innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
第5回医療革新セミナー

フィリップス,放射線治療計画装置「Pinnacle」の最新バージョン「Pinnacle Evolution(ピナクル・エボリューション)」を発売

2021-3-10

Pinnacle Evolution

(株)フィリップス・ジャパン(以下 フィリップス)は,放射線治療計画装置「Pinnacle」の新バージョン「Pinnacle Evolution」を4月1日(木)より販売開始する。

日本において放射線によるがん治療は近年ますますその件数が増加しており,またIMRT(強度変調放射線治療)に代表される高精度放射線治療が一般化している。この状況の中で放射線治療計画を行う機器にはユーザーのニーズに迅速に応えること,また個々のスキルに依存せず高品質な治療を短時間で作成できることが望まれ,これらを実現するための自動化と効率化が求められている。

「Pinnacle」は,2001年に日本で販売開始して以来,オールインワンの多機能な放射線治療計画装置として,これまでに約300施設に導入され,顧客から好評を得ている。

新バージョン「Pinnacle Evolution」では,IMRTやVMAT(強度変調回転放射線治療)の治療計画において作業者の負担を軽減し,高品質な放射線治療計画を実現する。また,ART(適応放射線治療)に対しても高精度な非剛体レジストレーションを使用したワークフローを提供する。

Pinnacle Evolution

Pinnacle Evolution

 

●「Pinnacle Evolution」の製品特長

1.  洗練されたユーザーインターフェイスで,直観的な操作性を実現
従来の使用感を踏襲しながらも,現代の放射線治療計画にふさわしい洗練されたユーザーインターフェイスを実装。従来からPinnacleを使用しているユーザーはもちろん,新しくPinnacleを使用する人も違和感なく使うことができる。

2. IMRT/VMAT最適化アルゴリズム「Evolution Optimizer」で,70%の高速化[1]を実現(オプション)
IMRT/VMAT最適化アルゴリズムを新たに再構築した「Evolution Optimizer(エヴォリューション・オプティマイザー)」では,生成される治療計画の品質はそのままに,従来比約70%の高速化[1] を実現している。

3.  自動IMRT/VMAT最適化アルゴリズム「Personalized Planning」で,高品質なIMRT/VMAT治療計画を自動生成(オプション)
従来の「Pinnacle」で好評価の自動IMRT/VMAT最適化アルゴリズム「Auto-Planning(オートプランニング)」が,新たに「Personalized Planning(パーソナライズドプランニング)」として生まれ変わった。作業者に時間的負担をかけてきたIMRT/VMATの治療計画最適化が高度に自動化され,従来と比較して短時間で高品質な治療計画を作成できる。すべての症例で初めての患者から活用できる。

4. 新規導入された「Feasibility Study」モジュールにより,IMRT/VMAT最適化前の達成度推定が可能に(オプション)
IMRT/VMATの治療計画最適化で常に問題になってきた,治療計画の品質はどの程度まで高められるのかが見定めがたいことへの解決策として「Feasibility Study(フィージビリティスタディ)」を新しく導入。「Personalized Planning」でIMRT/VMATの治療計画最適化を行う前に「Feasibility Study」を使用すれば,最適化をより短時間で行い,かつ高品質な治療計画を得ることができる。また最適化を行った後に使用すると,作成されたIMRT/VMAT治療計画にさらに改善の余地があるのかどうかを客観的に判断することができる。

[1]:最適化に要する時間は計画の種類によって異なる。数値はPinnacle 9.10と14.0との比較。

 

●問い合わせ先
(株)フィリップス・ジャパン
ブランドコミュニケーション部
TEL 03-3740-5896
www.philips.co.jp/healthcare