innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
  • 2021 Hi Advanced MR Webセミナー
  • ITEM2017 富士通 取材速報 Web型電子カルテシステム「HOPE LifeMark-HX」と連携する画像ソリューションを紹介

    2017-4-15

    富士通ブース

    富士通ブース

    富士通は,大規模病院向け電子カルテシステム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-HX」に対応する“診療画像ソリューション”や,画像検査や生体検査部門をサポートする自動受付や案内表示,造影剤注入器との連携など周辺機器ソリューションなどを中心に展示した。富士通は,ヘルスケアICT基盤「Healthcare Information Suite」の一環として2015年に主力となる電子カルテシステムをWeb型のアーキテクチャを採用したLifeMark-HXに一新した。放射線部門の画像ソリューションについてもPACS,RISで横河医療ソリューションズと提携するなど,次世代の医療情報システム基盤の構築を進めている。

    展示では,昨年から引き続き電子カルテとの高度な連携を実現したPACS「HOPE LifeMark-PACS」,放射線治療のチーム医療をサポートする「HOPE LifeMark-治療RIS」,電子カルテと統合したRISである「HOPE LifeMark-HX生体検査ライブラリ」を展示し,電子カルテとの連携をさらに深めて医療安全や業務効率化を支援する機能を紹介した。

    また,現在開発中のVNA(vendor neutral archive)に対応するソリューションである「HOPE LifeMark-HX統合ストレージ・ビューワ」についても展示し,LifeMark-HXの電子カルテ画面のウインドウとして統合ストレージに保存されたドキュメントなどのデータが表示できる機能をアピールした。

    そのほか,周辺機器ソリューションでは生体検査ライブラリのインジェクタ注入情報(根本杏林堂),線量管理情報の取り込み,自動受付や患者案内などと連携するシステムを紹介した。

    電子カルテと高度に連携する「HOPE LifeMark-PACS」

    電子カルテと高度に連携する
    「HOPE LifeMark-PACS」

    電子カルテ内に配置してデータ参照できるユニバーサルビューワ

    電子カルテ内に配置してデータ参照できる
    ユニバーサルビューワ

       
    電子カルテと統合したRISである「HOPE LifeMark-HX生体検査ライブラリ」

    電子カルテと統合したRISである
    「HOPE LifeMark-HX生体検査ライブラリ」

    造影剤インジェクタ注入情報との連携

    造影剤インジェクタ注入情報との連携

       
    線量管理システムとも連携してレポートを表示

    線量管理システムとも連携してレポートを表示

    患者案内システムではLINEによるお知らせ機能も開発中

    患者案内システムではLINEによるお知らせ機能も
    開発中

     

    ●お問い合わせ先
    富士通株式会社
    住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
    TEL:03-6252-2572
    URL:www.fujitsu.com