トレンドマスター,コミュニケーションロボット「なでなでねこちゃん」に新シリーズが登場

2019-9-25


トレンドマスターブース

トレンドマスターブース

トレンドマスターは,シンプルなコミュニケーションロボットの総合メーカーとして,「なでなでねこちゃん」シリーズをはじめとしたオリジナル商品や他社製ロボットなど,比較的安価で高齢者施設などにも導入しやすいコミュニケーションロボットを取り扱っている。ブースでは,自社製品の「なでなでねこちゃん」シリーズ,「なでなでワンちゃん」シリーズ,「こんにちは赤ちゃん」のラインアップを展示し,2011年の創業から約8年で,高齢者向けコミュニケーションロボットの販売数が累計10万台を達成したことを紹介した。

新製品としては,創業当初から展開している「なでなでねこちゃん」のデザインをリニューアルした「ST2シリーズ」(3800円・税別)と,高齢者をメインターゲットとした「なでなでねこちゃんDX3」(5980円・税別)を紹介した(いずれも9月25日発売)。なでなでねこちゃんは,静電センサー(DX3では頭・顎・背中・しっぽの4か所)を内蔵しており,なでたり触ったりすると録音した本物のネコの声で鳴く。実証試験などにも採択され,ネコ好きの高齢者にリラックス効果が期待される。なでなでねこちゃんDX3は本物のネコに近い形状で触り心地も改良。これまではミケネコやトラネコなどのデザインで展開していたが,今回発売された新シリーズでは,アメリカンショートヘア,シャム,ロシアンブルーをモデルとしたデザインをラインアップした。

「なでなでねこちゃん」シリーズの新製品。「なでなでねこちゃんDX3」(左:アメリカンショートヘア),「なでなでねこちゃん」(右)

「なでなでねこちゃん」シリーズの新製品。「なでなでねこちゃんDX3」(左:アメリカンショートヘア),「なでなでねこちゃん」(右)

 

「なでなでワンちゃん」シリーズの「秋田犬HACHI」

「なでなでワンちゃん」シリーズの「秋田犬HACHI」

 

喃語(なんご)で話す「こんにちは赤ちゃん」はアジア圏でも好評

喃語(なんご)で話す「こんにちは赤ちゃん」はアジア圏でも好評

 

「BOCCO」(ユカイ工学:右から2つ目)や「アボットライリー」(インターテクノロジー:右)などのコミュニケーションロボット,見守りロボットを展示

「BOCCO」(ユカイ工学:右から2つ目)や「アボットライリー」(インターテクノロジー:右)などの
コミュニケーションロボット,見守りロボットを展示

 

●問い合わせ先
トレンドマスター株式会社 マーケティング本部
〒211-0012 神奈川県川崎市中原区中丸子327
TEL・FAX●044-422-1641
E-mail●a_nakada@trendmaster.co.jp
URL●http://trendmaster.co.jp/


国際福祉機器展 H.C.R.2019
    TOP