innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム


東京大学,国立がん研究センター研究所,コニカミノルタ,次世代がん遺伝子パネルに関する共同研究開発開始を発表

2019-6-10

会場風景

会場風景

東京大学,国立がん研究センター研究所,コニカミノルタ(株)は2019年6月6日(木),東京大学(東京都文京区区)にて次世代がん遺伝子パネルに関する共同研究開発を開始したことを発表した。

コニカミノルタ専務執行役ヘルスケア事業本部長兼プレシジョンメディシン事業部長,Konica Minolta Precision Medicine,Inc.会長兼CEOの藤井清孝氏の挨拶に続いて,東京大学先端科学技術研究センター教授の油谷浩幸氏が,「東大オンコパネル(Todai OncoPanel:TOP)の意義」と題してTOPを用いたがん遺伝子パネル検査の手順や腫瘍DNAの採取による遺伝子のコピー数解析,腫瘍RNAの採取による融合遺伝子検出についての説明のほか,東大病院がんゲノム医療研究プロジェクトの実績についての発表を行った。

最後に,藤井氏が,「コニカミノルタが描くプレシジョン・メディシン」と題して,同社の持つタンパク質の精密定量技術,傘下のAmbry Genetics社の持つ遺伝子診断技術,同じくInvicro社の持つ臓器の画像解析技術を用いた分子レベルの診断に取り組んでいくことで医療費の抑制へとつなげていく展望を述べた。

藤井清孝 氏

藤井清孝 氏

油谷浩幸 氏

油谷浩幸 氏

 

 

●問い合わせ先
コニカミノルタ(株)
コーポレートコミュニケーション室
TEL 03-6250-2100

【関連コンテンツ】