題を同時に解決できる可能性を感じています。今回の取組みでその有用性が示されれば,地域の患者へよりよい医療を提供していくためにも,そして医療機関にとっても効率的な医療提供体制を構築していくためにも,メドレー社等と協力して幡多医療圏内の医療機関での活用も推進していきたいと思います。」

●「SUKUMOオンライン医療実証事業」の概要

【実施主体】
宿毛市,特定医療法人長生会 大井田病院

【事業内容】
オンライン診療・オンライン服薬指導および地域医療情報ネットワーク「高知家@ラインはたまるねっと」を組み合わせて活用することにより,「市民の医療へのアクセシビリティ向上による治療の継続」「医療機関の相互情報共有による市民への多剤服用・重複投薬の低減」「医療機関における効率的な医療提供体制の構築」の同時実現の可能性と有用性を検証する。

【事業期間】
2021年6月28日~2021年12月28日

【実施協力者】
幡多医師会 / 宿毛医師会 /宿毛市社会福祉協議会 / 高知県 / 高知大学医学部 / 吉村調剤薬局 / すみれ薬局 / (株)メドレー / (株)NTTドコモ四国支社 / (株)パシフィックメディカル / (株)シーメック

 

●問い合わせ先
(株)メドレー
https://www.medley.jp

遠隔診療


TOP