innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
  • 2021 Hi Advanced MR Webセミナー
  • RSNA 2019 事前トピックス

    2019-11-25

    1.第105回北米放射線会議(RSNA 2019)が12月1日に開幕
    2.Technical Exhibitには701社が出展,133社が初登場
    3.世界152か国に会員を持つRSNA

     

    1.第105回北米放射線会議(RSNA 2019)が12月1日に開幕

    第105回北米放射線会議(RSNA 2019)が2019年12月1日(日)〜6日(金),米国シカゴ市マコーミックプレイスで開催される。今回のテーマは,“See Possibilities Together”。American Board of Radiology (ABR)エグゼクティブディレクターのValerie P. Jackson, M.D.が大会長を務める。Jackson大会長は,乳腺画像診断のエキスパートとして,インディアナ大学の教授などを歴任してきた。
    初日12月1日には,8時30分からArie Crown Theaterで恒例のOpening Sessionが行われる。この中で,Jackson大会長は,President's Addressとして,“A Matter of Perspective: Putting a New Lens on Our Patient Interactions”をテーマに講演する。
    また,Opening Sessionでは,スタンフォード大学医学部教授のAbraham Verghese, M.D.が講演を行う。“Finding the Caring in Care”をテーマに,人工知能(AI)などの技術が医療を大きく変えようとしている今,医療者はどうあるべきか,改めて考える機会になるだろう。

    RSNA 2018のOpening Session

    RSNA 2018のOpening Session

     

    Opening Sessionが開かれるArie Crown Theater(RSNA 2018)

    Opening Sessionが開かれるArie Crown Theater(RSNA 2018)

     

    2.Technical Exhibitには701社が出展,133社が初登場

    2019年10月23日(水)付の公式発表では,RSNA 2019のTechnical Exhibitには701社が出展する。展示スペースは44万1800平方フィートの上る。初出展は133社で,日本からはドクターネットが初出展企業リストに名を連ねた。また,前回までの人工知能(AI)関連企業を集めた“Machine Learning Showcase”が,今回AI Showcaseに名称を変更し,144ブースで構成される。ほかにも,3D Printing & Advanced Visualization Showcaseのエリアも用意され,27のブースが設けられる。また,Startup Showcaseには22社が参加する。
    一方,学会のプログラムは, Scientific Paperが16分野で1662題の発表がある。また,Plenary Sessionは6題で,Education Courseは440コースとなっている。このほか,Lakeside Learning Centerで行われるEducation Exhibitは1905題,Scientific Posterは904題が採択された。

    RSNA 2018のMachine Learning Showcase

    RSNA 2018のMachine Learning Showcase

     

    活気あるLakeside Learning CenterのEducation Exhibit

    活気あるLakeside Learning CenterのEducation Exhibit

     

    3.世界152か国に会員を持つRSNA

    RSNA 2018はプロフェッショナル登録が2万7435人を記録し,トータルの参加者は5万2985人となった。放射線医学の世界最大級の学会であるだけに,会員数も多い。2019年11月の時点で,世界152か国に,5万3400人以上の会員がいる。
    RSNAの歴史は1915年に前身であるるWestern Roentgen Societyが会合を開いたことに始まる。1918年からはTechnical Exhibitが設けられ,1975年には現在のマコーミックプレスを会場に開催された。その後,場所を変えたものの,1981年以降は,再びマコーミックプレスを会場にしている。
    会期中は海外からも多くの参加者があることから,シカゴの町は賑わいを見せる。RSNAの発表では,RSNAによるシカゴへの経済効果は1億3000万ドルに上るという。

    RSNAの会場として定着したマコーミックプレイス

    RSNAの会場として定着したマコーミックプレイス

     

    マコーミックプレイスから臨むシカゴの街並み

    マコーミックプレイスから臨むシカゴの街並み