innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
第5回医療革新セミナー

フィリップス・ジャパン,病院業務の包括的支援や地域連携など,データをつなぎケアの質を向上させるプラットフォームをPR

2021-8-4

データ連携で医療機関を支援するソリューションを展示したフィリップス・ジャパンブース

データ連携で医療機関を支援する
ソリューションを展示した
フィリップス・ジャパンブース

フィリップス・ジャパンは,データの統合管理・共有で病院業務や地域連携を支援するソリューションを展示した。トータル・ホスピタル・マネジメント・ソリューション「Tasy」は,従来,電子カルテや部門システムなどに分散していた情報のデータベースを一つにして最適化する病院情報システム。病院業務,診療,部門,看護,病棟,経営管理の多彩な機能を内包し,Webベースのプラットフォームで利用できる。臨床意思決定支援(CDS)やダッシュボード機能,バランスト・スコアカード機能(BSC)などの機能を有し,臨床から病院経営まで支援するとともに,高度なプライバシー保護・セキュリティ機能を実装している。

「Tasy」のクリニカルオーダ画面。オーダや実施状況をタイムラインで一覧でき,入力時はアレルギーなどの警告がリアルタイム表示される。

「Tasy」のクリニカルオーダ画面。オーダや実施状況をタイムラインで一覧でき,入力時はアレルギーなどの警告がリアルタイム表示される。

 

また,標準規格でシステムを接続し地域連携に活用する「Interoperability Solutions」と「Vue PACS」サーバをVNA統合アーカイブとして活用する「Vue Archive」をアピールした。地域連携においては,IHEなどの標準規格で地域の医療施設や他の地域医療ネットワークと接続し,Webベースでの画像や診療情報の共有,検査依頼,紹介状送信などを可能にする。Vue Archiveは,non DICOMデータの取り込みにも対応し,VNA専用,PACSとの兼用,クラウド活用など,多彩な構成が可能。院内での利用だけでなく,遠隔読影や自院の診療・画像情報を地域医療機関と共有するための基盤としても活用できる。

「Interoperability Solutions」による地域医療連携イメージ

「Interoperability Solutions」による地域医療連携イメージ