RSNA2012 日立 - US
超音波の最上位機種から小型装置までをラインナップ

2012-11-26

日立製作所

超音波


RSNA初出品のNoblus。今月より全世界で発売を開始している。

RSNA初出品のNoblus。
今月より全世界で発売を開始している。

RSNA2012 [第1日目:11月25日(日)]

2011年4月に超音波事業を日立アロカメディカルに統合してから約1年半が経過した。統合により超音波装置が拡充し,領域や目的など,顧客の希望に細かく対応可能な提案の幅が広がっている。ブースでは,領域別に各クラスの装置が配置され,要望への対応力が来場者にわかりやすい展示となっている。

RSNA2012初展示の製品としては,日本国内では2012年春に発表された,簡便な操作性とコンパクトさを追究した「F37」と,カートとハンドキャリーでの運用が可能な小型装置「Noblus(ノブルス)」が紹介された。

超音波装置のプレゼンテーションコーナーでは,Noblusをメインに来場者にアピールした。Noblusは,カート搭載での院内使用や,往診での使用が可能な小型超音波診断装置。バッテリー駆動で,重量9kgと機動力が高く,操作パネルを跳ね上げて収納するスタイルのため場所をとらず,机上に設置することもできる。小型化により配置スペースが限定される操作パネルの操作ボタンは,モニタにタッチパネルを採用することで,操作性の向上を図っている。

画質にもこだわり,上位機種に採用されているデジタル信号処理回路“UltraBE”を搭載し,高画質化を実現。さらに,Real-time Tissue ElastographyやContrast Harmonic Imagingなどの高機能アプリケーション(オプション)も搭載可能。また,コネクタを小型化した“スマートコネクタ”により,各種のプローブを使用でき,使用者・使用シーン・検査領域を選ばない検査が可能となっている。

 

画質の決め手となるプローブは,上位機種のプローブも使用できる。

画質の決め手となるプローブは,上位機種のプローブも使用できる。

RSNA初出品のF37

RSNA初出品のF37

 

超音波装置エリア全体としては,今後,米国国内で力を入れて展開していくRadiology and Interventional Radiology(ProSound α6,HI VISION Avius,HI VISION Preirus,ProSound F75), Women's Healthcare(ProSound α7,ProSound α6,HI VISION Avius,HI VISION Ascendus), MSK and Superficial Imaging(ProSound F75,ProSound α6,HI VISION Avius,F37)の領域別展示や,Advancer Applicationコーナー(VISION Ascendus,HI VISION Preirus)が設けられた(カッコ内は,各コーナーで展示された装置)。

 

Radiology and Interventional Radiologyエリア

Radiology and Interventional Radiologyエリア

Women's Healthcareエリア

Women's Healthcareエリア

   
MSK and Superficial Imagingエリア

MSK and Superficial Imagingエリア

Advancer Applicationコーナー

Advancer Applicationコーナー

 

また,日立がパイオニアであり,現在では他メーカー装置でも標準的になりつつある,Real-time Tissue ElastographyとReal-time Virtual Sonographyの機能を,RSNAで発表してから2013年で10周年となる。同社では,すでに第4世代を迎えており,有用性が高く評価されているこれらの機能について,ITEM2013や日本超音波医学会などの場で,さまざまな企画をアピールしていく予定だという。

日立製作所

超音波


TOP