innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
第5回医療革新セミナー

RSNA2020 富士フイルム メディカルAI技術“REiLI”の成果を搭載した最新のモダリティ,ITソリューションをアピール

2021-1-22

FUJIFILM Medical Systems(富士フイルム)ブース

FUJIFILM Medical Systems USA, Inc(富士フイルム)は,“REiLI”のブランド名で展開する同社の人工知能(AI)技術を中心に,ITソリューション(Medical Informatics),モダリティソリューション(Medical Imaging)でバーチャル展示を構成した。ITソリューションでは,静止画を中心とする“Rad PACS”と動画像を含めた“CV PACS”を1つのプラットフォームに統合した「SYNAPSE 7x」を中心に,「SYNAPSE 3D Advanced visualization」「Enterprise Viewer」「SYNAPSE VNA(2020’s Best in KLAS)」などのラインアップを紹介した。また,AIエリアでは,オープン・AI・プラットフォームで自社だけでなく他社のAI技術も取り込んだ画像診断ワークフローを紹介した。

モダリティソリューションでは,AI技術を活用した“X線AI支援機能”として,コリメータ部に取り付けたカメラの映像を解析することで検査目的やポジショニングの間違いを検出して撮影業務を支援する“ポジショニングナビ機能”,手術の際の異物違残を防ぐ“手術用ガーゼの認識機能”を紹介した。そのほか,薄型フィルムTFT基板を採用したセンサーパネルとISS方式を組み合わせた「FUJIFILM DR CALNEO Flow(米国ではFDR D-EVOⅢ)」やデジタルマンモグラフィ「AMULET Innovality(米国ではASPIRE Cristalle)」などを展示した。

また,超音波診断装置では,新製品として「Sonosite PX」をアピールした。Sonosite PXは,Point-of-care Ultrasound(POCUS)に対応した製品で,堅牢でコンパクトな筐体に富士フイルムの画像処理技術“Clear Visualization”を搭載することで,組織境界や微細な構造物まで明瞭に描出できる(日本では2021年1月18日に発売)。

“ポジショニングナビ”“異物認識”などAI技術を活用した“X線AI支援機能”を紹介

“ポジショニングナビ”“異物認識”などAI技術を活用した“X線AI支援機能”を紹介

 

先進の画像処理技術を搭載したPOCUSの新製品「Sonosite PX」をアピール

先進の画像処理技術を搭載したPOCUSの新製品「Sonosite PX」をアピール

 

【問い合わせ先】
富士フイルムメディカル(株)  営業本部マーケティング部
TEL 03-6419-8033
http://fms.fujifilm.co.jp/

【関連コンテンツ】