innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
第5回医療革新セミナー

RSNA2020 GEヘルスケア 「Edison Platform」のAIテクノロジーによる質の高い効率的な医療の実現

2021-1-22

GE Healthcareブース

GE Healthcare(GE)は,バーチャルブースのテーマに“Intelligently Efficient”を掲げて,質の高い医療の効率的な提供を実現するソリューションをアピールした。その核となるのが,人工知能(AI)のプラットフォームである「Edison Platform」で開発された製品やアプリケーションなどである。

CTでは,「Revolution Maxima」のオプションで用意される“AI搭載Deep Learning3Dカメラユニット(AI搭載DLカメラ)”を紹介した。カメラの映像を基にAIが解析を行い,最適なポジショニングを自動的に行う。また,ディープラーニングによる画像再構成のアルゴリズムである“TrueFidelity Image(TFI)”が,dual energy CT技術“Gemstone Spectral Imaging(GSI)”にも適用できる“TFI-GSI”へと進化したことを発表した。仮想単色X線画像などにおいて,従来よりもノイズを抑えた高画質データが得られる。

さらに,MRIでもディープラーニングを用いた画像再構成技術である“AIR Recon DL”(国内未販売)を紹介した。raw dataにアルゴリスムを適用することで大幅な画質向上を実現した。

Edison Platformによって,PACSも進化した。AIと組み合わせた「Centricity Open PACS AI」では,診断支援のAIアプリケーションを使用しながら効率的に読影を行うことができるようになる。さらに,「Edison Ecosystem」によって,パートナー企業のAIアプリケーションも提供する。これにより,ユーザーは豊富なラインアップの中から必要なものだけ使用することができる。

このほか,新たなハードウエアとしては,米国FDAの承認を得たばかりの研究向けMRI「Signa 7.0T」(薬機法未承認),超音波診断装置フラグシップ「LOGIQ E10x」,デジタルCアーム装置「OEC 3D」(薬機法未承認),TFIをオプション搭載できるほか,操作室から遠隔操作で寝台の昇降を行える“AutoIN”を採用するなど第2世代へと進化したPET/CT「Discovery MI」を披露した。

自動ポジショニングが可能な「Revolution Maxima」

自動ポジショニングが可能な「Revolution Maxima」

 

“AIR Recon DL”(国内未販売)による画質向上をアピール

“AIR Recon DL”(国内未販売)による画質向上をアピール

 

【問い合わせ先】
GEヘルスケア・ジャパン(株)
TEL 0120-202-021
www.gehealthcare.co.jp