ITEM2021 富士フイルム 取材速報 
富士フイルムグループの中核として画像処理技術に根ざした先進の製品群をアピール


2021-4-18

富士フイルム


富士フイルムメディカルブース

富士フイルムメディカルブース

富士フイルムメディカルは,企業スローガンでもある「NEVER STOP 医療のいちばん近くから,次代を見つめる。」をテーマに展示を行った。富士フイルム/富士フイルムメディカル/富士フイルム富山化学のブースに隣接して,3月31日に富士フイルムグループ入りした富士フイルムヘルスケア,2019年にグループ入りした富士フイルム医療ソリューションがブースを構え,グループ全体の勢いを感じさせた。展示では,富士フイルムが先進的に取り組んできた画像認識技術や人工知能(AI)技術が,PACSや3Dワークステーションなどのソフトウエアはもちろん,FPDや動画像システムなどのモダリティまで,さまざまなシーンで活用されていることを紹介した。ブースでは,新型コロナウイルス感染症対策として,Hydro Ag+技術を応用した銀系抗菌剤を使ったアルコールスプレー&クロスなど,Hydro Ag+技術についても紹介していた。

センサーパネルに薄型フィルムのTFT基板を採用し,高画質・低線量撮影,軽量化を実現したデジタルX線画像診断装置(カセッテDR)の「FUJIFILM DR CALNEO Flow」は,2020年の発売以来ラインアップを拡充してきたが,今回,新たに10インチ×12インチの小型サイズ(四切)が加わった。小児や整形領域での活用が期待される。

クリニック向けX線診断システム「CALNEO Compact」は,クリニック向けとしてX線発生部を移動させるレールのスリム化,高電圧発生装置を臥位撮影台の下に配置して小型化を図っているのと同時に,AI技術を用いたポジショニングナビ機能を搭載しているのが特長だ。ポジショニングナビ機能は、X線発生部のカメラで撮影した被検者の映像から頭部,胸部,膝の前後・左右など撮影する向きが,事前に設定した撮影メニューと整合しない場合にアラートを出す。これによってポジショニングの不整合による再撮影を防ぐことが期待される。

外科用Cアーム型デジタル透視システム「COREVISION」シリーズは,X線の静止画像で培ってきた画像処理技術を生かした高鮮鋭で高コントラストの動画像が高い評価を受けている。今回のITEMブースでは,その次世代の製品として“動画カセッテDR搭載X線透視診断装置”を医薬品医療機器等法未承認品として参考展示した。操作コンソールやフットスイッチなどの接続をすべてワイヤレス化し,本体のコード類もすべて装置内に収めて手術室や清潔環境での使用を前提に設計を行った。異なるサイズの動画カセッテDRを交換して使用できるなど,新技術を前提とした新しいCアーム装置の形を提案していた。

超音波診断装置の「Sonosite PX」は,FUJIFILM Sonositeの携帯性と堅牢性の高い技術と富士フイルムの画像処理技術を組み合わせて,高画質でコンパクトな装置を実現した。特にリニアプローブに富士フイルムのレンズ技術を搭載して高画質を図っている。本体もよく使うボタン類をまとめて配置してユーザビリティを向上すると同時に,凹凸やすきまのない構造にして感染リスクに対しても配慮されている。

ヘルスケアITでは,3D画像解析システム「SYNAPSE VINCENT」の新しいアプリケーションとして“脳解析”ソフトウエアと,“フォトリアリスティック・レンダリング”を紹介した。脳解析ソフトウエアでは,頭部CT画像の高信号領域と低信号領域を認識して色づけして強調表示する。また,低信号領域の結果をスコアリングして,虚血領域の広がりを定量化するためのスコア法である“ASPECTS”の算出を支援する機能を搭載する。また,フォトリアリスティック・レンダリングでは,GPUを使うことなくよりリアルな3D表示を可能にする。

AIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」では,肺結節検出機能で検出した結節の経時的な変化をグラフ化する機能が新たに追加された。AI技術を応用して読影医の業務を支援する機能だ。

Hydro Ag+技術を使った各種の抗菌製品を展示

Hydro Ag+技術を使った各種の抗菌製品を展示

 

10インチ×12インチの小型サイズの「FUJIFILM DR CALNEO Flow」

10インチ×12インチの小型サイズの「FUJIFILM DR CALNEO Flow」

 

AI技術でポジショニングの支援を行うクリニック向けX線診断システム「CALNEO Compact」

AI技術でポジショニングの支援を行うクリニック向けX線診断システム「CALNEO Compact」

 

新しい“動画カセッテDR搭載X線透視診断装置”を参考展示

新しい“動画カセッテDR搭載X線透視診断装置”を参考展示

 

超音波診断装置「Sonosite PX」

超音波診断装置「Sonosite PX」

 

「SYNAPSE VINCENT」に追加された“脳解析”ソフトウエア

「SYNAPSE VINCENT」に追加された“脳解析”ソフトウエア

 

よりリアルな表示を可能にする“フォトリアリスティック・レンダリング”

よりリアルな表示を可能にする“フォトリアリスティック・レンダリング”

 

SYNAPSE SAI viewerの経時変化グラフ

SYNAPSE SAI viewerの経時変化グラフ

 

●お問い合わせ先
社名:富士フイルムメディカル株式会社 営業本部マーケティング部
住所:〒106-0031 東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル
TEL:03-6419-8033
URL:http://fms.fujifilm.co.jp/

富士フイルム


TOP