メドレー,ドコモ,NTT Comが新型コロナ自宅療養者への速やかなオンライン診療を可能とするシステムを無償提供
〜アプリやシステム導入作業なくオンライン診療の実施が可能,医師会・自治体と積極的な連携へ〜

2021-8-20


(株)メドレー(以下「メドレー」),(株)NTTドコモ(以下「ドコモ」),NTTコミュニケーションズ(株)(以下「NTT Com」)は,直近の新型コロナウイルスの感染拡大および自宅療養者の増加にともなう社会的な要請の高まりを受け,医療機関が新型コロナウイルスの自宅療養者に対して速やかにビデオ通話を用いたオンライン診療を実施するためのシステム(以下「本システム」)を提供することとし※1,8月20日から本システムについての問い合わせ受付を開始する。本システムでは,医療機関が自宅療養者の携帯電話番号宛にオンライン診療用のURLをSMS送信し,患者がスマートフォンやタブレット端末で届いたURLをクリックするだけで,オンライン診療を利用することが可能※2

メドレー,ドコモ,NTT Comが新型コロナ自宅療養者への速やかなオンライン診療を可能とするシステムを無償提供

 

なお,オンライン診療を実施するための通信環境や端末を持たない医療機関に対しては,必要な通信機器を貸し出す。一定の期間においてシステム提供および機器の貸し出しを無償とすることで,医療現場への貢献につとめていく※3

また,新型コロナウイルスの自宅療養者への対応は地域で取組むことが重要であり,個別の医療機関に対してだけではなく,医師会や自治体などからの要請に対しても積極的に連携していく。

※1.本システムは,新型コロナウイルスの自宅療養者に対するオンライン診療に限定して提供するもの。
※2.オンライン診療の実施環境として「ビデオトーク powered by 空電」を活用する。
※3.無償での提供期間は未定。新型コロナウイルスの収束状況などを踏まえ今後検討する。

●取組みの背景

昨今,増加傾向にある新型コロナウイルスの自宅療養者において,患者と医療のつながりが途切れることによる重症化や往診時の医療従事者の感染リスクが課題となっている。これらを解決する選択肢としてオンライン診療の需要が高まっているが,自宅療養者の体調変化への対応(急性期対応)においては,患者が事前にアプリのダウンロードやアカウント設定,診療予約などは行わずに,速やかにオンライン診療を開始できる仕組みが求められる。また,自宅療養者のフォローアップに関する医療費は公費負担であり,患者から医療機関への支払いは原則として発生しないため,クレジットカード登録も必要ない。
そのため,かかりつけの患者へのオンライン診療を中心に設計された「CLINICSオンライン診療」ではなく,医療機関と自宅療養者の双方が負担なく速やかにオンライン診療を実施できる必要十分なシステムとして,本システムを提供することとした。

本取組みを通じて,患者と医療とのつながりを絶やさぬ選択肢としてオンライン診療を活用することで,自宅療養者の重症化予防や医療従事者の感染拡大防止に貢献したいと考えている。

引き続き,メドレー・ドコモ・NTT Comは連携し,オンライン診療の適切な普及に貢献するとともに,医療機関・患者双方にとってよりよい医療の実現をめざしていく。

 

●問い合わせ先
<導入相談窓口>
(株)メドレー 事業連携推進室 山下・佐藤
E-mail:online-for-covid@medley.jp(営業時間:平日10:00-19:00)


TOP