ITEM2021 トーレック 
ブースインフォメーション

  • information

2021-3-25


ブースNo.C3-04

●担当者からのメッセージ

トーレックでは,医療の場に安心と安全をもたらすべく,診断用X線装置のための精度管理機器や,患者・術者のための被ばく管理機器,また,MRI室内で安全に検査を行う為の,磁性体検出装置などの製品を取り揃えております。

●ここが見どころ

MRI検査では,吸着事故や衣服内あるいは身体に装着された金属片などによる熱傷事故,そしてアーチファクトを防ぐことが重要です。そこで本展示会ではこれらの事故を防止する製品として,1本型の磁性体検出器やMRI用ハンディタイプ型高機能金属探知機を展示しています。
展示ブースでは,金属片等のサンプルを用いて磁性体検出器や高機能金属探知機の性能を実感することができる工夫をしております。

●主な展示製品

・MRI用磁性体検出器 フェロガード・スクリーナー
フェロガード・スクリーナーは更衣室やMRI室入室前のスペースに設置して,磁性体が身についていないかを確認します。頭の先からつま先まで広くカバーする最大感度を有しており,ヘアピンやホッチキスの針など小さなリスクアイテムも見逃しません。スクリーナーの前でゆっくりと回っていただくだけなので患者に不快感を与えず,時間もかけずに検査が可能です。

MRI用磁性体検出器 フェロガード・スクリーナ

 

・MRI用ハンディタイプ型高機能金属探知機 Ceia PD240CH
Ceia PD240CHはMRIでの安全検査用途として新たに開発された金属探知機です。
高感度の金属探知機は,従来の金属探知機では検出することが難しい微小サイズの金属や磁性体に対する優れた検出能力を有しています。(増毛パウダーやピップ・エレキバン等も検知可能。)
微小金属及び体内埋め込み金属の検出に併せて,それらを磁性体・非磁性体に識別判定することが可能です。

MRI用ハンディタイプ型高機能金属探知機 Ceia PD240CH

 

・光ファイバー式線量計 RD-1000
低侵襲治療であるインターベンショナルラジオロジー(IVR)の症例数が増える一方,長時間のX線透視により,患者被ばく量の増加が懸念されています。
RD-1000では,リアルタイムで患者の入射線量を直接測定することで,より正確に患者の線量管理ができます。センサー及びケーブルはX線透過に優れているため,X線画像への影響は最小化されており,4つあるセンサーは独立して測定することができます。PCとの接続でデータ管理が容易にできる実用性に優れた線量計です。

光ファイバー式線量計 RD-1000

 

・X線乳腺組織画像表示装置 MB 1024-DR
マンモグラフィー検査後の吸引式乳腺組織生検において,採取検体の石灰化含有の有無を瞬時に確認する検査支援ツールです。検査時間を大幅に短縮できるので,患者と検査技師の負担を軽減します。
本体内の検査台は上段と下段があり,上段にセットすると高精細な2倍拡大画像(24μ/pixel分解能)が得られる上,高解像度,高精度なX線センサーにより,検査ボタンを押してから約10秒で画像表示が可能です。また,本体にはX線シールドが施されており,外部漏洩がないので設置場所を選びません。

X線乳腺組織画像表示装置 MB 1024-DR

 

その他
・RaySafe 製品

 

●トーレックブース

トーレックブース

 

●お問い合わせ先
社名:トーレック株式会社
住所:〒223-0052 神奈川県横浜市港北区綱島東5-6-20
TEL:045-531-8041
URL:https://toreck.co.jp/


TOP