innavi net画像とITの医療情報ポータルサイト

ホーム
第5回医療革新セミナー

ITEM2016 ザイオソフト/アミン 取材速報PhyZiodynamicsの技術を生かしたさまざまな解析アプリケーションをアピール

2016-4-16

ザイオソフトブース。3D/4Dの画像を際立たせるブラックのカラーとプロジェクターによる180°のスクリーンでアピール

ザイオソフトブース。
3D/4Dの画像を際立たせるブラックのカラーと
プロジェクターによる180°のスクリーンでアピール

ザイオソフト/アミンは,“Navigated by Ziostation2 All the way to your destination!”をテーマにブースを出展した。毎年,工夫を凝らしたブースデザインでインパクトを与えるザイオソフトだが,今年はブース内の壁を約180°カバーする超大型スクリーンを設置。スクリーンには,同社の独自技術であるPhyZiodynamicsが実現する,ノイズ低減,ダイナミック計測,三次元形状認識,非剛体位置合わせ,4Dモーション解析などの特長をアピールし来場者の目を引いた。

同社では,そのPhyZiodynamicsの技術をZiostation2のアプリケーションに展開し,さらに高度で正確な画像処理を可能にしている。展示では,Ziostation2の最新バージョンに搭載,あるいは今後搭載予定のさまざまな領域のアプリケーションを紹介した。ブース内には,多くのワークステーションの実機を用意して,スタッフからの説明だけでなく,実際に操作し画像を確認しながら体験できるような展示となっていた。
新しいアプリケーションとして,PhyZiodynamicsの非剛体位置合わせによって高精度なサブトラクションを行うことで冠動脈の石灰化領域を除去する「CT冠動脈石灰化サブトラクション」,そのサブトラクション前後のデータから冠動脈を自動抽出し比較表示を行う「CT冠動脈比較解析」,MOLLI法を用いたT1値の解析に対応する「MR心筋T1マッピング」などを紹介。また,今後搭載予定(W.I.P.)の機能として,救急や外傷IVRの際に全身CTのボリュームデータから仮想透視画像を作成し大血管と分枝血管のパスを自動抽出して手技をサポートする「IVRプランニング」が展示された。このIVRプランニングと,TAVI/TAVRをサポートする「TAVR術前プランニング」については,学会最終日(4月17日)のランチョンセミナーでユーザーからの臨床報告を行う予定だ。

さらに,Ziostation2の3D画像データを利用してから3Dプリンタで臓器モデルなどを作成するニーズが高まっていることから,ブース内でSTLファイルで出力したデータから作成された3Dモデルなども展示されていた。そのほか,2015年10月にソフトウエア単体で薬機法承認を受けダウンロードでの販売を開始した「ZioCube」も展示した。

ラウンドした壁一面に映像を投影してPhyZiodynamicsの特長を紹介

ラウンドした壁一面に映像を投影して
PhyZiodynamicsの特長を紹介

ブース内ではプレゼンテーションも行われた。

ブース内ではプレゼンテーションも行われた。

   
ソフトウエア単体アプリのZioCubeを出展

ソフトウエア単体アプリのZioCubeを出展

Ziostation2の3Dデータから作成した肝臓や脊椎,腎臓などの臓器モデルを展示

Ziostation2の3Dデータから作成した
肝臓や脊椎,腎臓などの臓器モデルを展示

 

非剛体位置合わせで冠動脈石灰化のサブトラクションを行う「CT冠動脈石灰化サブトラクション」

非剛体位置合わせで冠動脈石灰化のサブトラクションを行う「CT冠動脈石灰化サブトラクション」

 

サブトラクション前後のデータから冠動脈の自動抽出を行う「CT冠動脈比較解析」

サブトラクション前後のデータから冠動脈の自動抽出を行う「CT冠動脈比較解析」

 

MRIでT1の経時的に変化させた画像からT1値を直接算出する「MR心筋T1マッピング」

MRIでT1の経時的に変化させた画像からT1値を直接算出する「MR心筋T1マッピング」

 

仮想透視画像を作成し救急・外傷IVRの手技をサポートする「IVRプランニング」(W.I.P.)

仮想透視画像を作成し救急・外傷IVRの手技をサポートする「IVRプランニング」(W.I.P.)

 

●お問い合わせ先
ザイオソフト株式会社/アミン株式会社
TEL:03‐5427-1921
URL:http://www.zio.co.jp/