innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
第6回医療革新セミナー

RSNA 2021が11月28日から開催

2021-11-29

RSNA 2021のWebサイト

RSNA 2021のWebサイト

放射線医学領域では世界最大級の学術集会である第107回北米放射線学会(RSNA 2021)が,2021年11月28日(日)に始まった。12月2日(木)までの5日間の日程で,米国イリノイ州シカゴ市のマコーミックプレイスを会場に,Virtual Meetingとのハイブリッド形式で開催される〔Technical Exhibitsは12月1日(水)まで〕。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより,前回のRSNA 2020は100年を超えるRSNAの歴史の中で初めてVirtual Meetingのみでの開催となった。今回は,ワクチン接種が進んだ状況も踏まえて,従来の形式に戻している。ただし,参加者にはワクチン接種を義務づけており,証明書の提出を求めている。また,海外からの参加者に対しては,米国疾病予防管理センター(CDC)によるTravel Assessmentを受けることを推奨している。

一時期はCOVID-19患者のための医療施設となっていたマコーミックプレイス

一時期はCOVID-19患者のための医療施設となっていたマコーミックプレイス

 

RSNA 2021のテーマには,“Redefining Radiology(放射線医学の再定義)”が掲げられた。COVID-19は世界中の医療提供体制をひっ迫させ,放射線医学分野も多大な影響を受けている。また,人工知能(AI)に代表される技術革新やゲノム解析をはじめとした医学の進歩は,放射線医学のあり方を大きく変えようとしている。このような現状を踏まえて,大会長を務めるシンシナシティ大学放射線科教授のMary C. Mahoney, M.D.は,11月28日(日)16時(日本時間11月29日7時)からArie Crown Theaterで行われたPresident's Address and Opening Sessionにおいて,“Redefining Radiology: The Road Ahead”と題した講演を行った。この講演は,Virtual Meetingでも視聴が可能である。

大会長を務めるMary C. Mahoney, M.D.(RSNAのWebサイトより)

大会長を務めるMary C. Mahoney, M.D.(RSNAのWebサイトより)

 

President's Address and Opening Sessionが行われたArie Crown Theater(写真はRSNA 2019)

President's Address and Opening Sessionが行われたArie Crown Theater(写真はRSNA 2019)

 

このほか,Plenary Sessionとしては,11月29日(月)11時(日本時間11月30日2時)から“Radiology in the Value-Based Healthcare Arena: Player or Pawn ?”,11月30日(火)11時(日本時間12月1日2時)から“Ensuring an Inclusive, Respectful Workplace”,12月1日(水)11時(日本時間12月2日2時)から“Exciting Radiology Game Show: What's Your Emergency ? Life in the STAT Lane”,12月1日(水)15時(日本時間12月2日6時)から“Addressing the Continued Exclusion of Black Physicians in the US Radiation Oncology Workforce”が設けられた。