innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
第5回医療革新セミナー

RSNA2016 ザイオソフト - テーマ 三次元医用画像認識技術“RealiZe”による高精度の画像処理を可能とするZiostation2の最新アプリケーションをアピール

2016-11-29

再びZiosoftが前面に大きくフィーチャーされたブース

再びZiosoftが前面に大きくフィーチャーされたブース

RSNA 2016[2日目:11月28日]

Ziosoft/Qi Imaging(ザイオソフト)は,North Building(Hall B)の中ほどにブースを構えた。RSNAでは,アメリカ現地法人であるQi Imagingとの共同出展を行っているが,今年のRSNA2016では昨年までと異なり,ザイオソフト(Ziosoft)およびZiostation2を大きく前面に出したブースの構成となった。米国やヨーロッパなど海外においても,Ziostation2=Ziosoftのイメージが強いことから,さらにその認知度を高めることをねらっての変更だと言えよう。

ブースでは,“Generations Beyond Advanced Visualization” のキャッチフレーズを掲げて,Ziostation2を中心とする最新のアプリケーションを紹介した。

RSNA2016の展示で核となったのは,ザイオソフトが持つ独自のPhyZiodynamics技術を発展させた三次元医用画像認識技術 “RealiZe” である。RealiZeでは,解剖学的認識アルゴリズムや血管連続性アルゴリズムによって,従来からあるZiostation2のアプリケーションの精度を上げ,解析の自動化を可能にする。ブースでは,RealiZeの技術を利用した,「脳動静脈分離」「肝臓抽出」「肺動静脈分離」「頭部MRA解析」や,Ziostation2の次のバージョンで搭載予定の「完全自動WB-DWIデータ作成」「IVRプランニング」などのアプリケーションを紹介した。

三次元医用画像認識技術“RealiZe”を利用したアプリケーションを紹介

三次元医用画像認識技術“RealiZe”を利用した
アプリケーションを紹介

1相撮影で脳動静脈の分離を可能にする「脳動静脈分離」

1相撮影で脳動静脈の分離を可能にする
「脳動静脈分離」

   
解剖学的認識によって自動で抽出を行う「肝臓抽出」

解剖学的認識によって自動で抽出を行う「肝臓抽出」

マクロ機能を利用した「完全自動WB-DWIデータ作成」

マクロ機能を利用した
「完全自動WB-DWIデータ作成」

【関連コンテンツ】

東芝メディカルシステムズ