innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
  • 2021 Hi Advanced MR Webセミナー
  • ITEM2019 富士フイルム ブースインフォメーション

    2019-3-26

    ブースNo.C043

    ●担当者からのメッセージ

    ブースコンセプト:「NEVER STOP 医療のいちばん近くから,次代を見つめる。」
    富士フイルムが生み出す新しい価値によって医療の未来を変えていく。今までも,これからも新たな挑戦は止まらない。医療の現場と向き合い,ユーザーニーズを捉え,独自の画像処理技術,デバイス技術,そしてAI技術など先進技術を活かした製品・ソリューションで次代の医療の,そして社会の課題解決に貢献していく。

    ●ここが見どころ

    昨年発表した富士フイルムの新しいメディカルAI技術ブランド「REiLI」のもと,設計にディープラーニング技術を用いた各種の製品や,今後の展望を紹介し,当社が目指す画像診断の未来をご提案します。
    ITソリューションでは,医用画像情報システムSYNAPSEを中心に,放射線科の画像診断や検査業務の効率化をサポートして参ります。 
    モダリティソリューションでは低線量・高画質をキーワードにマンモグラフィAMULET Innovalityや一般撮影FPD CALNEO Smart,外科用Cアーム COREVISIONなど富士フイルムの画像診断装置の新たな取組みを展示します。 
    その他,超音波画像診断装置や院内感染対策に有用なアルコールスプレーHydro Agなど清拭関連製品も展示いたします。

    富士フイルム

     

    ●主な展示製品

    <ITソリューション>
    医用画像情報システムSYNAPSE
    3次元画像解析システムボリュームアナライザーSYNAPSE VINCENT
    統合アーカイブSYNAPSE VNA
    統合診療支援プラットフォームCITA Clinical Finder

    <モダリティソリューション>
    外科用CアームCOREVISION
    一般撮影FPD BENEO-Fx
    軽量移動型デジタルX線画像診断装置CALNEO AQRO
    一般撮影FPD CALNEO Smart
    マンモグラフィAMULET Innovality

    <超音波画像診断装置>
    SonoSIte Xporte
    SonoSite iViz
    FC1-X

    ●セミナー情報

    セミナー名:AI技術(ディープラーニング)を用いた画像診断支援~実用化に向けた臨床応用と評価~
    日時:4月12日(金)12:00~12:50
    会場:パシフィコ横浜 会議センター3階 315
    司会:大阪大学大学院医学研究科 放射線統合医学講座 放射線医学 富山  憲幸 先生
    講演:
    【演者1】 杏林大学医学部放射線医学教室 片瀨 七朗 先生
    【テーマ1】 DeepLearning技術を用いた肺結節CADeの有用性評価
    【演者2】 名古屋大学大学院医学系研究科 量子医学 岩野 信吾 先生
    【テーマ2】骨転移診断における3次元CT経時差分技術の臨床応用

    ●富士フイルムブース

    富士フイルムブース

     

    ●お問い合わせ先
    社名:富士フイルムメディカル株式会社 営業本部マーケティング部
    住所:〒106-0031 東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
    TEL:03-6419-8033
    URL:http://fms.fujifilm.co.jp/


    キヤノンメディカルシステムズ ITEM2019