innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム


GEヘルスケア・ジャパン 
創業30周年記念シンポジウム「healthymagination day 2012」を開催

2012-10-24

会場の様子

会場の様子

 GEヘルスケア・ジャパン(株)は2012年10月23日(火),東京国際フォーラム(東京都千代田区)においてシンポジウム「healthymagination day 2012:Building Japan Model Together」を開催した。これは,同社の創業30周年を記念して企画されたもので,基調講演2題とパネルディスカッションが行われた。

 当日は,医療従事者や報道関係者,医療系・工学系学生など,多くの参加者が会場に足を運んだ。また,シンポジウムの様子はUstreamでも中継され,事前申し込みにより遠隔での参加ができるとともに,Twitterで意見や質問を受け付けて,質疑応答時に登壇者が回答するなど,空間を超えて活発な議論が交わされた。

 GEヘルスケアのプレジデント兼CEOであるJohn Dineen氏の開会挨拶に続き,基調講演1として,青森県知事の三村申吾氏が「青森から世界へ~次世代のヘルスケア地域モデルをめざして~」と題し,青森県が取り組む「青森イノベーション戦略」について講演した。

 

John Dineen 氏 (GEヘルスケア)

John Dineen 氏
(GEヘルスケア)

三村申吾 氏(青森県知事)

三村申吾 氏
(青森県知事)

 

 基調講演2では,アストラゼネカ(株)代表取締役会長の加藤益弘氏が,「医療イノベーションをどう進めるべきか:医学の進歩を医療の現場へ」をテーマに,医薬品開発の現状や創薬イノベーション推進について講演した。

 続いてパネルディスカッションが行われ,GEヘルスケア・ジャパン(株)代表取締役社長兼CEOの川上 潤氏をファシリテーターに,5名のパネリストがそれぞれ専門とする分野について,その現状や課題について述べ,今後望まれる在り方やシステムについての提言を行った。パネリストは発言順に,草場鉄周氏(北海道家庭医療学センター理事長/日本プライマリ・ケア連合学会副理事長),阪本雄一郎氏(佐賀大学付属病院救急医学講座教授・救命救急センター長),徳田安春氏(筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター教授),林 恭弘氏(祐ホームクリニック院長),平方 眞氏(愛和病院副院長)。

 

加藤益弘 氏(アストラゼネカ)

加藤益弘 氏
(アストラゼネカ)

川上 潤 氏(GEヘルスケア・ジャパン)

川上 潤 氏
(GEヘルスケア・ジャパン)

 

 最後に,川上氏,パネリスト5名,加藤氏が登壇し,質疑応答が行われた。会場やTwitterを通じて,医学生からも積極的に発言が行われ,シンポジウムは盛況のうちに終了した。

 

草場鉄周 氏(北海道家庭医療学センター)

草場鉄周 氏
(北海道家庭医療学センター)

阪本雄一郎 氏(佐賀大学)

阪本雄一郎 氏
(佐賀大学)

徳田安春 氏(筑波大学)

徳田安春 氏
(筑波大学)

林 恭弘 氏(祐ホームクリニック)

林 恭弘 氏
(祐ホームクリニック)

平方 眞 氏(愛和病院)

平方 眞 氏
(愛和病院)

 

●問い合わせ先
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
TEL 0120-202-021
www.gehealthcare.co.jp

【関連コンテンツ】