innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
  • 2021 Hi Advanced MR Webセミナー
  • 富士通,産官学共同によるAI研究開発,実証,社会実装を加速産業技術総合研究所の「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」を受注

    2020-11-13

    「FUJITSU Server PRIMERGY GX2570」の次期モデル

    「FUJITSU Server PRIMERGY GX2570」の次期モデル

    富士通(株)は,国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下 産総研)より,産官学におけるAI 研究開発を加速させるスーパーコンピュータシステム「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」を受注した。

    「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」は,1ノードあたり8基のGPU(注1)を搭載し,ディープラーニングなどのAIを活用する大規模な解析業務に適した2WAYラック型(4U)サーバ「FUJITSU Server PRIMERGY GX2570」の次期モデル120台と11.2ペタバイトの大容量ストレージシステムで構成されます。AI分野で重要視される半精度浮動小数点演算(注2)の理論ピーク性能では300 ペタフロップス(注3),従来のシミュレーション分野などで主に用いられる倍精度浮動小数点演算(注4)で19.3ペタフロップスとなる見込み。

    「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」は,産業技術総合研究所 柏センターのAIデータセンター棟に増設され,2021年度から運用を開始する予定。

    ●背景

    産総研では,AI技術に関する最先端の研究開発および産業分野などへの社会実装を加速させるため,アルゴリズム,ビッグデータ,計算能力の協調による高度なAI処理を可能とする「AI橋渡しクラウド基盤(以下,「ABCI」)」の運用を2018年8月1日より開始している。富士通が受注し構築した「ABCI」は,受注当時,世界最高水準の機械学習処理能力,高性能計算能力,および省電力性を備えたAI用途向けのクラウド基盤であり,運用開始以降,AI関連のスタートアップ企業から総合電機メーカーまで1,000人を超える利用者が,最先端技術を活用したAI研究開発を行ってきた。

    昨今,産官学におけるAI研究開発の需要の急速な高まりを受け,産総研様は,「ABCI」を増強するため,「ABCI」の基本的な構成を踏襲しつつ,より高性能な計算システムや大容量ストレージシステムなどを組み合わせた「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」を新たに導入する。富士通は,既存の「ABCI」での導入実績のほか,GPUを8基搭載した最新PCサーバ120台と11.2ペタバイトの大容量ストレージシステムで構成したシステムや,富士通ならびに(株)富士通研究所(注5)が持つ技術力を結集した提案が評価され,本システムの受注に至った。

    ●「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」の特長

    1. 最新サーバ120台で構成したAI用途向け大規模クラウド基盤
    1ノードあたり8基のハイエンドGPU「NVIDIA A100」および2基のCPU(第 3世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー:開発コード名 Ice lake)を搭載した「FUJITSU Server PRIMERGY GX2570」の次期モデル120台を提供する。これにより,「ABCI」と「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」の合算で,半精度浮動小数点演算の理論ピーク性能は850ペタフロップス,倍精度浮動小数点演算では56.7ペタフロップスとなる見込み。これは2020年6月の最新のスパコンランキングTOP500リストの国内2位,世界6位に相当するもの。

    2. 既存の「ABCI」と「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」の一体運用を実現する大容量ストレージシステム
    「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」に搭載する11.2ペタバイトの大容量ストレージシステムを,すでに稼働している「ABCI」のストレージシステムと連携させ,相互アクセスを可能にすることで,「ABCI」と「AI橋渡しグリーンクラウド基盤」の一体運用が可能となる。

    注1 GPU:
    Graphics Processing Unitsの略。画像処理や画面描写に特化して処理を実施する演算装置。
    注2 半精度浮動小数点演算:
    浮動小数点方式で表現された数の一種で,16ビットの形式によりコンピュータ上で表現可能な浮動小数点数を表す。
    注3 ペタフロップス:
    PFLOPS(Peta Floating-point Operations Per Second)。Petaは1,000兆(10の15乗)のことで,毎秒1,000兆回の浮動小数点演算ができることを表す。
    注4 倍精度浮動小数点演算:
    浮動小数点方式で表現された数の一種で,64ビットの形式によりコンピュータ上で表現可能な浮動小数点数を表す。
    注5 株式会社富士通研究所:
    本社 神奈川県川崎市,代表取締役社長 原裕貴。

     

    ●問い合わせ先
    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    TEL 0120-933-200
    受付時間: 9時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)